2008年01月06日

あけまして…

少々遅くなりましたが、
あけましておめでとうございますm(_ _)m
今年もこのさぼりがちなブログをよろしくお願いいたします。

香港旅行記の続きを書きたいと思っていますがその前に、新年なので今年の抱負を考えたいと思います。

昨年は英語の三冠王を目指す!と豪語していました。
→「2007年の抱負」
http://kouhukuron.seesaa.net/article/30721235.html

その結果は→三冠のうちの一つ、TOEICのAランクスコア(860点〜990点)取得に留まりました。

今年は三冠のうち、英検1級取得目指して頑張りたいと思います!!これが取得できれば通訳ガイド試験の英語部門免除になるから、これを考慮して英検が先です。がんばります。

昨年元旦に、「最低週に2回は」ブログアップしたいと書いていたけれど、あっさりと断念してしまいました。なかなか難しいことがわかったから、2008年はせめて月に5〜6回アップできればいいな♪ということにします。

これは残念ながら断念したけれど、「今年(2007年)はたくさん英語の文章を読む年にしたいと思います。」の言葉は実行しました。ひたすら洋書を読んでいましたもの。これは自分で自分をほめてあげようと思います。
特別難しいものは一切読んでいなく、自分の興味があるものに目を通していただけです。それだけで、TOEICリーディングスコアが100点以上あがったんです!英文に慣れたし、それが大事なんですよね。今年もできるだけ英文に触れていたいと思います。


せっかくだから、英語を離れて個人的な抱負も書きたいと思います。
昨年末に学生時代の親友たちと話していて思ったことです。

"あせらない"
"自分を知ろう"

結果をあせっても、何も起こりません。むしろ良くない結果に導いてしまうこともしばしば。「果報は寝て待て」という言葉もあるくらいだし、「短気は損気」ですし、もう少し"あせらない"心を養いたいと思いあす。英語の勉強でも大事なことですよね。

私事ですが、昨年末に転職しました。昨年は仕事の点ではいろいろありなんとも落ち着かない一年になりました。ワーキングホリデー帰りの就職の難しさを世に知らしめてしまったような、悪いお手本を見せてしまったような感さえあり、非常に残念な年でした。

新しい仕事は多少妥協したのは否めないけれど、英語を使う機会が多少なりとも出てくる仕事です。あまり転職を繰り返したくはないから"あせらず"、仕事をしたいと思っています。

思っていますが、採用が決まった1週間後に事件は起こりました(大袈裟、苦笑)。

登録している派遣会社から、某庁での翻訳の仕事のオファーがあったのです。外国人のお客様が来れば通訳の仕事もあるという。すでに仕事が決まっていた私はしぶしぶ断ってしまいました。が、まだ働き始めてないし、契約書も書いていない状態。本当にしたい仕事はなんだ?自分に問いかけ、オファーを断った翌日に派遣会社に電話しました。「やはりこのオファーを受けたい」と申し出たけれど、時すでに遅し。他の登録者で話が進んでいたのです。

この仕事は1年と期間が決まっている派遣の仕事。時給だし、1年後また求職活動しなくてはいけない。けれど、1年という一定期間翻訳の実務経験を積むことができたのです。私が住む札幌ではそうそうある話ではなのです。おそらく定員は1名。TOEIC930点が効いたのか、まっさきにオファーしてもらえたのに、この仕事を逃すことになりました。

今の仕事は経験職だし、人はいいし、不満はありません。が、多少あせって妥協して決めてしまったと言えなくもないのです。もう少し熟慮していれば、翻訳の仕事のオファーが間に合ったかもしれない・・・。考えれば考えるほど、派遣会社からのオファーを逃したことは本当に本当に悔しかったです。しばらくへこんでいました。。
ただ、これで気づくことができました。「私はやっぱり英語をメインに使った仕事がしたいんだ。できれば翻訳か通訳の仕事がしたいんだ。」と。

"自分を知る"
大事ですよね。私は自分が思っているよりもずっと自分のことがわかっていないようです。親友たちの方がよっぽどわかっているみたい。素直じゃない私は反発してしまいますが、図星だから認めたくないだけなのかもしれないですね。もう少し素直に、話を受け入れて自分を知っていきたいと思います。

気づけたことがあれば、それを忘れずに大切にして、充実できた幸せな一年だったと振り返られるように過ごしたいと思います。

新年早々、長く語ってしまいました。これからも長い日記・短い日記メリハリ付けて読みやすいブログ目指してがんばります!

今年もどうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m
posted by エリ at 01:30| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(2度目の渡航を終えて・・) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月13日

「夏の夜・流れ星を数えよう」キャンペーン

ペルセウス座流星群が8月11日の夜から14日の朝まで活動が活発になります。特に、8月12・13日の夜にたくさん流れ星が見られるようです。

この「ペルセウス座流星群」は、1月の「しぶんぎ座流星群」、12月の「ふたご座流星群」と並んで「三大流星群」と呼ばれています。十分に暗い夜空で晴天に恵まれれば、1時間に30個を越える流星を見ることができます。

-国立天文台ウェブサイトより-
http://www.nao.ac.jp/phenomena/20070811/

1時間に30個以上!!すごい数ですね。今の時期、お盆休みに入っている人も多いと思います。お仕事の方、お疲れさまです(__) 夜更かしをしていて思い出したら、夜空を見上げてみてください。願い事を考えておくことをお忘れなく。

さらに国立天文台で「夏の夜・流れ星を数えよう」キャンペーンをしています。これは、
「15分以上夜空を眺めていただき、その間に何個の流れ星を見ることができたかを報告ページから報告してください。」というものです。
報告ページ→http://www.nao.ac.jp/phenomena/20070811/form.html

面白そうです♪今夜、友達と☆を見に行くことになりました。
いっぱい数えて、報告したいと思います^▽^

この国立天文台のページにいろいろと詳しく書いてあるので、興味のある方は覗いて見てください。
http://www.nao.ac.jp/phenomena/20070811/

近所の科学館などを調べてみると、イベントを開いているかもしれませんね。
posted by エリ at 13:12| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(2度目の渡航を終えて・・) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月11日

もし恐怖がなかったら何をするだろう?

