2007年01月13日

お肉について

前回に引き続き、文化の違いを感じた話をもう一つします。
カナダのPEIの友人宅にお世話になっていたときのことです。

友人家族と夕食の途中にこんな話をしました。
「最近、日本の友達と食事に出かけても肉だけが最後に残るの。
みんな肉を食べなくなってきてお年寄りみたいだねー、って話してるんだよ」
きっと、日本人の方ならこの感覚をわかっていただけると思います。私は次のようなイメージがあります。

だんだん年を取ってくるとあっさりしたものが食べたくなる。
→重たい食べ物は食べたくない→重たい物=肉を食べなくなる。
→軽い物=魚や野菜、豆腐等をより食べるようになる。

どうでしょうか?もちろん個人差はありますよ。「私はどんなに年を取っても肉は食べ続ける。」「年齢は上だけど、肉は大好きで、ずっと食べている。」もちろん、そういう人も多くいると思いますが、最初に書いた私の話を理解はしていただけると思います。

でも、カナダ家庭でこの話をしたら、全く意味不明だったようです。
「なんで肉食べないと、年取った気分になるの?」って聞かれました。
「・・・・。」
説明に困りました。あぁそうか、"肉は重たい食べ物"という考え方自体がないんだ、と思いました。元々そういう考え方がない人にそれを説明するのはちょっと大変なことです。だって、そういう概念がないわけですから。

カナダ人は、少なくとも私が出会った人たちは年齢と肉とは何も関係ありませんでした。若い人はもちろんのこと、60代の人も70代の人も、80代の人もお肉を食べます。魚好きの人も居ますが、ただの好みの問題といったところでしょうか。考えたら、クリスマスやサンクス・ギヴィング・デイのごちそうはターキー=肉と決まっているぐらいですものね。

そのときは、「日本人は年を取ると、肉食べないってことじゃないの?」という会話が家族間で交わされて、すぐに別の話題になりました。

このお肉の話題から私が学んだことは、「カナダ人はいくつになっても肉が好き」ということ。
ではなくて、日本の常識が外国で常識とは限らない、日本にある概念が外国にあるとは限らない、ということです。当たり前のことですが、忘れがちなことだと思います。

外国人に限りませんが、違う文化・違う環境で生まれ育ってきた人と会話をするときには、少なくとも相手には自分と違う考え方・概念を持っているかもしれないことを忘れずにいることが大切なんだな、と思った出来事だったのでした。
posted by エリ at 23:13| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 文化の違い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月08日

文化の違いを感じました

先日、"北海道からのサンタメール"と題して、サンタさんからクリスマスカードがもらえるというお話をしました。これは、北海道の広尾にある公式サンタランドに申し込むと、サンタさんからのクリスマスカードが送られてくるというものでした。
http://kouhukuron.seesaa.net/archives/200611-1.html

面白そう!と思い、早速申し込んだ私。母と、どんなものか知るために自分に、それからカナダの友達3人分を申し込みました。

クリスマスちょっと前に自宅に届きました。英語と日本語とでサンタさんからのメッセージが併記されていました。それから私が自分で考えたメッセージが小さな別紙に書かれていました。それは小さいカードでしたがサンタさんの絵が描かれており、母は喜んでくれていたようです。
ところが、カナダの友達からはいっさいなんの連絡もありませんでした。無事に届いたのかさえもわかりません。最近、たまたま電話をすることがあったので聞いてみました。

すると、サンタカードはちゃんと届いていました。クリスマス直前にきちんと届いていたようです。じゃ、何でこのことを教えてくれずにいたのか?それは、「このカードの意味がわからなかったから」だそうです。

「全て印刷された文字で書かれたメッセージでは温かみを感じることができなかった」

と言われてしまいました。私の名前までもが印字だったのも、良くなかったようです。あの、手書きのサインは本人の気持ちが出ているものだったのですね。
それから、「この英語がおかしい」と言われました。いかにも日本人が作った英文だ、と(^_^;;) 

とにかく、何かに申し込んで印刷されたカードを送る、ということが理解できずに居たようでした。「気持ちはうれしいけど、理解はできなかったよ、ごめんね。」と、言われてしまいました。「I guess it's a Japanese thing.」日本的な考え方なんだろうねって。

外国で暮らしている日本人の文章だったかな?を最近読んだのですが、「通信販売でサンタからのクリスマスカードを申し込んで送るなんていうものがあるらしいです。日本のクリスマスは、なんだか本質からは遠ざかっていますよね」正確な文章を忘れてしまいましたが、固有名詞もでていませんでしたが、文章からはこの"サンタメール"はとっても日本的でおかしなことだね、と書かれていた気がしました。

私は、クリスチャンではありません。ただ、年末になると我が札幌の中心街には綺麗なイルミネーションや大きなクリスマスツリーが並び、ウキウキした気分になるから、クリスマスが好きなのです。私はクリスマスを祝いません。家族や親戚が集まってごちそうを食べることもありません。外国人にとっては、クリスマスはただのお祭りではなく、大切な家族と過ごし、大切な人にカードを送って日頃の思いを伝える日なのでしょうね。そんな彼らに、いくらメッセージを入れるとは言ってもこの既製のカードからは何も感じるものがなかったんでしょうね。

私はやっぱりサンタメールは好きです。少なくとも私の母は喜んでくれました。日本人の子供たちもきっと、喜んでくれると思います。これは、元々、ノルウェーの一つの市が、ノルウェー・サンタランドとして世界中の子供たちから届くサンタクロースあての手紙に対し、返事のクリスマスカードを送っていることから始まったことなんですもの。

まぁ、夢いっぱいの子供向けのものであって、現実を知っている大人には、実際の手書きメッセージの方がうれしいのかも知れませんね。
posted by エリ at 20:21| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 文化の違い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。