2011年01月31日

英検1級に必ず出る単語!? CD聞くだけで覚えられたらステキだな♩

思い立って英検1級の勉強を始めました。

今、なんちゃって英会話の先生をしていて友達に英会話のレッスンをしてます。その一人が「今年は英検受けます!」宣言。やる気があって嬉しくなりました(^^) それに感化されて私もずっと放っておいていた英検をまた受けようかなって。今年は2年に一度のTOEIC受験の年だし、相乗効果を期待♩

それで前に買ったこのCDを取り出しました。心身をリラックスさせてCDを聞くだけで単語・熟語が覚えられるらしい、笑。リピーティングもいらないって言うけど、シャドウイングくらいはすることにしよう。

このCDはひたすら 英単語→その日本語→英単語→その日本語…の繰り返し。毎日聞き続けたら効果が出てくるかしら?

英検はとにかく単語が難しい(T ^ T) でも覚えたら英文を読むのがずっと楽になるの知ってるから頑張ろう!

よく「ネイティブだって使わない単語ばかり。英検1級レベルの単語はおぼえる必要ない」って言う人がいるけどちょっと違います。
普段の会話では使わないだけです。

ネイティブも知ってはいるんです。会話ではつかわないけど、文章では使われてるんです。新聞には登場します。スピーチだと登場します。英検準1級の単語を勉強して身を持って実感しました。だから「覚えなくてもいい」は違います。

つまづく
手探りで
動脈
遠心力
接している
動きがキビキビした

こう言う単語たち。日本語なら言える単語ばかりですよね。この英語バージョンが英検準1級、1級単語です。こう言うの見たら、もう「要らない」とは言えなくなると思います。洋書を読むのが楽しくなること請け合いです。
posted by エリ at 21:01| 北海道 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 英検の勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月02日

2011年の目標

新年あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

さて、恒例となりましたが、今年の目標をここにつづっておきたいと思います。
早速まいります。

−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−
2011年
具体的な目標
1.医薬翻訳の勉強→通信教育のコースを今年中に修了
2.フランス語5級 取得

その他・・
1.たくさん読書する(和書を中心に)
2.倹約に努める
3.何事も前向きな言葉に置き換える
4.無理せず、力を抜いて生活をする
−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−

振り返れば中途半端な英語力のために、英語を生業とすることはできず、かと言って会社では自分の担当ではない英語を扱う業務が回ってきて仕事量がいっぱいいっぱいになっていました。会社の方は改善されました。が、いい加減中途半端な状態を脱したいと思います。

・英語関連の仕事はすっぱりあきらめるか
・腰を据えて英語を生業とできるように勉強するか

ここまできたら後者を選択したいです。
中途半端な自分自身にジレンマで、私の口から出てくる愚痴も元をたどるとこの中途半端さが原因だと気付きました。

昨年は仕事を頑張りすぎて体を壊したあげく空回りに終わるという悲惨な状態に陥ったので、今年こそがんばりません。
自分の持っている時間内ですること・できることをしたいと思います。

時間が足りないと感じたら休憩や睡眠を削るといった無理をするのではなく、無駄なことはないか、生活の中でしていることの何かをあきらめて時間を作る方法を考えたいです。

お金も同じ。残念ながら生活のための仕事は給料少ないです。それを嘆いていても何も生まれない。無駄をなくして、必要かどうかを判断して倹約に努めたいと思います。


そんな中、映画感想日記に引き続きもう1つブログを始めました。
題して「ecoで幸せになりたい!」
http://ecokouhukuron.seesaa.net/

エコ=エコロジー&エコノミー です。
環境に配慮・・は実は昔から気になっているテーマ。
それから経済的に・・は自分自身に課していきたいテーマ。

そろそろ「お金を貯めるのが苦手なOL」を卒業しなくっちゃ(笑)
自分の中で今年は区切りの年にしたいと思っています。
新年を迎えましたし、気持ち新たに過ごしていこうと思います。

今年もどうぞよろしくお願いします(_ _)
posted by エリ at 03:09| 北海道 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(2度目の渡航を終えて・・) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月26日

翻訳家を目指し、勉強している方や現在トライアルを受けている方にお勧めです。

翻訳家を目指している方にお勧めの本をご紹介いたします。


トライアル現場主義!―売れる翻訳者へのショートカット

翻訳者にとっての採用試験にトライアルというものがあります。
応募した翻訳会社から指定された文章を訳して提出→それによって採用の合否が決まります。

この本はその答案を採点する側の視点から読んでいく様子をつづっています。どこに注意をして答案を読むのか、答案の良し悪しはどこで決まるのか、非常に細かく書かれています。