最近、季節はずれの大掃除をしています。そこで、本棚から本を取りだして整理していると昔一回読んだきりで奥深くに眠っていた本を見つけました。

"チーズはどこへ消えた?"

数年前に流行りましたよね。私が買ったのは2001年に刷り上げた第11刷だから、その頃に買ったようです。まだ学生でした。思えば、この頃から啓蒙書が増えてきた気もします。

流行っていたから、私もまんまと買って読みました。100ページ足らずの本で、読むのが遅い私でも1時間もあれば読み終わります。さらに本編の前後に談話が書かれているため、"チーズはどこへ消えた?"字体は30分もあれば読めるくらい短い話です。

そのときはあんまり感銘を受けることもなく、「なんだ、これで終わり?」「言いたいことは、わからなくもないけど・・。」とやや落胆して、そのまま本棚の隅に置きっぱなしとなっていました。

あれから6年。改めて読んでみると、受け止め方が違う自分に気づきました。一応、社会に出て働いたり、日本を出て働いたりと新しい経験は積んできましたからねぇ。

ネズミ2匹とこびと2人がチーズ探しをする話です。こびとの1人ホーは、チーズ探しをするなかで様々な言葉を相棒のヘムに向けて書きつづっていきます。

この言葉が、とても身にしみて感じました。特に、今日の日記タイトルを合わせた下記の言葉にドキリとさせられました。

"もし恐怖がなかったら何をするだろう?"
"新しい方向に進めば新しいチーズがみつかる"
"古いチーズに早く見切りをつければ それだけ早く新しいチーズがみつかる"

もし恐怖がなかったら、何をしますか?
思い切って仕事を辞めて、ワーホリや留学をするかもしれませんね。
長い間努めた仕事を辞めて、新しい分野の仕事に挑戦するかもしれませんね。
やりたいと思っていたことを始めるかもしれませんね。スクール通い?お稽古ごと?
恋人に自分の違った一面を見せてみるかも?我慢していたことを話してみるかも?

上にあげた例は私のこととは一切関係ありません(笑) けど、恐怖がなかったら?と考えるだけで、今までの自分では考えられない新しい行動が取れそうな気がしませんか?

古いチーズに見切りをつける・・。これは必ずしも、今ある物事にさよならする、ということでもないですよね。今まで自分が取ってきた古い行動パターンに見切りをつける。新しい物事の考え方をする。新しい接し方をする。こういう、受け止め方を、本編の後の談話で語られています。ここを読んで、またなるほど〜、と思うのでした。

このチーズの本、昔読んだときと今読んだときのとらえ方が違うので、とても新鮮でした。ここで書いた意外にもたくさんのお言葉がつづられています。また少し間をおいて読んだら、次はどう感じるんだろう?と楽しみになりました。買って手元に残しておいて、良かったと思います。

私だったら、もし恐怖がなかったら何をするだろう?
posted by エリ at 13:04| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(2度目の渡航を終えて・・) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月31日

友達が北海道にやってくる

8月下旬に本州に住んでいる友達が旅行のために北海道にやって来ます♪

彼女とはカナダ・ワーホリがきっかけで出会いました。メール無精な私にもめげずに、連絡を取り合ってくれているありがたい友人ですm(_ _)mあせあせ(飛び散る汗)

北海道に来た際には、私が住んでいる札幌にも遊びに来てくれます。とっても楽しみです。ワーキングホリデーでカナダに行かなければ知り得なかったお友達。こういう出会いも、旅をして得ることができる貴重で嬉しいことですよね☆

北海道はお盆を過ぎると、秋にぐんと近づき寒くなります。残暑という言葉は年によってはないのです。せっかく来てくれる友人のためにも暖かい天気が続いてくれるといいなぁ^^
posted by エリ at 23:30| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(2度目の渡航を終えて・・) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月02日

7月1日はカナダディ

友人に言われて気が付きましたが、7月1日はCANADA DAY、カナダの建国記念日でした。

毎年、カナダ各地で盛大にフェスティバルが開かれます。私が居た田舎のPEIでもなかなかにぎやかにお祭りをします。

私のカナダの最初の年、2005年は移動遊園地が来ていました。移動遊園地を見たのは始めてで、感動でした。派手な乗り物はなく、かわいらしいものでしたけどね。翌年はなかった気がします。2005年はちょうど、PEIの州都シャーロットタウンの150歳記念の年だったことと関係があったのかもしれません。花火も上がって、楽しかったなぁ。

私の地元札幌じゃ、花火大会となると人がわんさか集まってとっても混雑するけれど、PEIは人が集まったと言ってもたかがしれています。最初は人が少なくてビックリするけど、慣れるといいものでした。カナダの国歌を知ったのもこの日だった気がします。

カナダに旅行する計画がある人は、是非7月1日をねらって行くことをお勧めします^^

カナダ人にとっては大事な日らしいので、ついついカナダの友人に
「HAPPY CANADA DAY!!」
と言うために短い電話をかけてしまいました。これは、カナダディの合い言葉です☆
posted by エリ at 23:17| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(2度目の渡航を終えて・・) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月10日

4月の雪

少し前の話ですが、私の住む札幌で4月末に雪が降りました。さすがの北海道と言えど、この時期の雪は珍しいです。車はみんな、夏タイヤに換えているから、ちょっとあせりますよね。冬の雪とは違って、地面につくと同時に消えてしまうから、実際に問題にはなりませんが。

異常気象だななんて思っていると、それはどうやら北海道だけではないようです。

最近、カナダのPEIに住む友人と久しぶりに電話で話したのですが、やっぱり4月末に雪が降ったというのです。びっくりです。去年のPEIは春が来るのが早く、今時期はもう暖かくて花が咲き始めていたんじゃないかな。私が着いた6月にはライラックやスノーボールツリー、6月中旬〜6月末には道路脇にルピナスが咲き乱れていました。

あ、けど2年前2005年の5月は寒くて雨ばっかり降って、空は暗くじめじめいやな感じだったそうです。私が着いた5月末からはそれがうそのように晴れの日が続いて、雲ひとつない夕日を楽しんでいました。

今年はどうなんだろうな。
おととし、去年と2年連続でPEIで夏をすごしました。札幌で過ごす久しぶりの夏です。札幌は大好きなので今年の夏が楽しみです。でも、色濃い自然がいっぱいのPEIの夏も懐かしいな☆
posted by エリ at 22:12| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(2度目の渡航を終えて・・) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月21日

カナダと洋楽・ミュージックビデオ

歌好きの私は、カナダでもよく音楽を聞いていました。それまでどちらかというと邦楽の方がよく聞いていたのですが、そこで音楽嗜好が変わることになりました。



仕事前に毎朝"Much More Music"という音楽番組を見ていました。PEI時間の朝に、ちょうどひたすら最新曲のミュージック・ビデオが流されているのです。その下部分にちょっとしたワイドショー的ニュースのテロップが切り替わりながら、流れています。これで、音楽事情とちょっとした芸能ネタはばっちりでした。

日本のようにミュージシャン本人がテレビ出演することは少ないですが、工夫が凝らされているミュージック・ビデオをたくさん見ることができるのは嬉しかったです。曲を聴くと一緒に頭の中に映像が浮かびます。ストーリー仕立てになっていたり、ダンスが見られたり。

印象に残ってる&好きだったビデオはKelly Clarksonの"Behind These Hazel Eyes"、Mariah Careyの"We Belong Together"、Black Eyed Peasの"Don't Lie"、R.Kellyの・・曲名忘れちゃったけど、浮気された彼氏と相手の男の人との修羅場になりかけるビデオとか(シリアスな曲なんですが文章にすると、笑)、聴くだけじゃなくてミュージック・ビデオと一緒に見て始めて一つの曲になるような、そんな風に感じました。

それまで、ミュージック・ビデオにはそれほど興味がなかったのだけど、カナダでこの見方が変わりましたね。

ラジオもそこそこ聴いてました。PEIローカルの"Magic 93"という放送局。これもひたすら曲をかけ続けてくれるので好きでした。ただ気に入った曲があっても歌手と曲名が聞き取れないorアナウンサーが教えてくれない、ことがあるのが難点だったけど、苦笑。カナダから帰ってきたばかりのころはネットでよく聴いていました。
http://www.magic93.pe.ca/live.asp

冒頭に紹介したCD"Grammy Nominees 2006"は聴くととても懐かしく思います。このCDは私が渡加したての2005年夏頃に流れていた曲ばかりです。

聴くと、あのころとても張り切っていた自分。ちょっと寂しい思いをしていたこと、英語の勉強に葛藤していたこと、周りの環境について考えていたこと、たくさん悩みながら生活していたことを思い出します。2年前の今頃はワーホリブルーとかいいながら、漠然とした不安や希望が胸をざわついていました。懐かしい気持ちで振り返るようになるとは、時間がたつのって早いですね。
posted by エリ at 12:41| ☔| Comment(0) | TrackBack(3) | 日記(2度目の渡航を終えて・・) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月21日

帰国してから思い出すもの

昨年2006年9月末にカナダから札幌に帰ってきてから早くも半年になろうとしています。
はやっ!!
本当に思います。つい最近まで、カナダに居たような気がするのに時間て流れているものですね。それもそうだよね。帰ってきたときにはまだ紅葉が始まる頃だったのが、雪が降って冬を越してるんだもの。今じゃ、雪が解けて春が来るのを楽しみにしてるんだものね。早いなぁ。

最初にカナダに渡航したのは、2年前の春になるんだな。忘れもしない2005年5月30日。少ない貯金での無謀なワーキングホリデー。ほんとにあの貯金額でよく生きて帰ってきたなぁ(苦笑)

夜遊びする場所はなく、自然がいっぱいのPEIでのんびり過ごして居た日々がとても懐かしく思います。

日本に帰って来てからは、すぐに働きはじめ、最近は精神的に疲れた毎日を過ごしています。そういうときに、PEIにいたときの散歩道を思い出します。Victoria Parkのボード・ウォークを歩きながら見る夕日は忘れられません。とても綺麗でした。あんなに美しい夕日を毎日のように見ていたなんて、なんて贅沢だったんだろう。

私がPEIと言って真っ先に思い出すのは、あの夕日です。恋しいです。疲れたときに、あの夕日を思い出しては自分を癒しています。本物を見られなくなってしまったから、写真で我慢です。

懐かしの夕日.JPG

↑クリックすると大きい写真が見られます。
posted by エリ at 23:08| ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記(2度目の渡航を終えて・・) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月16日

ノルディックスキー世界選手権 札幌大会

ちょっと今更ですが、ノルディックスキー世界選手権が我が故郷、札幌で開催されました。これはノルディックスキー界のオリンピックに匹敵する大大イベント!地元があまり盛り上がらず残念だったのですが、ボランティアのがんばりや、札幌ドームを使った大会史上初の屋内競技も行われ、関係者には好評だったらしいです。

私もボランティアをしました。外国語ボランティアとして登録したのですが、昨年カナダに行っている間に、必要な外国語インタビューを受けることができずに、無難なポジションに配置されました。お陰であんまり外国人のお客様との触れあいはなかったのですが、代わりといってはなんですが、ボランティアさんとのうれしい触れあいがありました。

ボランティアしていた方は定年退職を迎えたような方や、子供が大きくなり手がかからなくなった主婦が多かったです。もちろん、若い人もいるけども。そういう方は普段から、観光ボランティアをしていたり地元チームのコンサドーレの試合のボランティアをしていたりしている方々ばかりでした。そのためか、みんな温かいのです。とても楽しい時間を過ごしました。

