2007年09月25日

自虐の詩

昨日、"ジギャクノウタ"っていう映画の試写会を見てきました。

前情報は一切なしで見ました。試写会のハガキには、主演の阿部寛がパンチパーマ頭で、ちゃぶ台をひっくり返している写真が写っていました。だから、コメディかな?なんて思ってました。ところが、全然違いました。

原作は業田吉家さんの4コマ漫画だそうです。司会によると「日本で1番泣ける4コマ漫画」と言われているそうです。へぇ〜〜。全く知りませんでした。

阿部寛は元ヤクザで、職業下手なパチプロ。そして、もう一人の主演中谷美紀は、気に食わないことがあるとすぐにちゃぶ台返しをする阿部寛を、ラーメン屋さんのパートをしてけなげに支える彼女。中谷美紀はとってもさえない感じの女の人を演じてました。

いろいろあって、中谷美紀は超貧乏ななか育ちました。辛い子供時代のシーンもたくさんあります。回想シーンが端々に挿入され、なんとも哀愁漂う映画でした。

なんで、こんな男と一緒にいるの!? 
最初はそう思うんだけど、過去を見ているうちに・・・。
「日本で1番泣ける4コマ漫画」と言われているのがわかる気がしました。よかったです。

ハリウッド映画のような派手なエンターテインメントが好きな人には向かないかな。いろいろ考えながらじっくりみたい人にはお勧めの映画です。

ところで、昨日は舞台挨拶がありまして、監督の堤幸彦さんと、中谷美紀が来ました☆☆

中谷美紀はすごく美しかったです。細いし、顔が小さい!笑うと、もうきれいでした。。中谷美紀が好きなので、うれしかった〜♪ 一緒に行った友達も大喜びでした^^

時々こういうサプライズがあるから、試写会って好きです☆
posted by エリ at 22:23| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 試写会のすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月11日

クエンティン・タランティーノ×ロバート・ロドリゲス

今日も試写会へ行って来ました☆
見たのは『プラネット・テラー in グラインドハウス』です。現在、劇場公開中の『デス・プルーフ in グラインドハウス』とセットの映画です。アメリカでは、2本立てとして公開されているそうです。

そもそも"グラインドハウス(Grindhouse)"とはなんぞや?

グラインドハウスとは、エクスプロイテーション映画やB級映画などを2〜3本立てで上映していたアメリカの映画館のこと。本作は、当時の上映作品の雰囲気を再現している。-Wikipediaより-

試写会の解説では、もともと単館上映が基本で予算が少ないから、少ないフィルムを使い回していたらしく、あとから上映されればされるほど、フィルムが消耗して見れないシーンがあったそうな。

タランティーノ&ロドリゲス両監督のこだわりから、この映画映像はあえてフィルムがすり減ったような、昔の映画館でみているような雑音や切れたような線が入った映像になっていました。それもまた、良い雰囲気を味わえました。

さて、映画の内容ですが、言ってみればゾンビ映画でした。私は、サスペンスは好きだけど、ホラー映画は見ません。スプラッタな映像が嫌なんです。『SAW』好きな私が言うには矛盾しているかもしれないけど、ひたすら気持ち悪い映像ばっかりでているのは、辛いです。

『プラネット・テラー』はロドリゲス監督が担当した映画でしたが、気持ち悪い映像満載でした。なんというか、『キル・ビル』を思い出しました。私は、『キル・ビル』を映画館で見ているときに、吐き気をもよおしました。あの血しぶきや、リアルな人間の骨・肉を見るのが苦手な人にはお勧めしません。
ストーリー的にもやっぱりゾンビ映画と言ったところでした。

ただ、そのグラインドハウス的な映像や、最初に放映される偽映画CMとかところどころに見られるマニアック映像は、映画好きにはたまりませんでした。

『デス・プルーフ』の方がタランティーノ監督が担当していますが、私は見ていませんでした。けど、『プラネット・テラー』を楽しむのに特に影響はないようでした。アメリカの2本立て上映のときには『プラネット・テラー』の方が先に流すみたいですし。