私は英会話はそれなりにできますが、翻訳に関しては素人に毛が生えたものでまだまだ勉強を始めた身。プロではありませんので現場視点でのコメントはできませんが、勉強している者にとってとても参考になる本でした。

1.これから勉強を始める方にもお勧めです。
2.現在、トライアルに挑戦している方にもお勧めです。

1.勉強をするにあたって、どういうポイントに注意すべきかを押さえることができそうです。より効率的な勉強ができるようになると思います。

2.採点する側の視点がわかるので、トライアル文章翻訳の際に具体的に参考になると思います。


いくつものトライアル用の文章が用意されているので、自分で翻訳してから例として取り扱われている答案用紙と比較することで勉強になります。自分の文章は採点に当たってのポイントにあてはまるように訳せているかを確認できます。私はちょっと横着して頭の中だけで訳して(でもそれなりに訳文を考えて)から、採点現場からの答案用紙を読んでいきました。それだけでも大変参考になりました。
そして、プロとして仕事をするためのトライアルということでその心構えの理解にもつながりました。

とてもお勧めの本です。

ぜひ、翻訳の仕事に興味のある方にお手にとって欲しい本です。

トライアル現場主義!―売れる翻訳者へのショートカット

他のカスタマーレビューはクリックして下にスクロール
posted by エリ at 01:06| 北海道 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語学習法。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月12日

2010年 振り返り

ちょっと早いけど、来年(これから)の自分を考えるにあたって今年2010年を振り返りたいと思います。

今年の元旦の夜中(1月2日早朝)に目標を書いてました。

−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−
2010年の具体的な目標です。
1.英検1級合格
2.環境社会検定(eco検定)取得 

その他・・
1.読書たくさん
2.翻訳の勉強する
3.規則正しい生活をする。
−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−

具体的な目標
→どちらも未達。というか、そもそも全然勉強できませんでした。悲しい。
言い訳は仕事が忙しすぎた。まぁ、言い訳ですね。

「隙間時間で勉強」しようと思えばできたはず。そのリズムを作ることができなかったことが反省。

その他・・
1.読書はそれなりにしています☆
「沈まぬ太陽」は全5巻しっかり読んだし、ハリポタ最終章も洋書で読みました。他に実用書も読んだし、翻訳関連の本も読み始めました。最近は好きなシャーロック・ホームズが久しぶりに読みたくなって、愛用のiPadで英文で読んだりしています。

2.これはここ1カ月くらいでようやく具体的に着手いたしました。。第一四半期〜第三四半期は、全く手つかずでした--; 最近は心を入れ替えて頑張ってます。

3.規則正しい生活・・・
はっきり言ってできていません。こんな目標立ててたことも忘れてた。
また言い訳ですが、仕事で疲れすぎていたのか休日は起きれないんです。異常な勢いで寝ています。週末の夜は平日分を取り戻すかのように夜更かししてしたいことしてるし。
悪循環にはまってました。


2010年目標続き
−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−
そして昨年に引き続き、前向きな言葉を心がけたいです。
昨年は前半戦は良かったけど、後半忙しさが増すにつれ心の余裕がスッカリ無くなっていました。
−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−

一生懸命ポジティブシンキングを心がけはしてたけど、どうしても卑屈になっていた自分がいます。変にあきらめた自分とか。
去年と違ったのはそれでも冷静な自分がいることかなぁ。

その冷静さが良くなかったのか、かえってストレスをため込んでしまいどつぼにハマることになったのですが。その辺の話は割愛。

「前向きに」「愚痴を言わない」
確かに大切だけれど、ため込むことは心身によろしくないということが痛いほどわかった今年でした。

わざわざ愚痴っぽくなる必要はないしネガティブに考えろというわけではないけれど、そもそもストレスをためない方法、それでもたまったストレスを上手に少しずつ発散していく方法を見つけたいと思いました。

それでいて前向きでいる。
なんて言ってこのことをストレスに感じたら本末転倒。
難しいけど、自分なりに上手にやっていく方法を見つけていきたいなぁ。


−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−
さらに、ecoに関してちょっとした挑戦
−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−

こんなことも話していました。
実は、この為の準備だけはしたのだけど実行できずにいます。

これは2010年中に初めの一歩を踏み出したいと思っています。
全く大それたことじゃないけど、友人の勧めで自分が普段していることをオンラインでやってみようかなと。始めたらまた書きます。


このブログは相変わらず超不定期な更新だし、超個人ブログなわりには毎日それなりにアクセス数があり見てくださっている方がいます。ありがとうございます。

カナダに興味を持っている方、英語に興味を持っている方、たまたま見つけてくれた方などいろいろでしょうか。

来年の目標はまた改めて書くことにしますが、英語の話を中心にしつつもちょこちょこと更新していたいと思います。カナダのことも本当はもっと書きたい!

ちょっと早いけど今年もありがとうございました。また来年もよろしくお願いします(V V)
posted by エリ at 01:05| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(2度目の渡航を終えて・・) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月13日

英語を勉強しながらお金持ちになっちゃいましょう!というちょっとムシの良いブログ??

英会話スクール仲間が面白いブログを書いているのでご紹介いたします。

その友達の言葉を借りると
「英語を勉強しながらお金持ちになっちゃいましょう!というちょっとムシの良いブログ」です。

ブログの名前は
英語で読む金持ち父さん、貧乏父さん

そうです。何年か前に出版され話題になった「金持ち父さん貧乏父さん」を使って、英語とお金のことを同時に勉強しちゃいましょうというわけです。

最初聞いたときは「ホントにそんな都合にいい話があるのかな?」「難しそぉ・・」って思いました。同じく思った方は騙されたと思ってこちらからご覧くださいませ。

私はこの本を読んだことがありません。
だからなのか、その読みやすさからなのか。

1回ごとがとっても短くまとめてあります。
だからわかりやすい。
続きもどうなっていくんだろう?? っていうワクワク感から思わず次の日記が楽しみになります。

今や働く人にとっては会話ができなくとも最低限の英語を理解する能力は不可欠になりつつあります。
この不景気のご時世、お金の勉強も大切です。

それが同時に勉強できる一石二鳥ブログ。
ぜひみなさまのお気にいりに加えてくださいませ♪

英語で読む金持ち父さん、貧乏父さん

「金持ち父さん貧乏父さん」日本語版はコチラから

「金持ち父さん貧乏父さん」英語版「Rich dad Poor dad」はコチラから

英語版のAudio版も発見!ついでにリスニングの勉強と一石三鳥を目指す方はコチラから
posted by エリ at 02:02| 北海道 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語学習法。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月31日

iPad買ってから2週間。

iPad買いました。

MP3プレイヤーは持ってたけど、Apple製品は初めて。デビュー。
ということで、札幌のAppleストアで注文しました。

注文したのは6/28
すぐに「近日中に届きます」というメールがきた。

近日中♪♪と楽しみにすること2週間余り・・・。

「入荷したよ!」メールが来たのが7/15

会社でメールを見ちゃったら仕事が手に着かなくなったので、すぐに店じまい。iPadをアップルストアへ取りに行きました。店員さんがセットアップしてくれて簡単な説明してくれておしまい。30分くらいだったかな。

で、会社の近くの電気屋さんまで戻ってディスプレイ保護シートとケースを買いました。

保護シートは大成功。映り込みが少ないアンチグレアフィルムっていうのを使っているから、ぺたぺた触っても手書きメモアプリを使っても指紋のあとがほとんど目立たない。それでいて画面の良さも損なわない。

買ったのはこれ→RastaBanana タッチG iPad T071IPAD

まずは家に帰ってこれを張り付けるところからスタート。
付属の液晶クリーナー(メガネ拭きみたいなの)で拭き拭き。
付属のへらで空気を逃しながらゆっくり張り付ける。

気づいたら15〜20分くらいやってたww おかげでほぼ完ぺきv
端っこは空気が入ったけど、とりあえずのつなぎで買ったシェル型のケースをつけたら見えないから気にならなくなった。


帰宅してから就寝までの1〜2時間で少しずつ研究してます。
なにせ、アップルデビューだから持ちアプリゼロ+今まではWindows Media Playerを主に使っていた状態からのスタートなもので。

iPad用のアプリもまだ少ない。iPhone iPod touch用のアプリが使えるけどサイズが小さいし2倍にできるけど荒くなってせっかくの表示の美しさが台無し。だから、iPad以外のアプリは極力使いたくない。
早くiPad用アプリもっと増えて〜〜!!

ソフトキーボードは思ったより悪くない。慣れればそれなりに入力できそうだ。

今のところお気に入りのアプリはFastFinga
手書きメモアプリ。

無料・有料試してこれが今のところ良いです。ちなみにこれは有料で230円。

手で書く場所が下の方なのもポイント。上の方だと、指で書いてるときに手の別の部分が画面に触れたらそれも書きこまれちゃうの。うざい。

それに、書いたメモごとにタイトル・タグ付けをできるし、フォルダを自分で作れるから、「仕事用」「プライベート用」とか「プロジェクト別」や「趣味のジャンル別」のメモに分けられる。書いた日時も自動登録される。だからあとから探しやすい。

その辺の紙にかいて、「あのメモどこやったっけ!?」防止に一役買ってくれそうです。

あとは録音機能もあれば完璧なんだけど→たとえばセミナーや会議時にその音声とメモを同時に残せる。素晴らしい!そんなアプリも当然あります。それは別の機会に紹介します。

というわけでこれから接客応対・打ち合わせの際にはすべてiPad持ち込みたいのですが、周囲の理解が得られるのかが心配だったりします。

また、iPadネタ書きます。
研究して使いこなして・・使い倒してやるぞ!
今日はここまで!
posted by エリ at 23:29| 北海道 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(2度目の渡航を終えて・・) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月14日

TOEIC935点なりの、TOEIC直前対策アドバイス。

TOEICが2週間後に迫っていますね。
6月27日。

TOEICは毎年ほぼ隔月で実施されているから、まぁ2カ月後にすぐ次回受けるチャンスはあります。とは言っても、受験料が6000円ちょっとと決して安くないし、受けるならできるだけ高いスコアを取りたいと思います。

結局、ハイスコアを取るにはコツなんてなくて、少しの時間でいいから(15分でもいい)毎日英文読むこと。毎日少しでも英文を聞くこと。単語は少しずつでいいから何度も繰り返し同じ単語に触れること。そうすることで、英文を素早く読むコツが自然と身に着き(知らない単語をうまくかわしたり)、耳も慣れて、単語も少しずつ覚えていく中でいつのまにかたくさんボキャブラリーが増えていくのです。

よく、「ハイスコアをとるコツ」とか言って解く順番を指示しているものを見かけますが、嫌味じゃなく私には関係ありませんでした。むしろそういうの考えている時間の方がわけわかんなくなっちゃうから、前からひたすらできるだけ早く解いていましたよ。それで高得点取れましたから。


なんていってしまうと身も蓋もないので、2年間で930点と935点を取った者として、ちょっとしたアドバイス的なものをしたいと思います。

その1
TOEICの設問はすべて英語で書かれています。この設問の意味は事前に覚えましょう。

つまり、この設問では何を答えるのかということを読まなくてもわかるようにしておきます。

設問を読む時間は無駄です。


その2
中文・長文がいっぱい出てきます。
そのうち、ビジネス関連の文書が多く、それも最近ではEメール形式のものが多いです。

Eメールから
・趣旨
・差出人
・宛先
などを答えさせるものが出てきます。

他には、掲示板に貼られる告知(NOTICE)や招待状(Invitation)などもあります。こう言った形式ばった文書の5W1Hはどこに書かれているものかを勉強しておきましょう。

また、招待状だと「R.S.V.P」と最後に書かれていたりします。こういう、各文書によく見られる略語を覚えておくと問題を解くよいヒントになります。

ちなみに「R.S.V.P」はフランス語からきていて
Répondez s'il vous plaît(「ご返事願います」の意味)の略です。

ちょっと古いけど、こういうのを覚えるのに役立ったのがこの本
英語的グラフの読み取り方やグラフによくある略語も載っています。あんまりグラフはでないけど、知っていることが安心感になりそれだけでちょっとは緊張がほぐれると思います。

TOEIC完全対策速読ゼミ―試験にすぐ効く!完全マスター本

amazonではもう中古しか売ってないけど、似たような本があればお勧めです。


その3
さらに英文を読むコツ。
知らない単語がいっぱい出てきます。
全部知らなくて当たり前なので、こういう単語に出会ってもくじけないでください。

ある程度の知らない単語はあきらめて無視してください。
それよりもある程度文章のかたまりを読んで、流れをつかむ方が大事です。

1つの単語に気を取られずに、かたまりで文章を読んでみるとわからなかった単語の意味を推測できたり、1つくらい単語がわからなくても言わんとしていることがなんとなくわかったりするものです。


その4
リスニングパート。
理想なのは、ライティングをできる限り早くに終わらせて、余った時間でリスニングパートに目を通すこと。

だけど、慣れないうちはライティングを全部終わらせるのが目標になったりします。

じゃ、どうするか。

最初の設問だけ、親切に問題を説明してくれるアナウンスが流れます。どういう問題がでてどう答えるのかを事前に覚えておけばこのアナウンスを聞く必要はありません。この間に少しでもリスニングパートに目を通してください。

覚えておくことはできないけど、その問題に来た時にある程度どういう会話やアナウンスが流れるか予想がついたり、手元の選択肢から何を重点的に聞けば答えにつながるかを少しでも推測できるだけでも違います。

その5
リスニングパートの続き。

聞き取れなかったり、わからない問題に遭遇したら、すぐにあきらめて忘れてしまいましょう。

わからなかったことを引きずって、次の問題たちにまで影響を及ぼすことが一番よくありません。
ちゃんと聞けばわかったかもしれないのに、集中力を乱してしまって解けなかったらとてももったいないです。

リスニングパートは気持ちの素早い切り替えがすごく大事です。


その6
試験の前の日は、早く寝ましょう。

こんな直前でジタバタしてもどうしようもありません。
寝不足とお酒が一番の大敵です。

TOEICは2時間休みなしだから、集中力を如何に続かせるかが非常に大切です。

なので、試験の前の日は、早く寝て翌日に備えましょう。


っと、これくらいでしょうか。
えらそうに書いてしまいましたが、これ私がいつも実践していることですし、大したことは書いていないと思います。

面倒くさがりな私としては、よくあるTOEICを解くコツを覚える方が面倒です。

ちょっとしたポイントだけ覚えて、あとは当日いかに時間を無駄にせずに、いかに自分の持ってる力を発揮することに集中できるかが大事です。

900点越えとは言っても、まだまだ上には上がいっぱいいるので、私も上を目指したいと思っています。

今回は受けないけど、一緒に頑張りましょうね。
posted by エリ at 00:32| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | TOEICの勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月29日

英語で「再来月」はなんて言うの?

先日、会社で
「英語で再来月ってなんて言うの?」と質問されました。

わかりますか?
再来月。

では、再来週ってなんて言うか知ってますか?
明後日はなんて言うか知ってますか?

会社でこの言い方を教えていたら、同僚に「ずいぶんまどろっこしい言い方するんですね」って言われました。「まどろっこしい」って言われて、母国語と違う言語を覚えることって面白いなと思ったんです。


おさらいしながら、時間軸が近いところから順番に説明してみましょう。

まず…
今日=today
明日=tomorrow
昨日=yesterday

◆では「明後日」は?

英語では日本語のように、1語ですっきりという単語はありません。ので、説明するような言い方になります。それで「まどろっこしい」って言われたんですが、笑。


「明後日」とはつまりは「明日の次の日」です。
これを英語にすると

明後日=the day after tomorrow です。
「明日の後の日」=「明後日」です。

おなじく「おととい」という1語の単語がないので同じように「昨日の前の日」という言い方をします。

おととい=the day before yesterday

この言い方を覚えると全てに応用できます。
定冠詞「the」をつけるのは、明後日というその日を特定しているためですね。


◆単位を一週間にのばしましょう。
「再来週」は英語でなんて言うか?の前におさらい。

今週=this week
来週=next week
先週=last week

では「再来週」は「来週の次の週」ということで
再来週=the week after next となります。

the week after next (week)=来週の後の週=再来週 なのです。

最後のweekは2回繰り返しになるし、言わなくても「週の話をしている」とわかるので省略しているのでしょう。

おとといと同じ原理で
「先々週」=「先週の前の週」=the week before last です。


◆やっと「再来月」の話しにもどります。

今月=this month
来月=next month
先月=last month

では「再来月」は? もうわかりますか?
「再来月」=「来月の次の月」=the month after next です。

「先々月」=「先月の前の月」=the month before last です。


◆ここからが言いたかったこと。

会社の同僚は日本人で自称「英語苦手!」な人です。
日本語の「明後日」や「再来月」というすっきりした1語でいう言い方に慣れていると、この英語の言い方が「まどろっこしい」と感じたようです。

けど、ちょっと視点を変えてみると特定の単語がないから「単語を覚える」必要がないわけです。最低限、「明日」「昨日」「来月」など基本語さえ覚えてしまえば「来週の次の週」と言えるようになるんです。合理的な気がしませんか?

英語ネイティブはこの説明的な言い方に慣れているから、逆に「日本語はいちいち該当する単語を覚えるのが面倒だ、大変だ」って思うかもしれないです。

どっちがいいっていうことはないけど、ただ単語一つをとって見てもその言い方にそれぞれの文化が隠れているような気がします。それに対する感じ方を見ているのが面白いなぁって思ったのです。
posted by エリ at 18:49| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語学習法。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月11日

英語でねぎる??