大会が3月4日に終わって10日ほどたった日、会社から帰宅すると珍しく私宛に封書が届いていました。
「Y田さん・・・・??。だれだっけ・・・・???」
「あ!」

最終日にご一緒だったボランティアさんとおそろいのユニフォームで写真を撮っていたのです。送ってくれると住所を残していました。そのおじさまからのお手紙でした。みんな笑顔の写真が2枚と、おじさまからのメッセージ、それから「おもてなし100人宣言」という小冊子が一緒に入っていました。

これは、札幌市観光部が、2005年秋に「札幌に遊びに来た人をあなた流にもてなすとしたら?」をテーマに、市民から「おもてなしアイディア」を募集したもので、応募総数658作品の中から選ばれた100のアイディアを集めた冊子でした。
http://www.city.sapporo.jp/keizai/kanko/news2/2006.01.24.html

ボランティアで知り合った私たちにぴったりの冊子。とてもうれしい贈り物でした。しかもこのおじさまのアイディアも、密かに掲載されていました。しかも写真つき!これを見せたかったのかしら?

それにしてもたった数時間ご一緒しただけなのに、忘れずにこんなにすぐに写真を送ってくれたY田さんの気持ちがとてもうれしかったです。

彼は今も毎日観光ボランティアで札幌に遊びに来てくれる観光客の案内をしているのでしょう(^^)
posted by エリ at 23:41| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(2度目の渡航を終えて・・) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月09日

PEIでの仕事と遊び

前回から、間があいてしまいました。新年に立てた日記更新目標を早くも、破ってしまったようです。。とほ。

前に、PEIでどんな仕事をしていたか。どんな生活をしていたのかを、ちょこちょこと書きました。あれから思うと、自分が感じたことを中心に書いてしまったため、なんとも厳しそうな内容になってしまったと思います。

B&Bでの仕事は、私には厳しかったんですが、人によって感じ方は様々です。そこについて書きたいと思っていたのですが、どうも日記更新の時間が割けず、日が空いてしまいました。

私は人一倍体力がないです(と思っています)。意外と体が弱いのです。それから、時間とか何かに追われるのが嫌いです。例えば、ノルマがある仕事は向きません。必死になって達成しないと気が済まなくなるのです。負けず嫌いというかなんというか。で、達成できないと、すごくすごく自分にイライラします。
そんな私にはチェックインが始まる2時までに、超きれい好きの奥さんチェックに耐えうる掃除をするということが、プレッシャーを感じてたまりませんでした。それをこなそうとものすごく頑張ってしまうので、とても疲れました。

でもこれは私の話。体力がある人なら、B&Bの仕事はおすすめです。ちょっと頑張って時間までにすることをやってしまえば、昼過ぎには仕事はおしまい。2時、3時に仕事が終われば、日が長いカナダの夏を大いに楽しむことができます。一番日が長い頃なら、夜9時くらいまでは明るいです。日が沈むのはそのあと。

夏の繁忙期にはぐったりしていたので、仕事のあとは翌日の仕事のために体力を温存しようと、あまり動き回らないようにしていた私ですが、仕事がおちついている頃にはよく夕日を見に散歩をしていました。このB&Bから歩いて5分のところにあるVictoria Parkのボードウォークから見る夕日が大好きでした。今でもあの夕日が恋しくなります。PEIといえば、の灯台も建っていて、さらに景色を美しくします。

B&Bからダウンタウンが近いので、そこのショッピングモール・Confederation Court Mallにも思い立ったらすぐにいけます。そのすぐ向かいに図書館もあります。カードを作ればCDも借りられます。

ちょっと歩くとシャーロットタウンハーバーがあり、海をながめながら、お土産屋さんがあつまる埠頭の散歩もできます。東屋(?)に座ってPEI名物のCowsアイスクリームを食べたりできます。

自分の体力のなさが悔やまれますが、体力に自信がある方・そこそこの体力のある方ならば、あそこのB&Bの仕事はおすすめなんです。午後から自由になり、部屋代は安いうえに、そこそこの給料が入るんですから☆
posted by エリ at 22:50| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(2度目の渡航を終えて・・) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月18日

ニセコとクレジットカード

私はワーキングホリデーに行く前に、札幌の国際プラザの外国語ボランティアに登録していました。
2年ほど前でしょうか。その勉強会の一環で、スキーリゾートで有名な北海道ニセコのペンションのオーナーの講義を聞きに行ったことがあります。

"北海道ニセコ町公式ウェブサイト"
http://www.town.niseko.hokkaido.jp/
"株式会社ニセコリゾート観光協会"
http://www.niseko.org/

ニセコはパウダースノーの素晴らしい雪質でスキーファンにはたまらない場所なのだそうですね。最近では特にオーストラリアからスキーのしにくる観光客でにぎわっています。オージーたちは1ヶ月とか長期滞在をして、スキーを楽しんでいるそうです。シー人になるとニセコの人口の半分以上がオージーになるんだとか。

ニセコにとっては観光客がいっぱいでうれしい悲鳴ですね。でも、急激に外国人観光客が増えたために、足りない設備もいろいろとあるようです。このオーナーさん話で印象に残っているのは、クレジットカードとATMの話でした。

私はカナダのプリンスエドワード島というとっても田舎な州に滞在していました。島で一番の町シャーロットタウンのダウンタウンでも1日あれば十分見て回ることができます。ここを車で10分、15分走ればもう自然がいっぱいです。じゃが芋畑万歳!牛さんこんにちは。林というか、森というか、木々もたくさん並んでいます。

こういう田舎の州でしたが、ほとんどのお店でクレジットカードが使うことができました。個人経営のような小さな小さなお土産やさんでも、たいていクレジットカードが使えます。デビッドカードもそこそこのお店で使うことができました。小さなコンビニでも、多くのレストランでもATMの機械が置いてありました。

PEIはとっても田舎だったので安全な町だったのでスリなど盗難の心配はほとんどありませんでした。が、欧米では財布に現金を持ち歩くと危ないので、大金は持ち歩きません。多くの人がクレジットカードを使います。スーパーでもクレジットカード。ハンバーガーレストランでもクレジットカード。ちょっとしたお土産を買うにもクレジットカードです。しかもポイントやマイルが貯まるカードもあるから、ますますカードを使うのですね。

私もすっかりクレジットカーづいて帰国することになったのですが、日本に帰ってきてびっくりです。みんな現金で買い物をしている。洋服を何着も買っているのに現金だ。そんなにいつも持ち歩いているの?? ナントカ調べでは、世界で見ても日本人の財布の中身が一番多いらしいですよね。まだまだ平和だということなのかもしれませんが。

消費者がこうなので、ちいさいお店はなかなかクレジットカードに対応していませんよね。だってそれで困らないんです物。ここ数年で大きなコンビニはクレジットカードに対応するようになりましたけども、それもつい最近のことですよね。

ニセコの話に戻ります。ニセコははっきり言って田舎です。クレジットカードが使えるお店が少ないそうです。ついでにATMの数も少なく、土・日・祝に使えるATMはないに等しいと言っていました。2年前に聞いた話ですが、そうは変わっていないと思います。
現金をあまり持ち歩かずにクレジットカードやATMを頻繁に利用する生活を送っている外国人が、ニセコに行くと困るわけです。
「これ欲しいなぁ。でもお金がない。クレジットカードが使えない。あきらめよう」
「今日はここに食べに行きたいな。飲みに行きたい気分だぞ。でも手持ちのお金がなくなっちゃった。でも今日は日曜日、ATMが使えない。仕方ない。明日まで我慢しよう」

せっかくの旅行を楽しみたい観光客も困るし、ニセコの関係業者にとってもお金を使ってもらえるチャンスを失い、マイナスになるわけです。

私は北海道に住んでいるので、ニセコがオーストラリア人に大人気!という話を時々耳にします。そのたびにこのクレジットカードとATMの話を思い出します。

日本政府はここ最近、外国人旅行者の訪日を促進する「グローバル観光戦略」の一環として「YOKOSO!JAPAN」という大々的なキャンペーンを広げています。が、まずはクレジットカード対応のお店を増やし、ATMの設置を広げていって欲しいと思うのです。
posted by エリ at 16:51| ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記(2度目の渡航を終えて・・) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月09日

カナダのDVDが見たい2

さて、カナダで日本人の女の子とルームシェア生活を送っていました。みんなで話し合って「DVDプレイヤーを買っちゃおうおう♪」ということになりました。

1人がスーパーマーケットのチラシを見て安いDVDプレイヤーを見つけました。確かお値段45ドルくらいだったと思います。当時日本円で4320円くらい。

「安いっ!!」
私ともう1人で、とぼとぼ歩いて買いに行くことにしました。お目当てのスーパーマーケットまで歩いて30分。そこで買う予定のプレイヤーを確認しました。する、友達は言いました。
「もう少し歩いたところにある電気屋さんが、すごく安いらしいよ。」

せっかくなので、その電気屋さんで値段をチェックしてから買うことにしました。さらに25分歩いてそのお店に到着。DVDプレイヤーコーナーを見ていると、スーパーマーケットのよりもさらにお安いものを発見。そのお値段39.93ドル!
PEIの当時17%の消費税を合わせると、48ドルくらいになりました。日本円で4600円くらい。ルームメイトと3人で割ったので1人負担は16ドル。とってもお安いお買い物でした。

買って帰ってきてから気づいたら、このDVDプレイヤーはリージョンコードフリーだったのです。つまりどのリージョンコードにも対応する、どこの国のDVDも見られるプレイヤーだったのです。それがったのこのお値段。

ルームメイトがPEIを離れるときに「荷物になるから」と島に残った私にプレイヤーを託して行きました。私も島を離れるときに島の友達に置いていくつもりでしたが、すでにみんな持っていました。売ることも考えましたが、元値がこれなのでたいした値段では売れません。考えた結果、日本に持って帰ってきちゃいました。重かったな(笑)

現在、とても重宝しています。カナダで買っちゃったDVDが見られます。プレイヤーを買えることなく日本のDVDも見られます。友人がリージョンコードを知らずにアジアで買ってきちゃったDVDも見られます。

私が帰国してからの話を聞いたのが理由かはわかりませんが、その後旅行でカナダへ行った友人も40ドルのリージョンコードフリーのDVDプレイヤーを買って帰ってきました。

私のは安いだけあって最低限の機能しかついていません。再生・停止・一時停止・送る・戻る、それだけです。メニューに戻らずにリモコンで言語を切り替えることができるのは便利です。でも時間表示ができません。本体にディスプレイもない、小さなプレイヤーです。

映画やDVDをたくさん見る人で外国に旅行に行く機会がある人は、そこでリージョンコードフリーのDVDプレイヤーを買うことをお薦めします。
北米ならば、FUTURE SHOPがお薦めです。
http://www.futureshop.ca/home.asp?newlang=EN&logon=&langid=EN
posted by エリ at 21:05| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(2度目の渡航を終えて・・) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月24日

エア・カナダさん、ごめんなさい。その2

そんなわけで、エア・カナダが私のCDを盗んだと決めてかかり、「弁償してよ!日本−カナダ間の高額顧客を失うような、そんな馬鹿なことはしませんよね」といったEメールを送りました。

1〜2週間後にきた返事では、いろいろ書かれていたけれど、とにかく弁償はできないと書かれていた気がします。対応方法を確認してまた連絡するようなことも書いてあったような?時間がたったので、詳しいことは忘れてしまいましたが、がっかりでした。

昨年末。それでも、エア・カナダからの連絡を待っていましたがいっこうに来る気配はありませんでした。あの、CD聞きたい。お気に入りだったのに。エア・カナダに連絡する前に、カナダで滞在していた友人宅に、私が忘れていないか確認しましたが、使っていた部屋から私のCDはみつかりませんでした。

悔しいから、もう一回エア・カナダに、今度は直接電話して聞いてみようかな。そう、思いながらも何もせず、時間は過ぎていきました。

そうこうしていると、年が明けてすぐのある日、カナダの友人から小包が送られてきました。どうやらクリスマスプレゼントのようです。中を明けてみると、なんとそこにはエア・カナダに盗まれたCDが入っていました!!CDケースには1cmほどのひびがついていたので、それが買った物ではなく私のCDだという確信がありました。でも、どうやって?エア・カナダから取り返したの??

