2007年04月09日

プリンスエドワード島での1日

午前8時 起床 (仕事が8時からのときは1時間繰り上がります)
午前9時 出勤。B&Bでのお仕事 お隣だったから通勤時間は30秒。
  ここで、部屋掃除・バスルーム掃除・B&B全体(廊下・階段)の掃除機。ぞうきんがけ。装飾品のふき掃除等々。
  オーナーの奥さんが用意してくれている食事を、時間を見つけて勝手に食べます。
  ※時々、仕事が8時から。そのときは朝食だしのお手伝い。なんとなく宿泊客とお話しする。
午後2時 仕事終了。お隣の部屋へ帰宅。シャワーを浴びる。仕事ではいつも汗をかいてました。

仕事の後は・・  
  歩いて5分のダウンタウンへ行ったり。
  図書館へ行ったり。
  歩いて10分のシャーロットタウンハーバーへ散歩へ行ったり。
  歩いて30分のスーパーマーケットへお買い物へ行ったり。
  ラングィッジ・エクスチェンジ・パートナーのお友達とダウンタウンのTim Hortons(カナダ一のコーヒー屋さん・とても安い)で会ったり。
  家に引きこもって、テレビを見たり家庭教師のおじいさんとスカイプでお話ししたり、勉強したり、DVDを見たり。

お腹が空くと・・
  適当に夕食を作って食べます。だいたい6:00〜6:30pmだったかしら。。
  
日没の時間になると・・
  歩いて5分のビクトリアパークへ行き、そこから海沿いのボードウォークを往復45分くらい歩きます。ここから見える夕日がとても綺麗でした。
  時間は季節によって違うけど、よく歩いたのは6月〜7月で日没時間は8:45〜9:00頃だったかな。夕日が見える時間に合わせて散歩しました。
  仕事が繁忙期の8・9月は仕事で疲れてお散歩はサボり気味に。家にこもることが増えてしまいました。

夜11:30〜12:00頃 就寝。

翌朝8時 起床・・・。繰り返し。


振り返るとなんてのんびりした生活を送っていたのだろうと思います。働いているから適度な収入があり。午後はほとんどまるまる自由時間、夏は日が長いからより時間が長く感じました。

日本では1日の時間を埋めるものがたくさんありすぎて、1日が終わるのがあっという間です。気づいたら1週間・1ヶ月と過ぎています。ちょっと疲れちゃいますね。

PEIの、あの、のんびり流れた時間をなつかしく思います。ワーキングホリデーとは、よくいったもんだ。
posted by エリ at 22:46| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | カナダ滞在日記 in PEI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月05日

カナダのDVDが見たい1

突然ですが、私は映画が大好きです。

今日も会社の友達が「映画見に行こうかな♪」と話すのを聞いて、急遽くっついて行くことに。映画館で"Departed"を見てきました。Leonardo DiCaprioやMatt Damonが出ているあれです。香港映画"Infernal Affairs"をリメイクした映画です。思えば、昨年の秋カナダから帰ってくる頃にTVCMでこの宣伝が流れていました。カナダではそのころ封切りだったのです。そうして今ではすでにDVDが発売されているそうです。そんなに時期に違いがあるのですね。日本ではやっと公開されたばっかりなのに。

最近は邦画やアジア映画流行りの日本では、ますます洋画の日本公開が遅くなっているような気がします。その間に北米やイギリスではとっくにDVDが発売されちゃうのね。そのDVDを見られたらいいのにって思います。でもたとえ入手できたとしても日本とはリージョンコードが違うから見られないのよね。北米は"1"で日本は"2"。イギリスも"2"だけどテレビのナントカ方式が違うからやっぱり見られない。

私はカナダに行ったときに日本で買ったDVDをいくつか持参していました。英語の勉強にいいだろうと思ったのです。カナダのDVDプレイヤーでは見られないけど自分の日本製のパソコンで見られますからね。

カナダに居ると先に書いたように日本で未公開映画のDVDが出ているのでレンタルして見られます。自分でDVDを持っていても、やっぱりカナダのDVDが見たくなりました。でも、リージョンコードが違うため私のパソコンでは見られません。回数制限があるから、パソコンのリージョンコード設定を変えたくはありませんでした。そうしたら今度は持ってきたのが見られなくなっちゃうし。

その当時、仕事の同僚の日本人の女の子同士でルームシェアをしていました。4人中3人は映画好き。3人で話しました。「映画が見たい」→「なら、DVDプレイヤーを買っちゃおう♪」

1年半前のことです。そのころ私は、DVDプレイヤーを1万円台前半で買えたら安い方だと思っていました。そう思っている私にとって、カナダのDVDプレイヤーはびっくりするほど安かったのです。
posted by エリ at 02:51| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | カナダ滞在日記 in PEI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月31日

また冬景色です。

今日は角度を変えて撮影したコンフェデレーションブリッジの写真です。横から見た図でより、全体の雰囲気がわかる写真です。およそ13Kmの橋。

「けっこうな長さなのに吊り橋じゃないんだねぇ!」

帰国後にこの橋の写真を見せた友人が言った言葉です。細かい設計方法はわかりませんが、同じ建築形式の橋としては世界一の長さを誇るそうですよ。ぽこっと盛り上がっている部分が橋の中心です。

天気がいい日、空気が透き通っている日はここからカナダ本土が見えます。見えている部分は橋の向こう側につながっているニューブランズウィック州です。その左側、見えそうで見えない部分がノヴァスコシア州です。

ちなみにPEIで有名な「赤毛のアン」の主人公アンちゃんはノヴァスコシア州出身です。詳しくない人はプリンスエドワード島で生まれ育ったと思っている人もいるかも知れませんね。

Confederation Bridge in Winter.JPG

↑写真をクリックすると大きな写真が見られます。
posted by エリ at 00:09| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | カナダ滞在日記 in PEI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月06日

帰国の航空券を予約する

この旅で日本からカナダまで来る時にエア・カナダのウェブサイトで直接往復航空券を買いました。これは日付を指定して取らなくてはいけません。その当初の帰国予定は10月中旬でした。それを9月末に変更しました。旅行代理店が販売しているような「日付変更可能オープンチケット」として売られてるものではありません。変更には手数料がかかるのでは、と覚悟していました。が、その変更手続きは無料だったのです。しかも、どうやら事前に連絡し席さえ空いていれば何度でも変更できるようでした。

エア・カナダは唯一日本と直通便がある会社なので、旅行代理店が販売している券の中では高いです。しかもオープンチケットの期間の種類って1ヶ月・3ヶ月・1年くらいしかないのです。4〜5ヶ月だけ滞在する予定でも1年オープンを買うことになります。これって高上がりです。そこで私はエア・カナダの往復航空券の方が安いことに気づき、これを買ったのでした。しかも今のところは変更し放題のようです。(日々、航空会社の規定は変わるので予約の際に確認は必要ですが。)
この情報を上手に使って賢く航空券を買っていただけたらと思います。節約できたお金は滞在で遊ぶお金に使えますね。

もう1つ。私の出身地は札幌です。東京から新千歳空港へ行くには羽田発と成田発の2種類があります。たいてい羽田→新千歳の方が成田発に比べてずっと安いです。時に半額以下。なのでカナダに来たときは、羽田に行きバスで成田へ移動したのでした。ずっと安く済みますが、重たいたくさんの荷物を持っての移動はひどく面倒です。できるだけこんな面倒なことはしたくないなーと思いながら、航空券を探していました。
そして、見つけました。すごく安く成田からそのまま新千歳へ行ける航空券を。バースディ割引です。バス移動がいらないだけでなく、羽田から帰るよりも安く済んだのです。これは、1年に15日間の数少ないチャンスですが生かさない手はないですね。
誕生日を迎える前にプレゼントをもらった気分でお得感いっぱい、うれしかったのでした。

ビジネスクラスにでもしない限り、飛行時間て料金に関わらずたいてい同じな気がしませんか。それならば、航空券は少しでもお得に買って、滞在費に当てた方がずっと有効にお金を使えると思います。
posted by エリ at 03:07| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | カナダ滞在日記 in PEI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月05日

今月日本へ帰ります。

今年6月始めに渡加してから3ヶ月が経ちました。なんだかもっと長くここに居るような気がしています。さびしくなりますが、今月日本へ帰ることになりました。航空券を取る時に間抜けなことをしてしまいストレートに乗り継ぎできなくなったため、予定になかったモントリオール1泊滞在してからカナダを出ます。簡単な日程は次の通り。

9月23日早朝、プリンスエドワード島シャーロットタウン空港からケベック州モントリオールのピエール・エリオット・トルドー国際空港(Montreal Pierre Elliot Trudeau International Airport)へ。所要時間は2時間20分です。
そこでまたモントリオール観光をします。今度はB&Bに泊まります。

翌日9月24日朝、モントリオール・ピエール・エリオット・トルドー国際空港からオンタリオ州トロントのピアソン国際空港(Pearson International Airport)へ行きます。そこで飛行機の乗換えと出国手続きをして、日本成田空港へ向かいます。所要時間14時間20分!!です。日本は遠い。ピアソン空港は以前にスタッフ2名の間違いのせいで、危うく飛行機に乗り損ねるところだった場所。今思い出しても腹が立ちます。今回は何も問題がありませんように(>_<)

日本時間9月25日の昼下がりに成田空港にて日本入国します。そこで乗り換えて、古さとの北海道新千歳空港へ向かいます。なつかしの札幌の実家には同日の夜に到着となります。

毎回この長いフライトには疲れ果てています。エコノミー症候群も心配なので、飛行機の中では無駄に動き回り、必要以上にトイレに行ったり、ストレッチをするようにしています。暇つぶし本は不可欠です。上映される映画は唯一の楽しみです。

PEI滞在期間はワーホリの時と合わせて1年になります。ここを離れるのはすごくすご〜くさびしいです。何といっても遠いので次はいつ来れるかわかりません。今のうちにここの美しい自然を楽しみ、友達に会っておきたいと思います。次来る時は家族を連れて来たいなぁ。一人で満喫してるのが申し訳ないくらいいいところです。
posted by エリ at 03:47| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | カナダ滞在日記 in PEI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月25日

SUBWAYのロブスターサブ

やっと食べてきました。SUBWAYのロブスターサブ。20周年記念だかで、売られているみたいです。

感想は・・・高い!
表示価格にだまされました。税金いれたら1つ9ドル90セント!!ほぼ10ドルです。ファストフードのサンドイッチに10ドル!高っ!これならちゃんとしたレストランでロブスターサンドを食べた方がいいです。同じくらいかプラス1〜3ドルくらいで食べれますから。

高いからと野菜もいっぱい入れてもらいました。欲張ってたまねぎまで入れてもらったのが失敗。サンドイッチが辛くなって、ロブスターの味が薄まってしまいました。
主役のロブスターですが、量はまぁこんなもんでしょう・・。もう少し欲しいけれど、まぁよしとできるくらいは入っていました。ただ身がほぐれていたのです。
去年食べたマクドナルドのマックロブスターは身がほぐれていず、ある程度のかたまりのままだったんです。これが美味しかったのです。だからSUBWAYのフレイク状のロブスターには残念でした。

というわけで、個人的にはマクドナルドのマックロブスターの方が好きです。値段も安いし、美味しかったです。ロブスターそのものを多少なりとも楽しめます。
SUBWAYでロブスターサブを食べるときのアドバイス。高いからといって欲張って野菜をたくさん入れるのはやめましょう。少しでいいです。ロブスターを引き立てるくらいの量で。

これがロブスターサブの写真です。

ロブスター
posted by エリ at 04:24| ☔| Comment(7) | TrackBack(0) | カナダ滞在日記 in PEI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月15日

ミュージカル「Anne & Gilbert」

先日Summerside(サマーサイド)までミュージカル「Anne & Gilbert」を見てきました。とてもラッキーなことに「Anne & Gilbert」のミュージカルチケットを知り合いから無料でもらうことができたのです☆

このミュージカルは今年2年目という新しいミュージカルシリーズです。昨年Victoria by the sea(ヴィクトリア・バイ・ザ・シー)のVictoria Playhouse(ヴィクトリア・プレイハウス)という小さな劇場で初公演されました。物語はアンシリーズ「赤毛のアン(Anne of Green Gables)」のあとの2作「アンの青春(Anne of Avonlea)」と「アンの愛情(Anne of the Island)」を併せて、アンとギルバートの恋愛に焦点をしぼった話になっています。Charlottetownのダウンタウンでロングラン上演されている「Anne of Green Gables(赤毛のアン)」よりもちょっぴり大人向けに仕上がっています。

私は昨年の記念すべき1年目の公演も見ています。とても小さな劇場なので、客席まで振動が伝わります。そのホール全体を使ったミュージカルはとてもすばらしかったです。音楽もきれいでした。とても気にいったミュージカルです。昨年44回あった公演はすべて完売と大好評に終わりました。

そのためだと思います。今年は場所を変えて、プリンスエドワード島第二の街SummersideのJubilee Theatreで上演されています。ここに見に行って来ました。Victoria Playhouseよりも広いとは言っても、それほど広い劇場ではありません。昨年味わった小さな劇場ならではの臨場感は十分楽しめました。オーケストラは5人くらいです。全然派手さはないのですが、アットホームな雰囲気が楽しめます。主人公のアン・シャーリー役が変わっていました。去年の女優さん、とってもきれいな人で好きだったんですがなんでかな?もう一人の主人公のギルバートは昨年と同じ役者さんです。昨年「ギルバートがイメージと違う」と友人が嘆いていましたが、私はこのギルバート好きです☆他にもちょこちょこと役者さんが変わっていました。
けれど、雰囲気はそのまま変わることなくすばらしかったです。CharlotteotwnのConfederation Centre(コンフェデレイション・センター)で「Anne of Green Gables」を見た方は、ぜひこのミュージカルをお勧めします。私と同じようにアンブックスのファンの方は絶対に楽しめますよ。

ただ、プリンスエドワード島には公共交通機関がほとんどありません。昔走っていた鉄道は、誰もが車を所持できるようになってからは需要が減ったために数十年前に廃止されてしまいました。昨年からCharlottetownでは公共バスが始まりましたが、街を離れるとなんにもありません。観光バスが走っているくらいです。
ミュージカルを見に行きたいけれど交通手段がない・・とお困りの方に朗報です。今年からPrince Edward Toursという観光会社でCharlottetownのダウンタウンからSummersideのJubilee Theatreまでのバスを始めたのです。完全予約制で、料金が往復たったの$10です。タクシーを使うと片道$75もかかってしまいます。
私もこれを利用して見に行って来ました。まだこのバスの存在を知らない人が多いのか、乗客は私と友人の2人だけでした。運転手さんと3人でお話しながらの往復2時間のドライブを楽しみました。友人も運転手さんもPEI出身で話していると共通の知り合いがいるようでますます話しに花が咲いていました。こういう世間の狭さもまたPEIらしいなぁ、と思ったのでした。
What a small world!! って言うんですよね。「世間はなんて狭いんだろう」「PEIは特にね」なんていうのをよく耳にします。

ミュージカルの規模といい、こういうドライブといい、バスから眺める景色、すべてPEIを味わった一日でした。



posted by エリ at 00:12| ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | カナダ滞在日記 in PEI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月10日

英語で電話

先日エア・カナダに質問があって、ウェブサイトから問い合わせのメールを送りました。今回は文句とかじゃなくて、純粋に質問です。
腹が立ったときは怒っている勢いで電話できるのですが、普段は電話するの好きじゃありません。どうも英語で電話するのって慣れません。すごく緊張します。発音が通じなかったらどうしようとか、相手が言ってることわからなくてパニックになったらどうしようとか、考えちゃいます。
だから、普段質問があるときはインターネットを使います。

エアカナダにメールで質問すると3日(営業日)以内に返事がくるということでした。週末をはさんだせいで3日以上かかって返事が来ました。そのメールの内容は
「お客様の質問内容はメールでは対応できません。こちらまでお電話ください。」でした。
電話が嫌だからメールしたのに。4〜5日も待ったのに。

これは電話しなきゃいけないことになっているんだ。何かが私に英語での電話に慣れろって言っているんだ。と解釈して、覚悟を決めて電話をしました。

結局2回エア・カナダに電話をしました。1度目に聞き忘れたことがあったのです。そのどちらも係りのお姉さんはゆっくり話してくれて、聞き取れなくて困ることはありませんでした。私の質問もきちんと伝わったらしく、求めていた回答をもらうことができました。
エア・カナダは時々お国訛りが強い係り員がいて、聞き取りづらいことがあるのです。が、今回はネイティブが出てくれたのでなおさらわかりやすかったです。よかったわ☆


今回の電話での会話がうまくいったとは言っても、英語での電話はやっぱり怖いですが、もうちょっとがんばって電話に出たりかけたりしようかな、と思いました。
怖がってそれを避けていても、解決しないですものね。克服するには、なんども挑戦して慣れる事ですね。

posted by エリ at 03:34| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | カナダ滞在日記 in PEI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月08日

ロブスターサンド

前回レストランでロブスターを食べてきた話を書きましたが、ただ今PEIのマクドナルドでは期間限定のマックロブスターなるものが販売されています。ホットドッグ用のパンにドレッシングで和えたロブスターが挟まっています。去年食べましたが、ちゃんとしたロブスターが入っていて美味しかったです。レストランで食べるよりも安いし、この時期お勧めです。もしかしたら下手なレストランのロブスターサンドイッチよりも身が入っているかもしれないです。

さらにサンドイッチ屋さんのサブウェイではロブスターサブなるものも販売されています。ここはサブウェイで通常利用しているサンドイッチ用のパンにロブスターと野菜が挟まっているようです。これはまだ食べたことがなくCMで見た様子を話しています。サンドイッチ用のパンは日本のようなパンではなく、大きいコッペパン(のような長いパン)を横半分で切って具をはさめる感じです。

どちらも正確な期間がわからないのですが、おそらく7月中旬〜8月中旬の間販売しているようです。
さらにどちらもカナダ全土で販売しているのか、PEI限定か、マリタイム(大西洋沿岸の4州)限定かよくわかりません。マックロブスターはウィニペグ、カルガリーでは販売していないようです。かわりにウィニペグのマクドナルドではカニバーガーがあるようです。食べてみたい。
サブウェイはテレビでCMしているくらいなので、カナダ全土で販売しているのかもしれません。知っている方いらしたら教えてください。

マックロブスターは去年食べたから、今年はロブスターサブを食べに行かなくちゃ!

〓〓〓〓〓〓〓[.JPG
posted by エリ at 23:09| ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | カナダ滞在日記 in PEI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月05日

ロブスターサパー

昨日念願の今年お初のロブスターを食べてきました。行ったレストランも初めてでした。シャーロットタウン・ダウンタウンにあるMyron'sというお店です。あとで知ったのですが、ここはナイトクラブだそうです。ここでロブスターフェストという期間限定の特別価格を設定していてとても安かったので、行ってきました。ポテトサラダとコールスローがついてお値段$21.95。さらにプラス$3.95でシーフードチャウダーかサラダ、またはムール貝がつけられるのです。ロブスターの相場は旬の時価相場は$29.99なので、このお買い得感がお分かりいただけるでしょう。

問題の味ですが。ん〜。正直のところまぁまぁ。ロブスターは料理する直前まで生きているという新鮮なものなんですが、ん〜。美味しかったんですけどね。全然悪くないんですよ。ただ、去年食べたロブスターの方がおいしかった気がするのです。ロブスターも1ポンドと以前に食べたものと同じ重さのはずなのに小さかった気がします。

去年は2回食べました。1度目はPiazza Joeという地元の若者に人気のカジュアルレストランです。去年の7月初頭にこれまたすごい特別価格で販売していたんです。なんと、小さいポテトサラダ・コールスロー&トースト食べ放題がついて約$15!!ロブスターも大きく、味もよかったです。トーストは全粒粉などいくつか選べて、バターも香草入り、ガーリック入り・・・と数種類あり、炭火で自分で焼いて食べれるというもの。このレストランでは基本的にいつもトースト食べ放題は行っているようですが。初めて食べた感動も味の1つになったのかもしれません。とても美味しかったです。
カフェテリアの部分もあったり、いつも地元の若者でにぎわっています。パスタはゆですぎ(たぶんPEIでは普通)なのでお勧めできませんが、他の料理はおいしいですよ。

2度目はダウンタウンのウォーターフロント近くにあるWater Prince Corner Shopというシーフードレストラン。ここは8月中旬に行き、相場どおりの$29.99。付け合せにコールスローがついていました。今年は前菜にムール貝もついているようです。
ここがすごく美味しかったのです。やはりロブスターはシーフードレストランで食べるのが一番ですね。ここも地元の人でいつも混んでいます。去年は日曜の夜に行ったところ、予約していたのにあやうくまたされるところでした。週末に行くならば要予約です。

ロブスター1匹丸ごとのメニューのほかに、ロブスター半身と魚貝のプラッターメニューもあります。ここでフィッシュ&チップスを食べたこともありますが、これも美味しかったです。ロブスターは大きく、身もプリプリです。ここは自信をもってお勧めできるレストランです。

書いていたらまたロブスターを食べに行きたくなりました(笑)。

Myron's' Lobster

〓〓〓〓[〓〓〓.JPG
posted by エリ at 23:44| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | カナダ滞在日記 in PEI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月02日

荷物4

日本からPEIに来た時に荷物を私と同じ飛行機に載せてもらえなかったために、荷物の到着が遅くなりました。エアカナダが責任をもって希望の場所に届けてくれるというので、PEIの知り合いの家に届けてもらうことにしました。モントリオールに2泊してからPEIに行くと、2つあるうちの1つは私が着く前の日にもう1つは私が着いた同日に届いていました。
モントリオールでスーツケースがなくてつらい思いをしていたため、荷物が届いていたことがうれしくてあまりよく見てませんでした。が数日してよくみると、小さいほうのスーツケースのスタンドがなくなっていました。コロコロの車2つとスタンドが2つあるはずが、このスタンドが2つともなくなっていて明らかに留めていたネジがあったであろう穴が2つ空いていました。椅子の足の片側がないようなもので、スーツケースがまっすぐ立たないのです。南京錠もなくなっていました。

荷物が遅れた上にスーツケースまで壊れていたことにまた腹が立って、エアカナダに電話しました。弁償してもらう!という勢いで電話したのですが、壊れ方などを説明すると修理してくれることになりました。詳しいレポートを作って、係りにまわすということでそのレポート番号を教えてくれました。空港にスーツケースを持って行き、レポート番号と日本でスーツケースを預けた時につけられた荷物のタグを預けて、お願いしました。きれいに直してもらえるのか心配していました。2週間ほどたって忘れかけた頃にエア・カナダからスーツケースが直ったと言う電話があり、家まで届けてもらいました。届いて見てみると思ったよりもずっといいできばえ。一度壊れて直したなんて、言わなければ誰もわからないでしょう。
最初はお金を払って欲しかったのですが、気に入っていたスーツケースだったのでうまく直してもらえて満足でした。

ということで、何か起こったらとりあえず文句を言ってみましょう。つたない英語であってもとりあえず怒ってみましょう。文句を言えない弱気な日本人じゃ損しちゃいます。
posted by エリ at 03:24| ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | カナダ滞在日記 in PEI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月15日

今年は早く花が咲きました。

今年は6月でもう花がいっぱい咲いていました。これって、PEIとしては早い開花だったのでした。
私は昨年5月末にPEIに来ました。その時はまだまだお花は咲いていなく、寂しいものでした。が、今回6月5日にPEIにやってくるともう花が咲き始めていました。私がお気に入りの花はスノー・ボール・ツリーと呼ばれる、白い花です。小さな白い花がたくさん集まって丸いぼんぼりを作っている花です。遠くからみると、白いぼんぼりが木にたくさんついていてかわいらしい花です。私が着いた頃にはいたるところに咲いていました。それからライラックも各家の庭先にたくさん花を咲かせていました。

a Snow Ball Tree.JPG

郵便局の庭.JPG

6月中旬にはルピナスが道路脇にこれでもか、というくらい咲き乱れていました。7月に入るともう終わってしまいましたが。
ルピナスって北海道以外の人にはあまりなじみがない花らしいですね。逆さふじとか、のぼりふじとか呼ばれる紫色や白い色の花です。PEIのカレンダーやポスターなどで使われることも多いですね。北海道出身の私は見慣れている花なのですが、それでも道一面に広がるルピナスは目を見張るものがありました。ちょっと大きい気がします。そして、これでもか〜と咲いていました。

最近ではそこら中に広がる畑のジャガイモも花をつけています。もう新じゃがが取れ始めてもいます。

今年のPEIは例年に比べて暖かいようです。そのためいつもよりも開花が早まったみたいです。いつもの6月の気温は20度前後。昨年寒い日だと15度を下回ることもありました。が、今年は6月中旬から25度ちかい温度。最近では体感気温30度を超える日もあったり、とっても暖かいです。それでも関東以南の地域の人からみると過ごしやすい夏なのでしょうか。

7月・8月がPEIの短い夏、観光シーズンです。気温は上がっても空気が乾燥しているので比較的過ごしやすいです。観光のピークシーズンでもカナダのどの地域に比べても人ごみでうんざりっていうことはありません。アメリカやヨーロッパから避暑地として訪れる観光客も多いそうです。南アメリカからの観光客も多いです。日本では「赤毛のアン」が生まれた場所として有名な場所ですので、もちろん日本人観光客も多いです。今年はまだあんまり見ていませんが、これから夏休みの時期になり増えてくるでしょうね。

アンが「世界中で一番美しい島」と言ったプリンスエドワード島。今年は早い開花のおかげで6月から自然を満喫しています。少し花々の写真を載せたいと思います。

ルピナス.JPG

ルピナスがいっぱい.JPG
posted by エリ at 05:06| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | カナダ滞在日記 in PEI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月03日

カナダ・ディ

7月1日はカナダの誕生日カナダ・ディでした。みんなで「ハッピーカナダディ!」と言いながらメイプルの旗を振り振りお祝いをします。というかお酒を飲んでパーティをします。
私も友人の実家でいろんな人を招いてパーティをしているところにお邪魔してきました。ほとんど会ったことがない人たちでやや緊張しましたがカナダ人はそんなこと気にしません。私もゆっくりお酒を楽しむことができました。カクテルの状態でですが、初テキーラも飲んじゃったりしました。ムール貝も頂いたり、とっても美味しいパーティでした。

PEIではシャーロットタウンの埠頭で花火があがります。埠頭に行くと人ごみがすごいからとパーティのみんなで近くの公園へ行って鑑賞となりました。日本の花火がやや恋しくなりましたが、PEIにしては悪くないなーと思いながら楽しんできました。

来年カナダに来る予定の方へ、7月1日カナダディはカナダ全国でお祭り騒ぎです。この日を逃すともったいないですよ。また、PEIは混むといってもたかが知れています。人ごみが嫌いな方はPEIでのんびりお祝いするのもいいと思います。去年はシャーロットタウンの埠頭に移動遊園地が来ていました。今年は確認していませんが、たぶん来ていたんじゃないかな?

久しぶりにお酒を飲んで楽しく過ごしたカナダ・ディでした。
posted by エリ at 11:46| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | カナダ滞在日記 in PEI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月16日

無事に着きました

やっとインターネットに接続ができました。
6月2日に札幌を出発してからモントリオールに滞在したり移動中もいろいろありましたが、とりあえず無事にカナダのプリンスエドワード島に到着しました。
そして、友人宅でお世話になっています。

時間を見つけてこちらでの滞在の様子、移動中でのいろいろを更新していきたいと思います。

川辺までの道.JPG
posted by エリ at 11:55| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | カナダ滞在日記 in PEI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。