久しぶりになってしまいました。季節は4月、私が住む札幌もやっと雪が溶けて春が訪れを感じます。この春、英語関連で始めようと思っていることがあるのですが、その話はまたその時に。

昨年末の英語を教えていた時の話です。

22歳くらいの2人組みの初心者ちゃんに英語を教えていました。が、諸事情で1人が急きょ結婚することになり、レッスンが終了となってしまいました。

その最後のレッスンにて。
私:「最後にこれだけは聞きたいっていうことある?」という質問に返ってきたのが
生徒:「英語でまけてってなんて言うんですか?」笑。

ハイ。そのときに私がお教えした英文はコチラです。

Could you make it better price?
直訳すると「もう少し良い値段にしてくれませんか?」

Could you give me a better price?
直訳「もう少し良い値段をくれませんか?」

=つまり「まけてよ〜」ということです。

考えてみたら、英語圏では値切ったことないから使ったことはなしです。でも、ちゃんと伝わるはずです。海外旅行に行ったときには使ってみてくださいね。


さて「最後に聞きたい質問」でこのことを聞いた理由も面白かったのです。

まず、新婚旅行で使えるかもと思って聞いたらしいのです。が、普通の会話なら市販の旅行英語ブックに載っているけれど、こういうマニアックな英語はなさそうだから、というのが理由でした。

この生徒さんはちゃんと賢く英会話スクールの先生を使ってくれましたよね。

自分で調べてもわからないこと、調べるのが難しいことこそせっかく習っている英会話スクールの先生に聞いてください。

自分で調べられることは自分で勉強してください。

これがスクールのうまい利用方法だし、これを実践してる人が伸びると思います。

と、書いていて今自分が習っているフランス語のことは完全に棚に上げていることに気づきました・・。


Anyway、実はこれを聞かれたとき「あれ?なんて言うんだっけ??」と一瞬ドキリとしました。考えてひねり出したのがこの2つの英文でした。下の文章は「値切る時の決まり文句」として登場する文章ですので大丈夫ですよ。

時々、こうしたドキリとする質問が飛び出していました。前に書いた"a"と"an"の話しもそうですね。

また、面白かった話しを思い出して書きたいと思います。
posted by エリ at 01:24| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語学習法。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月10日

どうして"a"ではなくて"an"なのですか?

昨年末にちょっとした事情で3〜4か月だけ人に英語を教えていました。

私は正式に英会話教授法を学んでいないから、自分が英会話教室でどうやって教わったかを思い出しながらのレッスンでした。

生徒さんは2組いてどちらも初心者さんたち。
とはいえ思わぬ質問が飛んできたりで、よく耳にする「教える方も勉強になる」を実感しました。

一つ面白かった質問です。
「どうして"MP3 Player"の頭につくのは"a"ではなくて"an"なのですか?」

ずっと英語を学んできている私は、この感覚が染みついているから、改めて聞かれると面白かったのです。
ネイティブの先生に聞いたときには、当たり前の感覚すぎて質問の意図すらあまり理解されなかったそうです。

でも、あまり英語を勉強してこなかった方にとっては不思議に思えることだったんですね。

これを読んでる皆さんは理由がわかりますか?

せっかくなので解説します。
というほどのものではありませんが。


まず、不特定のもので数えられる名詞の頭には"a"か"an"がつきます。
ちなみに「不定冠詞」っていうんですけども、
ではどうやって使い分けるのか。

基本的には"a"をつけます。
ただし、名詞の最初の発音が母音のときには"an"をつけるのです。

例)
a dog(犬) a woman(女性) a book(本)
an apple(りんご) an orange(みかん)

ここでひっかりやすいのが、あくまで発音ベースということです。スペルでは母音で始っていても、発音が子音なら"a"がつくのです。

例)a European(ヨーロッパ人) a one-man show(ワンマンショー)

逆にスペルでは子音で書かれていてもサイレントで読まない場合は"an"がつきます。

例)an hour(1時間) an honor(光栄)

さらに、略語でも発音は母音で始って入れば、最初のルールに従って"an"がつきます。生徒さんが質問していたのはこれにあたります。

例)an MP3 player(MP3プレイヤー) an SOS(避難信号)


おわかりいただけましたでしょうか?
質問があればコメントくださいね。なんてw

とても勉強になった数か月でした。
posted by エリ at 02:10| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語学習法。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。