『デス・プルーフ』も見たいと思っていたけれど、『プラネット・テラー』を見ていて若干気持ち悪くなったため、少し間をおいてから見ようと思います。

ところで、ロドリゲスとタランティーノは『シン・シティ』のコンビだそうです。この映画が好きだった人や、タランティーノ映画が好きな人はにやにやしながら見られると思います。

posted by エリ at 22:48| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 試写会のすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月08日

ミュージカル嫌いが薦めるミュージカル映画

私は基本的にミュージカル映画は嫌いです。多数に薦められて見た『ムーラン・ルージュ』『CHICAGO』も悪くはないけど、イマイチでした。

映画の感覚で見てしまうから、次に進まなくてイライラしちゃいます。「なんで、そこで歌うのっ!!」「早く次の展開に進んでよっ!!」と思ってしまいます。それがミュージカルなのに(苦笑)。

そんな私ですが、昨日見たミュージカルは最高でした!!!2時間ずっと笑顔です!!笑いをこらえるのが必死なシーンもありました。

昨日、試写会で『ヘアスプレー』を見ました。応募した記憶も薄いくらいで、内容もよくわからずに見てきました(笑)。でも、それが素晴らしかったのです。みんなに見て欲しい映画です。

出演は、ジョン・トラボルタ、クリストファー・ウォーキン、ミシェル・ファイファー、クイーン・ラティファ等々。主演はオーディションで選ばれた、ニッキー・ブロンスキーちゃん。

ミュージカルだし、TVのダンスショーの話なので、みんな踊っています。このダンスが素晴らしい!!かっこよすぎ!!一緒に踊りたくなります。ツイストとかしちゃってます(爆)。

舞台となっている60年代の髪型・服装も、あの古い感じが変に懐かしく感じて(※まだ生まれていませんが)、見ていて嬉しくもありました。

黒人差別があからさまに残っている時代です。これがテーマにもなっています。ちょっとすると重たくなりかねないテーマなのに、そんな空気は少しも感じさせません。

人種差別や宗教に関する際どい台詞があるのに、思わず笑ってしまう演出がされています。バカにしているのではなく、皮肉ってしまってるんですね。

とにかく、映画全編を通して明るく、笑顔と元気をくれる映画でした!また見たいです!ミュージカル映画嫌いの私がこんなに楽しんだのだから、誰でも楽しめると思います。

10月20日劇場公開!ミュージカル映画はやっぱり映画館で見ることをお勧めします!
公式ウェブサイト→http://hairspray.gyao.jp/

主演のニッキーちゃん。小太りだけど、とってもかわいかった☆

そして、このジョン・トラボルタは必見です!!!
posted by エリ at 20:24| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 試写会のすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月04日

ミス・ポター

今日も試写会♪
あの愛らしい"ピーター・ラビット"の作者、ビアトリクス・ポターの映画"ミス・ポター(原題:Miss Potter)"を劇場公開よりも前に見てきましたv

とっても良かったです。実際にイギリスの湖水地方で撮影されたという景色は、stunning!きれいとか、美しいと言う言葉では表せないほど、素晴らしいです。生涯をここの保存に尽くし、ナショナル・トラストに寄付してくれたミス・ポターに感謝!!

映画自体もよかったです。そして、涙なしには見れませんでした。1人で見に行きましたが、号泣していました。

私は特別な"ピーター・ラビット"好きではないです。お恥ずかしながら、この絵本はちらっとしか読んだことはありませんでした。イギリスに行ったことがあり、そのときの仲間は"ピーター・ラビット"が生まれた地に行きたい!!と騒いでいましたが、私はまったく興味を持っていなかったくらいです。今思うともったいない。

そんな私でも、映画は十分に楽しめたし、このウサギがとてもいとおしく思えてきて、絵本がとても読みたくなりました。ユワン・マグレガーも素敵だったし。レニー・ゼルウィガーはこういう役がぴったりですね☆お勧めの映画です。

ところで、見に行く方でビアトリクス・ポターの生涯をよく知らない人は、映画のパンフレットは見ないことをお勧めします。私はこれのせいで、ちょっと台無しにされました。だって、映画の大事な部分がわかってしまったんだもの。。

最近、けっこう忙がしいのですが、ちょっと落ち着いたらこの絵本を買ってゆっくり読んで、癒されようと思います^_^

posted by エリ at 22:39| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 試写会のすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月29日

ファンタスティック・フォー:銀河の危機

今日の夜、お友達が誘ってくれて試写会を見てきました。ありがとう☆

見たのは『ファンタスティック・フォー:銀河の危機(原題:Fantastic Four: Rise of the Silver Surfer)』です。

全作の『ファンタスティック・フォー[超能力ユニット] (Fantastic Four)』は見てませんでした。けど、楽しめました。面白かったです。

能力などいろいろなところを見ていて『Mr.インクレディブル(原題:The Incredibles)』を思い出してました。この『ファンタスティック・フォー』はアメコミの話だし、真似とかじゃないと思うけど、アメリカ人が好きそうなことなのかもしれないですね。こういうスーパーヒーローものは。

『トランスフォーマー』もちらっと思い出しながら見てました。私は、『ファンタスティック・フォー:銀河の危機(原題:Fantastic Four: Rise of the Silver Surfer)』の方が好きです。面白かったです☆ より話の設定にムリがないというか。いいや、あんな能力がある時点で本当じゃないんだけど。よりこの話に入り込んで楽しむことができました。ヒーロー物で安心して楽しめ、1時間半程度と短かったからスカッと気持ちよく見ることができました。アクション物はあまり見ない私だけど、もっと見てもいいと思わせられました。

私はきっと『トランスフォーマー』に関しては、あの主人公が好きになれなかったから、物語に入り込めず、思ったほど楽しめなかったんだと思います。

これは、続編ができても良い感じです。全作『ファンタスティック・フォー[超能力ユニット] 』もDVDで借りて見ようと思いました^^ 

9月21日から劇場公開が始まります。
posted by エリ at 22:00| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 試写会のすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月25日

トランスフォーマー

昨夜、試写会で『トランスフォーマー』を見てきました。8月4日に、全国公開が始まります。
公式ウェブサイト→http://www.transformers-movie.jp/top.html

私は知らなかったんですが、20年くらい前に放送していた日本のアニメがオリジナルだそうです。その前進のようなおもちゃはうちにありました。さらにその後、北米でもリメイクされて放送されていたようです。
→IMDb(International Movie Data base)http://www.imdb.com/title/tt0086817/

transform=変形[変換]する、 〔〜の外形を〕変形する 
という意味。スペースアルクよりhttp://www.alc.co.jp/index.html

この意味の通りですよね。主に車たちが、形を変えて人型ロボットになって、活躍したり大暴れしたりします。

制作総指揮はスティーブン・スピルバーグ、監督は『アルマゲドン』のマイケル・ベイ。全米では『パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト』を抜く、初日の興行収入を得たそうです。ってここまで聞くと面白そうですか?

実はあんまり興味ありませんでした。要はロボットものでしょう、って。

そして実際に見た感想は、イマイチでした。つまらない、とまでは言いませんが。

CGは確かに豪華でした。トラックやスポーツカー、バスなんかがロボットに変形するのは見ていて面白かったです。
ただ、ストーリーが子供向けだなぁと思いました。男の人のファンタジーなのかもしれないですね、こういうの。否定しているわけではないので、誤解のないようにお願いします。

平凡な男の子が、なぜか世界平和のために重大なものを守ることになり、憧れていた女の子と一緒に行動を共にするようになり・・。戦隊ものとかにありそうな設定でした。

それから、主人公強すぎ!と思ってしまいました。主人公の男の子はあくまで人間なわけで、吹っ飛ばされたり、落ちたりしたらやっぱり痛くて苦しいと思うんだけど、それでも立ち上がるんですよね。最初は情けない感じの主人公が、様々な事件の中で自信をつけていくのかもしれないです。

小さい頃は戦隊ものを楽しく見ていたはずなのに、素直に見られなくなってしまった自分が悲しくなりながら、やはりこの映画をあまり楽しめずにいました。

こういうことをふまえて、すごい迫力のCGが見たい!ロボットもの、機械ものが好き。映画なんだから、多少現実離れしていて当たり前、そんなの気にならないわ、という方は大丈夫だと思います。

素直に楽しんで見て欲しいと思います。
posted by エリ at 14:59| 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 試写会のすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月18日

レミーのおいしいレストラン

本日一足先に映画「レミーのおいしいレストラン」を見てきました。試写会が当たったのです。

ちょっとお子さま向けの話でした。大人も楽しめるでしょう。主人公はネズミのレミーです。途中、レミーの家族とその仲間たちが大量に登場するシーンがあるんですが、アニメでかわいらしく描かれていてもそこはネズミ。ちょっと気持ち悪かったりしました(^_^; 一部のシーンですけどね。レミー一匹だけならかわいいんですけどね。がんばりやさんで、ひたむきな良いネズミちゃんです。

リングイニというパスタのような名前の人間の方の主人公は、どじでおっちょこちょいなんだけど、最終的にはしっかりものになっていきます。途中調子に乗ったり、なんとも普通の青年です。

Anyone can cook!(字幕:誰もが名シェフ)というのが、映画の中の偉大なシェフのお言葉。誰もが=ネズミだってシェフになれるのだ!ということでしょうか。シェフに限らず、誰だって頑張ればなりたいものになれるんだというメッセージが込められていたのかな?

ただ、ネズミたちが料理作りを始めたり、みんな食器洗浄機で清潔になっているんだけど、スクリーンいっぱいにネズミが登場するのには、抵抗がありました。現実的すぎるのでしょうか。

私の近くに座っていた女子高生グループは映画が終わると「ネズミのくせにかわいかったー」と言っていたから、かわいかったんだと思います。

ところで、この映画の原題は"ratatouille(ラタトゥイユ)"、イタリア料理のあのラタトゥイユです。トマトベースに夏野菜の煮込み料理っで、イタリアではお袋の味的な田舎料理のようです。この原題を知っていると、より作品が楽しめますよ。

ピクサーのアニメが好きな方にはお勧めします。ピクサーは他に古くは「トイ・ストーリー」から、「モンスターズ・インク」「ファインディング・ニモ」「Mr.インクレディブル」などがあります。このどれかを見たことがある人は、同じ流れとして映画がイメージ出来るかもしれないです。人間との共存、人間以外の動物の生活がテーマといいますかね。

ところで、「トイ・ストーリー」でトム・ハンクスが声優しているんですね。知らなかったわ。実はこれ見たことがないのです。1・2合わせて見てみようかな・・。
posted by エリ at 23:00| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 試写会のすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月12日

試写会当たりすぎた

試写会のお薦めは以前にも書いたことがある。

映画大好き&貧乏さんの私には試写会はとても魅力的である。定期的にお気に入りの試写会サイト
"試写会CLUB" "フライヤーズ札幌"をチェックしネットやハガキで応募する日々を送っている。
"試写会CLUB"→http://www.wakuwaku21.com/index-ho.html
"フライヤーズ札幌"→http://www9.plala.or.jp/fliers-sapporo/

そんなワタシの3月の当選結果は7回!!というものだった。忙しかったなぁ。
試写会当選にはちょっとしたコツ?法則があるそうですよ。

続きを読む
posted by エリ at 01:28| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 試写会のすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月19日

試写会当たりすぎ!!

なんと!!今週は試写会WEEK。今週だけで3つも当たりましたo(>▽<)o
今日もひとつ見てきて、家に帰るとまたそこにはがきが!!

なんともうれしいことです。忙しくて大変なくらい。贅沢な話ですね。
当たったのは次の三つでした。
『House of Sand and Fog(砂と霧の家)』
いま、会いにゆきます
SAW

続きを読む
posted by エリ at 23:38| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 試写会のすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月04日

"Collateral"(コラテラル)を見た

本日 Tom Cruise(トム・クルーズ)主演??の映画の試写会を見てきた。

なんでも、トムは悪役初挑戦だとか。ほんとか??
"INTERVIEW WITH THE VAMPIRE(インタヴュー・ウィズ・ヴァンパイア)"は??
アタシには、殺し屋のトムよりもタクシー運ちゃんの JAMIE FOXX(ジェイミー・フォックス)の方が主演のように見えたなぁ。
最後にはジェイミーの方がかっこよかった(*^^*)

ところで Collateral ってどういう意味だろう??続きを読む
posted by エリ at 23:13| ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 試写会のすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする