2011年09月18日

助動詞

助動詞難しい!
奥が深い!!

復習って面白いですね。最初に出会う時は自分が消化しやすいように単純化した形で覚えます。そのあとで出会う時はもう少し突っ込んだ意味を覚えます。

例えば最初は、willと be going toはどちらも同じ「未来」のことを話す時に使うよ、と覚えます。
それはもう覚えたよ。けど、その違いは?
willには話し手の意志が入ってるよ。

とか、そんな感じです。それがたくさんあるのが助動詞です。

shouldとought to
must notとhave to have
can'tとcouldn't

まだまだ書ききれないほどたくさんあるけれど、単純化すると同じ日本語になるけれどネイティブがどういう時に使い分けるのか、もしくは本当に違いはないのかなどが学べる章でした。

とても難しいです。言い方がいっぱいあるけど、その日本語のニュアンスを一番に表してるのはどれか…それが難しくていっぱい間違えました。使いこなせたらドラマや映画のニュアンスをもっと理解できるようになって楽しいだろうな( ̄▽ ̄)

ここも本編の「実践ロイヤル英文法」をしっかり勉強印グリグリグリ〜。

残り20章!


posted by エリ at 00:53| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | TOEICの勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月15日

時制

本日は「実践ロイヤル英作文法 問題演習」第3章

時制

これ、なかなか強敵でした。

Are you going to do
Will you be doing

have been lived
have lived

とか、そう言うのの使い分けです。
確認問題は4分の1も間違えちゃったし、勘や雰囲気で当てた問題もあったから要復習印グリグリとつけておきました。

それにしても解説がしっかりしてるからそれ読むだけでも勉強になります。
親である参考書「表現のための実践ロイヤル英文法」の対応頁が記載されてるからどこを読んで確認すればいいのかわかりやすいのもとても良いです。

買ってからしばらく放置してたけど、なんでもっと早く向き合わなかったんだろう。と言うくらい使いやすい本です。

よし、残りあと21章!
posted by エリ at 23:06| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 英検の勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月13日

文と動詞

早速、昨日・今日と一章ずつ問題演習しました

第1章 文
SVCとかSVOC、SVOOとかのあれです。
主部と述部の見分けも大事ですね。

第2章 動詞
自動詞・他動詞の区別が日本人な私たちには難しいですね。
contact, accompany, discussなどなど、to. with. aboutつけたくなるけど全部いりません!

見分けるコツは、その動詞単独で文章があり得るかどうか。
連絡を取るためにはその相手が必要です。同伴する相手、議論する内容が必要ですね。

使役動詞もそのニュアンスがややこしいですね。けど、逆にその違いを覚えるとネイティブの真意がつかめて面白そうです。そのポイントの勉強になりました。

「実践ロイヤル英作文法 問題演習」 なかなか面白いです(^^)

残り22章!
posted by エリ at 22:09| 北海道 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 英検の勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月12日

11月のTOEIC受けます。英作文法の勉強を始めます。

ご無沙汰しちゃってました。。
長い5月病のようなものになってて、ここ数ヶ月悶々としてました。
その結果、やっぱり英語の勉強ちゃんとやろうと思いました。

そのモチベーションを保つためにも久しぶりにTOEIC受けることにしました。2年ぶりになります。

こんなこと言うのもアレですが、ある程度まで英語が分かるようになってしまうとプロのレベルには及ばないとは言え、普通の会社ではけっこう頼りにされます。そこで満足できればいいのだけどそれも出来ずに、かと言って何がしたいのか何ができるのかわからなくて悶々としてました。

わからないので、取り合えず勉強することにしました。

そしてまずは基本に戻ることにしました。
→文法です。

それから発信する英語がこなれていない。
→英作です。

この2つを合わせて「英作文法」の勉強をすることにしました。

表現のための実践ロイヤル英文法」の文法書問題集を以前に揃えて買っていたのです。文法書はたまに読んでたけど、この問題集の方に取り組むことにしました。
全24章。「文」という章から始まり、基本をおさらいできます。

さらにこの本はその名の通り「実践で使える英語に比重を置いた解説」が売りだし、初心者用の参考書ではないので基本とは言えなかなか込み入った内容になっています。

ほぼ毎日1章とゆるいペースでも1ヶ月で一巡できそうです。
一巡したら自分の弱い文法ポイントが見えるから、そこを文法書でさらにおさらいする予定。

あとは、最近サボってた英会話CDをスリープタイマーかけながら寝る前に聞くのと、適当な洋書を読むことにします。通勤時もiPadでBBCニュースでも聞こうかな。

あとはシャドウイングすればスピーキングの練習になるね。これは最近ハマってる海外ドラマ見ながらチャレンジしよう。

これで、読む・書く・聴く・話すをなんとなく網羅できそうですね。

問題集だけはそのための時間を割かないといけないけど、あとは趣味や通勤時間などのながら時間に紛れこますことができそうですd(^_^o)

TOEIC受験予定日は年内最後の11月27日です。
よし!やるぞー!

posted by エリ at 23:40| 北海道 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 英検の勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月04日

頂きはどこにある?ー「チーズはどこへ消えた?」のスペンサー・ジョン原作ー


1年前くらいに一度流し読みをしただけだから、細かい内容はおぼえていません。

ただ、内容は覚えてないけど心に残っている言葉がありました。

谷とは…
失ったもの思い嘆くこと

山とは…
今、あるものに感謝すること


谷を不幸、山を幸せと置き換えると、幸せって全く自分の気持ちの持ちようだと感じました。
ちょうどこの本を手にした時に、状況の変化に嘆いていました。失ったもののことを考えていました。それがこの言葉によって、今ある状況から前向きに考えようと思わされたのです。

今でも、「あれがあれば…」と思ってしまうことはあるけれど、そういう時はこの言葉を思い出します。
posted by エリ at 14:07| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(2度目の渡航を終えて・・) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月10日

イギリスのワーキングホリデー(YMS)

つい最近まで知らなかったんですけれど、イギリスのワーホリ制度が2008年に変わっていたようですね。

私がカナダへワーホリビザで渡航したのは2005年、なのでいろいろ調べていたのはそのちょっと前。実は、イギリス好きなので行きたかったんだけど、その頃はイギリスのワーホリビザは年齢制限や条件が厳しかったのです。原則18〜25歳。条件付きで30歳まで。物価も高く、英ポンドも今の円高が信じられないくらい高くて1ポンド190円くらいでした。貧乏ワーホリだったから、すぐに諦めて選択肢から外れちゃったのでした。

今は「イギリス ユース・モビリティ・スキーム(Youth Mobility Schem)」という名前になっていました。

申請時の年齢が18歳〜30歳までOK。なので渡航時には31歳でも30歳で申請できれば大丈夫!
しかも最長2年間有効!
ビザの申請過程で、本人が東京か大阪の英国ビザセンターに行かなくてはならないようなので、私のような地方在住者にはちょっと大変。申請料に130ポンドも必要ですが、円高の今なら17000円〜18000円で済みそうです。
銀行の口座残高に1600ポンドがある証明書も必要ですが、これも円高な今はチャンスと言えます。

申請についてまとめてくれているサイトがあるので、詳しくはそちらをご参照ください。
日本ワーキング・ホリデー協会 イギリス ユース・モビリティ・スキーム
ワーキングホリデー・ネットワーク イギリスYMSビザについて

私が注目したかったのは、年齢制限が上がったこと!
「これなら私も滑り込みで行けそう!?」なんて考えてしまったのでした。
こういう年齢ギリギリで行くワーホリのことを略して「ギリホリ」と巷では呼ぶようですが、笑。

カナダから帰国後、友人知人に何度も「また行かないの?」って聞かれました。
そのたびに「長期ではもう行かないよ。短期ならわかんないけど・・・」と答えてました。

気持ちに変わりはなかったのだけど、もともと好きなイギリスにギリホリできそうと知るとなるととっても魅力的なわけです。


ところでワーホリ制度って、国によって条件がかなり違います。申請時に30歳ならOKという国もあれば、入国時に31歳になってたらダメという国もあったり。残高証明書の額があったり、人数制限があったりその人数もちがったりと。それから、この条件も何年か経つと変わっていたりします。今回のイギリスのように。

なので、昔行きたいと思って調べていたけど諦めていた・・という方も、気になるなら時々調べてみると良いかもしれませんよね。円高な今は日本人が海外を見てくる良いチャンスです。
posted by エリ at 15:33| 北海道 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(2度目の渡航を終えて・・) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月20日

小さな飛行機とシャーロットタウン空港

Mini airplane.JPG


何度か、書いた80人乗りほどの小さな飛行機です。
PEIへ行くには最終的にこの飛行機に乗り換えなければなりません。私はモントリオール空港から乗りました。
機内のシートは、横1列には両側に2席ずつ、合計4席シートが20列ほどだったと思います。キャビンアテンダントは1人だけでした!?

あ、それほど揺れて怖かった記憶はありませんヨ。

キャビンアテンダントは英語・フランス語両方を話し、離陸前の安全確認の案内も両方の言葉でなされていたのが印象的でした。さすが、どちらも公用語のカナダ!

そうして到着したシャーロットタウン空港。小さっ!!
一応180万人都市である札幌で生まれ育った私には、驚きの小ささでした(笑)

RIMG1509.JPG


空港の壁に「WELCOME」と書いてあったので嬉しくなって写真をパシャり。
英語とフランス語で書いてありました。

カナダで面白かったのが、とにかくどんなものにでも英語・フランス語が併記されていることです。このときはフランス語はさっぱりわからなかったのが、今その勉強をはじめてしまっている自分が不思議です。これもカナダの影響でしょうか、笑。

日本に帰ってきてから、食材を買う時に袋や箱・缶をクルクルまわして英語表記を探していたことが懐かしく思うのです。
posted by エリ at 15:44| 北海道 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | プリンスエドワード島のフォトギャラリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月14日

Cows(ice cream) PEIが誇るアイスクリーム屋さん!

COW.JPG


和みませんか?

プリンスエドワード島に着き、小さな飛行機から歩いて空港の中へ入ってすぐに出迎えてくれたのがこの牛さんCOWです。

このときは「ナニこれ??(笑)」と思いながら撮った写真だったのでした。

後に知ることになりますが、COWとはPEIが誇るアイスクリーム屋さんでこの牛はそのマスコットキャラクターなんです。wikipedia先生によると、COWは元々赤毛のアンの舞台となったキャベンディッシュ(アヴォンリー)で生まれました。現在はPEIの州都シャーロットタウンを本拠地をしています。私が帰国したのちの2007年にはシャーロットタウンに巨大な工場も建てられ、チェダーチーズも生産して人気になっているようです。

wikipedia先生
http://en.wikipedia.org/wiki/Cows_(ice_cream)

カナダ国内の観光客の間でも大人気のCOW。Tシャツや帽子などなどCOWのグッズも大人気です。リーダーズダイジェストという雑誌ではカナダでベスト1のアイス屋さんに選ばれ、Tauck World Discoveryという旅行雑誌(?)では世界のアイスベスト10にも選ばれています。

Tauck World Discovery
http://www.tauck.com/

PEIに行ったらまずCOWへ!!夏は毎日お世話になりますヨ。

ちょっとボケてる写真だけど、こんな今だから少しでも和んでくれたらいいな。
posted by エリ at 23:33| 北海道 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | プリンスエドワード島のフォトギャラリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月13日

東日本大震災に関してできること

50hz地域の私たちは節電がお役に立てるようです。
こんなときこそチリ積も精神でいけたらと思います。

募金したいけどどこにすればいいのか…、という方は下記をご参照ください。
日本財団を含めた被災地支援につながる募金・義援金サイトをいろいろ集めてます。

http://sooooos.com/news/

今回の地震で被害に遭われた方々には深くお悔やみ申します。とともに、現在、生きて日々の生活を頑張っている方、行方不明になっている方の今後のご無事でいることを深く願っています。
posted by エリ at 22:58| 北海道 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(2度目の渡航を終えて・・) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月07日

空から見たプリンスエドワード島

PEI from a plane.JPG

初めてプリンスエドワード島に到着する直前、飛行機の窓から撮影した写真です。

モントリオール空港から80人乗りくらいの小さな飛行機に乗り換えてPEIに向かいました。赤毛のアンで読んでいたそのままに、島が赤土で覆われていることに深く感動して撮ったものです。

もう少しアップの写真ももう1枚。見渡す限りの土が赤いのがわかりますか?(^^)

>>日記より「PEI・シャーロットタウン到着!!」


PEI from a plane 2.JPG<<クリックすると大きな写真が見られます。
posted by エリ at 17:18| 北海道 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | プリンスエドワード島のフォトギャラリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。