この友人に小包のお礼をかねて電話をして、CDについても聞いてみました。これはやはり私のCDでした。どこで見つけたのかを聞いてみてびっくり、というか私最低です。I sucked.です。もしくはI was so terrible.

カナダから帰国前に友人からたくさんCDを借りて、PCにおとしていました。そして、そのCDを返したときに、どうやら私のCDを混ぜて渡してしまったようなのです!?しかも一番上ではなく、間に挟んで渡したために、友人もすぐには気づかなかったらしいのです。返したのも帰国直前だったし。。

キャー!!エア・カナダさんごめんなさい。なんの疑いもなく、泥棒扱いをしてしまいました。いくら、エア・カナダの評判が悪いとはいえ、サービス業だしカナダでは大きな会社。第一、私のCDを気に入られ・・とかそういう考えも浅はか。みんながみんな私と同じ趣味ではありません。私、最低です。たぶん、いろんな人に「エア・カナダにCDを盗まれた!」と怒って言いふらしていました。犯人は自分だった!!!最低です。傲慢な自分を反省いたします。

というわけで、ここでエア・カナダのフォローをさせていただきます。評判悪い悪いと言われていますが、感じのよいカスタマーサービスの人ももちろんいます。嫌な気分を晴らしてもらったこともあります。機内のフライトアテンダンスたちは、もちろんにこにこ優しく接してくれます。帰国時にカナダでの思い出を振り返り、泣いていたら、何も言わずにティッシュをたくさんくれたこともありました。映画を見る画面が、1人ずつに付いていなくて中画面が何カ所のみ、というのは不満ですけどね。悪い会社じゃありません。

CDに関して言えば、MP3プレイヤーやラップトップがあるならば、データを入れて持ち運び、CDそのものを持ち歩くのは止めた方がいいですね。私はスーツケースに入れていたら、ケースにひびが入ってしまいましたし、本当に盗まれたりしちゃうかもしれませんので。

ちなみに、無くした(と思って残念がっていた)CDはこれでした。
"Breakaway" Kelly Clarcson 日本盤とジャケットの写真が違うんです。こっちの方が好きなのです。
"The Emancipation of Mimi" Mariah Carey  けっこう出てすぐに買っているため、おまけトラックも何もない北米盤のCDです。
カナダのラジオでいつも耳にしていて、購入。いつも聞いていた大事なCDなんです。見つかって良かった☆
posted by エリ at 00:38| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(2度目の渡航を終えて・・) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月19日

エア・カナダさん、ごめんなさい。その1

エア・カナダっていうのは、日本とカナダを唯一直行運行している航空会社のことです。正確にはANAがエア・カナダと共同運行しているのですが。地元での評判はいまいちなんだけど、あいにくカナダ国内では一番大きな航空会社で、他に航空会社がないと言ってもいいくらいなので、使わざるを得ない状態です。

他にもWEST JET(ウエストジェット)という航空会社が低料金を出して対抗しようとしていますが、思ったよりも安くなかったです(^_^;) やはり小さい会社なので飛行機の便が少ないしで、私は一度も利用しなかったです。私は特にプリンスエドワード島という田舎にいたせいでそう感じたのかもしれません。PEIは北米の大バス会社のグレイハウンドも走っていませんでしたから。なのでそこは考慮にいれてください。

それで、先に書いたようにエア・カナダは地元民に評判が悪かったのです。私が働いていたB&Bのお客さんの荷物はよくどこかに行っていました。エア・カナダはわざと、預けた荷物を運んでくれないのです。

なので、人だけが目的に着くけど、荷物は着かないのです。私のような長期滞在者やカナダ人が帰宅する分には、まだいいでしょう。多少は困るし腹立つけど。でも、3泊とか短期間しか滞在しない旅行者の荷物が届かなかったらどうでしょうね。すごく困りますよ。何もないんですから。持ってるのは小さい機内持ち込みようの荷物だけ。下着や着替え、洗面道具もバス用品もないのです。荷物が翌日の夜に届いたとしても、こういうのって1日でもないと困りますよね。それで、ほんの数日のために買わなくちゃいけなくなるのです。余計な出費だし、帰りには余計な荷物になります。

こういうことが頻繁にありました。PEIに住んでいる日本人のお友達も、これに当たったことがあります。私も2度目の渡加のときに、エア・カナダが荷物を運んでくれなかったため、3日くらい着たきり雀になりました。気持ち悪かったぁです。
→『荷物3』http://kouhukuron.seesaa.net/article/20058410.html

このときは荷物が遅れた上に、やっと届いたスーツケースのコロコロがなくなっていたので、また激怒していました。我ながら短気ですね。
→『荷物4』http://kouhukuron.seesaa.net/article/21798854.html

そんな訳で私は、地元人につられている感もしますが、エア・カナダが好きではありません。

そんなこんなで、昨年9月にエア・カナダを利用して帰国しました。札幌の実家に帰宅。それから成田空港から送っていたスーツケースが届くとさっそく荷物をすべてだして整理整頓をしました。このスーツケースに入れていたCDが聞きたくて、スーツケースを楽しみに待っていたのです。ところが、スーツケースが空になっても聞きたいCDが出てきませんでした。

そこで思い出しました。昨今は空港警備がとても厳しい。しかも私が帰ってきた直前にイギリスやアメリカで「機内で爆弾発見!?」の誤報騒ぎが起こったばかりで特に警備は厳しかったのです。ペットボトル持ち込みもだめ、歯磨き粉・洗顔フォームの持ち込みもだめだったくらいです。きっと預けたスーツケースをエア・カナダがすべて開けてチェックしたんだ。そのときに、エア・カナダのスタッフが私のCDが気に入って盗んだんだ!!それ以外に考えられない!

カナダの友達と相談して、エア・カナダにEメールを送りました。
長くなったので、続きは次回にかきます。

posted by エリ at 23:16| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(2度目の渡航を終えて・・) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月16日

2007年度カナダ/日本ワーキング・ホリデー募集終了です!!

なんとびっくりです!!
こんなに早くも「2007年度カナダ/日本ワーキングホリデープログラムの申請は定員に達した為締め切りました。」そうです!!!
詳しくはこちら→"カナダ大使館の広報ページ"
http://www.canadanet.or.jp/p_c/wh_geninfo.shtml

年々早まっていますが、こんなに早くに終わるとは思わなかったです。私が行った年、ほんの2年前は6月か7月頃まで募集していたと思います。去年の5月締め切りで早いと思っていたのに・・。

このカナダ大使館のページによると、「2008年度の募集要項は2007年秋に当サイトでご案内する予定」だそうです。
今年を逃してしまった方、来年の渡加を目指している方は、今年秋まで頑張ってお金を貯めて、募集が始まったと同時に申請するくらいの勢いでも、早すぎることはなさそうです。この分だと、2008年度の定員はおそらく年内に締め切られそうですよね。

こんなに、早く定員に達するなら、もう少し定員を増やして欲しいなぁ。そんな予定はないのかなぁ。こんなにたくさんカナダに行きたがっている人がいるのに、もったいないですよね。たくさんの日本人とカナダ人が交流できるようになったらいいな、と思います。
posted by エリ at 22:21| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(2度目の渡航を終えて・・) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月01日

A Happy New Year!

明けましておめでとうございます。

2005年5月末〜2006年9月末にかけて、2回、滞在期間はあわせて1年間カナダのプリンスエドワード島に行って来ました。その様子をもっとお伝えしようと思っていましたが、ついついさぼりがちなブログになってしまってます。

たくさん撮ってきた写真もお見せしたいです。書いていないことも多々ありますので、もっともっとお話したいです。
今年はもっとまめに、アップしたいと思います。きっと目標を決めるといいのです。ということで、今年は最低週に2回は、ここでお話をしていきたいと思います。
PEIのことや、カナダのこと。英語の勉強のこと。カナダで実際に役に立った勉強法とかね。それから、大好きな映画の話とか。海外ドラマの話とか・・。

これからもどうぞおつきあいくださいませ。よろしくお願いします。
posted by エリ at 21:33| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(2度目の渡航を終えて・・) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月28日

北海道からのサンタメール

ご存じですか?北海道の広尾町というところに"広尾サンタランド"なるものがあるんですよ。なんでも1984年にノルウェーのオスロ市から国外初のサンタランドとして認定を受けた、公式サンタランドなんです。
私も行ったことはないので行ってみたいと思っています。

申し込みをするとこのサンタランドのサンタさんから"サンタメール"というクリスマスカードを届けてもらえるのです☆なんとも、ロマンティックではないですか。サンタランドのウェブサイトがあるのですが、こう書いてあります。

日本の子供たちにもたくさんの愛と夢を届けたい。

そんなサンタの想いをサンタメールに託して、 広尾サンタランドから送ります。

もちろん子供たちだけではありません。

たくさんの人たちにサンタさんの愛と夢と ロマンに触れてもらいたいのです。

実はこのサンタメールの申し込みが11月30日明日までなんです。もっと早く、ここでお知らせできたらよかったのに。私もついさきほど申し込みをしました。このサンタメールは国内外を問わず1通500円で送ることができます。この収益金は「サンタ基金」として子供たちのために役立てられるそうです。

クリスマス大好きだし、いい年してサンタさんの話も好きです。どんなメールが届くのかも興味津々な私は自分を宛先に申し込んじゃいました。寂しいですかね?(笑)

サンタランドのウェブサイトはこちらです。
みなさんもサンタメールを出してみませんか?申し込み締め切りは11月30日までなので急いでくださいね。

http://www.santaland.or.jp/

posted by エリ at 21:12| ⛄| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(2度目の渡航を終えて・・) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月11日

2007年カナダWH募集要項発表

来年2007年カナダワーキングホリデーの募集要項が発表になりましたね。

カナダ大使館ホームページ
http://www.canadanet.or.jp/p_c/wh_geninfo.shtml
2007年カナダ/日本ワーキングホリデープログラム募集要項
http://www.canadanet.or.jp/p_c/whp_info.shtml

申請のタイミングが2006年までのものから、弱冠変更があったようです。誤解の内容にその一部を引用します。

ココカラ
出発確定日の遅くとも2ヶ月前に申請書が到着するように送付すること。
出発日3ヶ月前にならないと申し込めないということはありません。
ココマデ

だそうです。前よりもちょっと緩くなった気がしますね。でも出発確定日2ヶ月を切ってしまうと、返送の対象になってしまうようです。
ギリギリじゃなくちゃダメっていう事情がある方以外は、できるだけ余裕を持って応募した方がいいでしょうね。

ワーホリ前の気持ちを少し思い出しました。不安と希望が入り交じった不思議な気持ち。
これから行かれる方へ。なんでもいいから具体的な目標を持ってください。例えば英語を話せるようになりたいはもちろんかもしれませんが、友達100人作るとか、全州制覇するとかもいいと思います。ボランティアに参加するとか、この仕事を見つけるとか。
それを達成できるようにがんばってくださいね。初心を忘れないことが大事です。
日記をつけると、何か壁にぶち当たったときにいいヒントを見つけられると思います。おすすめです。

帰国するときに後悔のない滞在をしていただきたいと思います。それには、まずなんでも楽しむこと、挑戦する心を持つことだと思います。
がんばってください。
posted by エリ at 23:49| ☔| Comment(1) | TrackBack(2) | 日記(2度目の渡航を終えて・・) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月05日

ウラシマタロー

短大1年の12月中旬から、ほんの3〜4週間だけどイギリスのロンドンにホームスティに行ったことがあります。

その前に。私は大学に入学する2ヶ月前から新しいアルバイトを始め、ずっと続けていたので1年近く経とうとしているころですっかりバイトの仲間と仲良くなり、楽しくなっていた頃でした。

年が開けた1月にイギリスから帰国。すぐにバイトに復帰すると、なんだかちょっとだけ違和感を感じました。
なんていうか、私がいなくてもいいような雰囲気。って言うと語弊があるかもしれないけど。
みんな「おかえり!」って迎えてくれたけれど、そこには私が知らない空気がありました。ほんの数週間しか日本を離れていなかったのに、それでも変化があって、その新しい空気にとけ込むのにちょっとかかりました。

当たり前のことなんだけど、私がいなくても時間は流れていて、いろんなことが変わるんだなぁ、って思いました。また、個人的にショックな変化もあったのでより悲しくなったのでした。たとえった1ヶ月足らずでそこに戻るってわかっていても、私がそこにいなければみんなの生活の中にはいないんだって・・。

考えすぎですかね。私は寂しがりんぼ+人見知りとタチが悪いもので(苦笑)。。

そんなわたしが一時帰国したとはいえ、去年から今年にかけてトータル1年間も日本を離れていたのです。1年間。あっという間だったかな?いえ、やっぱり長かったような気がします。
日本に帰ってきてやっと1ヶ月がたち、いろんな変化に気づいています。私が気づいていないだけで変わってることもいっぱいあると思います。
それから、私自身も気づいていないけど変化した部分もあるでしょう。

以前と同じ英会話教室に戻り通い始め、新しい仕事も始め、友達ともほどほどに会って・・。以前と同じように大好きな試写会を見に行ったり、DVDを楽しんだり。以前と同じような、生活に戻ってきたような気がします。

でも私は今自分がいる場所にきちんと収まっていないような、空気にうまくとけ込んでいないような、どこか不安定な気持ちを感じています。地に足がついていないというか、なんだかほわほわした感じがしています。

日記の最初に、イギリスから帰国したときに違和感を感じたと書きました。
今は自分自身に違和感を感じているようです。
寂しがりんぼが長期海外滞在なんかするからこんなことに、なんて。

1年もたてばどこにいたって人は変わるものです。思えば私は、以前みたいな、前と同じような、生活を求めていることに気づきました。でも、以前は以前。もう過去の話なんですよね。今は今。前と同じことを求めること自体が間違ってるんだな。

時々自分のことを浦島太郎だ、と言います。深く考えていなかったけれど、まさしくその通りだったのです。日本を発った日から、私の中の日本の時間は止まっていたのです。帰国したら、そのときに戻るような気がしていました。またお馬鹿な私。外国にいたって同じ時間が流れているのにね。

どこにいても何をしていても、時は流れていて周りは変化している。
だから以前のことばかり考えずに、これからのことを考えなきゃいけないんですよね。こんな当たり前のことを忘れていました。

書けば書くほどまとまらなくなってきましたが、とにかく早くこのふわふわした気持ちを切り替えて、以前のことと今のことを切り離し、これからの新しい生活のことを考えたいと思ったのでした。
そうしたらこのいや〜な違和感も消えていってくれるでしょう。。
posted by エリ at 23:06| ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記(2度目の渡航を終えて・・) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月02日

仕事が見つかりました

どうもご無沙汰してました。11月になりました。札幌では今月中旬頃から札幌ホワイトイルミネーションや、姉妹都市との共同企画"ミュンヘンマーケット"なるものも数週間にわたって行われます。すっかり街は冬のムードです。まだ札幌では初雪は観測していませんけどね。

個人的なことを言うと札幌に帰ってきてからやっと1ヶ月が立ちました。この1ヶ月、ちょっと忙しかったです。前の日記で書いたように仕事を探していました。それと平行して昔のアルバイト先で臨時的に働いたりもしていました。人手不足というもので。帰国前に通っていた英会話スクールにも継続して通っています。籍が残っていましたので。
こういうことをしているとなんだか毎日忙しかったです。

そしてやっと仕事が見つかりました。ラッキーだったのかわかりませんが、外資系の会社です。インターネットショッピング会社のカスタマーサービスです。
面接の時には履歴書で英語についてふれていたためか、途中から英語を織り交ぜての会話になっていました。英語力を測る面接ではないので私がつまっていると「日本語でいいですよ」なんて言われながら。それに「まだビジネスレベルではないですね」とも言われました。それでもそれなりだったようです。面接の終わりには中国人の面接官の方が「It was nice to meet you.(あなたに会えてよかった。とか、いい出会いでした。)」といって握手をしてくれたのです。
カナダで意固地になりながらもがんばった成果を感じることができて、感動していました。

無事に採用となりました。今のところは短期の採用ですが、がんばり次第で長期契約や正社員途用の道もあるようです。さらにがんばれば英語を使った仕事もさせてもらえるかもしれません。こんな私にもチャンスがありそうな会社なのです。この採用はとてもうれしいものでした。

先週から研修が始まっています。まだ何日かしか言っていませんが、英語を目にすることがあります。こういっては何だけど、今の私の英語力にはぴったりの会社ではないか。
会社もがんばりながら、英語のスキルアップもして、ゆくゆくは英語を仕事で使えるようになったらいいなと思っています。
posted by エリ at 21:21| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(2度目の渡航を終えて・・) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする