2006年05月03日

習い事をしよう

私は帰国する少し前にコミュニティースクールに通いました。いまはもっと早く習っていたらよかったと思っています。海外での習い事お薦めです。

それは料理でもスポーツでもダンスでも、ギターや歌の音楽でも、文化教室でも陶芸でもなんでもいいと思います。その土地特有の何かがあれば、そういうのを学ぶのもよいでしょう。PEIでいうとパッチワーク(英語ではクィルトと言います)やステップダンス、ケルティック音楽、フィドルという名のヴァイオリンのような楽器があります。私はクラーギングというアメリカのフォークダンスを習いました。

自分が興味があることならばなんでもいいです。とにかく何か習ってみるといいと思います。そこに通っている人はみんな地元の人たちです。あ、外国人向けのスクールはもちろん除きますよ。
習い事をすると地元の人と触れ合えます。そして、共通の話題ができます。それはもちろん習い事のこと。これで話すことにも困りません。地元の人と英語で楽しく会話ができるわけです。地域の情報を教えてくれることもあるでしょう。
英語で教わるわけですから、もちろんいい勉強にもなります。理解できなかったらどんどんたずねましょう。もしも英語が上手ではなくても、自分が興味があることならばどんどん覚えようとするでしょう。英語を学ぶと言うよりも自分がしたいことをするために英語を覚える、といういい流れができます。

さらに何か新しいことを始めると海外で得るものが増えるわけです。とてもうれしいことです。生活にもハリがでます。
自分が得意なことをしたとします。あの外国人すごいぞ、と人気者になれるかもしれません(笑)
お友達もできるでしょう。

得るものはいっぱいあると思います。習い事。すごくお薦めです。

私はしばらくたってから始めたためにみんなと仲良くなった頃には日本へ帰るときとなってしまいました。もし、あの続きがあったならばプライベートでももっと仲良くなれていたかも、と残念に思っています。

生活に慣れた頃に始めてみるといいと思います。日本にいてもそうです。新しい環境を作ってみるっていいものです。海外生活楽しくがんばりたいですよね。
posted by エリ at 23:33| ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | PEIでの勉強。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月28日

家でも英語を。

働きながら勉強するっていうことは、自分から英語を話す機会を作らなくてはいけません。いままで書いてきたことはつまりそういうことですよね。
ラングィッジ・エクスチェンジ・パートナーを作る。夏休み中の学生とおしゃべりをする。

私が挑戦していたことは"家でも英語を話す"と言うことでした。B&Bで働いていたときは日本人の同僚と4人でのルームシェアでした。なので、最初は日本語を使っていました。オーナーが「家でも英語を話さなきゃだめよ」と言っていたにも関わらず。私はこのオーナーの言葉どおりに英語を話したかったのですが、一緒に住むルームメイトたちはそこまで英語への意識がなく、観光メインで来た人たちだったので。
それでもがんばって英語を話していたのですが、モチベーションが違う人と無理やり英語を使って話すというのは難しいものでした。

PEIでの生活を始めてから一ヵ月後に一人が急遽辞めることになり、新しい子がやってきました。幸運にもこの子が私同様に英語への意識が高かったので、家でも英語を話しやすくなったのでした。

勉強中の子達と英語を話しても生きた英語は覚えられない、のようなことを前回書きましたが、それでも英語を常に口から出す練習というのは大事なことです。話す能力をあげるには、常に話そうとすることが大切です。
確かに間違った英語を話しても直してもらえはしませんでした。同じ日本人なのでネイティブには通じないようなおかしな英語を話しても、共通の感覚でわかってしまうこともあります。
それでも、日本語を話し続けるよりも英語を口にしていたことは、話す練習になっていたと思います。お互いにわからない単語や言い回しを英語で説明することもありました。説明することもとてもいい練習になります。わからなければ、二人でゆっくり調べることもできました。

こればっかりは運かもしれませんが、英語への意識レベルが同じ友達を見つけて英語を話すようにすることはとてもよいことだと思います。
カナダに居るのに日本語で生活していたときは、このまま英語が衰えていくのではないかと心配でたまりませんでした。でも日本人とでも英語を話すことで、衰えるどころかとてもよい練習ができていたと思います。

他にもインターネットで日本のニュースを見るときは"Japan Times(http://www.japantimes.co.jp/)"を見たり、音楽を聴くときも邦楽は聴かないようにしたり、日本語に触れるのをさけていました。
ただ、ネットで日本の友達と連絡を取りすぎていたような気はします。これって、もちろん日本語使うんですよね。日本にいる時には、英語サイトが見られる便利なインターネットですが、カナダに居るときにも日本語サイトが好きなように見れてしまいます。使いすぎには注意しましょう。。

さらに、私はこの英語に固執しすぎて、観光メインの人たちの英語への意識の違いにがっかりし、あまり仲良くなれなかったのは残念でした。

私のように不器用にはならないように、上手に楽しく勉強してくださいね。
posted by エリ at 23:48| ☔| Comment(0) | TrackBack(2) | PEIでの勉強。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月27日

PEIで働きながら学校へ行く。

PEIには語学学校が1件しかありません。
スタディ・アブロード・カナダ(Study Abroad Canada)、シャーロットタウンのダウンタウンにあります。→http://www.eccl.ca/

ルームメイト=B&Bの同僚の一人が、TOEICの勉強をするために学校へ行きたくなり、働きながらいけるコース・クラスを探していたことがあります。
2005年夏の時は、TOEICコースは週2日午前中のクラスがありました。普通の語学コースは週5日(月〜金)です。この学校自に夕方からのクラスはありませんでした。

B&Bは夏は繁忙期です。仕事は朝からなので、休みがない限り学校へは通えません。毎週決まった曜日を休むことも難しいです。
PEIで学校へ通いたいならば、夕方からの仕事を探すしかありません。思いつくのはレストランか、ファストフードか、スーパーのレジなどでしょうか。いづれもほとんど地元のネイティブスピーカーが好んで雇われるので、外国人の私たちにはちょっと難しいです。逆にそういうところで働けるならば、すでにけっこうなリスニング力・スピーキング力があるというころです。
PEIにいるほとんどの日本人はB&Bやホテルのハウスキーピングか、日本語ツアーガイドの仕事をしています。

夏、大学生が休みの間にUPEI(PEI大学)で留学生向けのコースが開講されている話は聞いたのですが、すみません、未確認です。でも、あったとしてもやはり仕事をしながらというのは難しいです。
UPEIのURLを参考までに→http://welcome.upei.ca/

代わりといってはなんですが、学生が夏休みの間に外国人とお話をしてくれるサークルというかボランティアのようなものがあります。
PEIは結局働きながら学校へ行くのが難しく、そうすると職場で日本人に囲まれた生活になることが多いです。こういう場を利用して地元の人と交流しお友達を作っていくのが一番の方法になると思います。

学校へ行っていない私が言うのもなんですが、ちょっと思うこと。
語学学校は英語が上手ではない外国人が集まる場所です。だから、そこでできる友達は英語ネイティブではないです。英語の上達に関して言うと、勉強中の学生同士で英語を話しているのでは、生の英語には触れていないと思います。
生きた英語を学ぶには現地の人と交流したいと思います。
自分の視野を広げるという点では、様々な国籍の友達ができることはとてもよいことです。だから、語学学校を否定しているわけではないのでそこは勘違いしないでくださいね。
posted by エリ at 22:30| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | PEIでの勉強。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月25日

掲示板を利用します

というわけで、昨夏PEIのB&Bで働いていたときの環境は英語の勉強には残念ながら向いていなかったわけでした。
でも、そんなことでくじける私ではなかったのです。

オーナーに相談しました。"英語を勉強したい"という人にはとても協力的なオーナー夫妻です。
そして、"ラングィッジ・エスクチェンジパートナー"を探すことにしました。オーナーに話すと張り紙をパソコンで作ってくれました。私の名前とEメールアドレスを小さくたくさん書いておき、切込みを入れておきます。すると、興味を持ってくれた人がその部分を切り取って持ち帰れる仕組みです。この切込みまで入れてくれたものを何枚も作ってくれました。
この紙を近くの大学と専門学校に張りました。

張り紙を張った一つはUniversity of Prince Edward Island→略してUPEI(PEI大学)です。ここには外国語クラスの中に日本語もあります。日本人の教授が教えています。ので期待大です。
http://welcome.upei.ca/

もう一つはダウンタウンから程近い、Holland College→ホーランド・カレッジという専門学校に張りました。とても大きな学校で校舎もいくつかあります。ビジネス・観光・ホスピタリティ・看護・調理等とたくさんのコースがあります。
http://www.hollandc.pe.ca/

張り紙はそれぞれ5・6枚ずついろんな箇所に張ってきました。基本的に張り紙を張るのは自由です。なんの許可も要りません。PEIは田舎だからか、カナダ全土がそうなのかわかりませんが、多くの人が掲示板を利用して張り紙を張ります。"ルームメイト募集""引っ越すので不要になった家具を安く売ります""ベビーシッター募集""ホームキーピングします"等々。サークルの案内やライブのお知らせなどいろんなポスターも貼ってあります。どのお知らせにもたいていビラビラ部分が作ってあって、電話番号やEメールアドレスを切って持ち帰れるようになっています。
ただ図書館は個人の用事では使わせてもらえませんでした。後に友達はダウンタウンにあるコンフェデレーション・モールというショッピング・モールにも貼っています。

けっこう連絡がくるものです。PEIは日本人観光客が多いこともあり、日本語に興味がある人も多いのかもしれません。意外と日本に行ったことがある人、知り合いが日本人と結婚した人の話も多く聞きました。

こうしてラングィッジ・エクスチェンジパートナーを見つけて、英語の勉強を始めたわけでした。身近な英語ネイティブはB&B同僚のカナダ人一人だけだったので、その他のネイティブの知り合いができたことはうれしかったのでした。

続く。
posted by エリ at 21:56| ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | PEIでの勉強。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月19日

PEIで働きながら英語の勉強を!

日本で英会話教室へ通っていて、とりあえず日常生活には困らない程度の英語力は身につけていました。わからないとことろは何度も聞き返しながらなんですが、それなりの英語力があると思っていました。
それで、経済力のこともあり語学学校へは行かないことにしました。働きながら日常生活で現地の人々と交流する中でして英語力を伸ばしたいと考えたのでした。

そこでB&Bの仕事はどうだったのか?
私が働いていたところは、日本人の従業員ばかりでした。さらに、一緒に暮らしていたのもその日本人従業員たちとなのでした。そして、仕事の内容は主に部屋掃除。
はっきり言ってカナダに居るにも関わらず、英語を話す環境ではなかったのでした。
たま〜にお客様の朝食を出すこともありました。確かにオーナーや仕事の先輩とは英語でのやりとりでした。テレビ・ラジオやお店での買い物、公的な手続き等は、英語を使うしかありませんでした。
が、こういうのってたかがしれていたのでした。身近な人と会話をしないと英会話力は身につきません。それはそうですよね。会話の勉強をするには、会話をしなければ。
結局、この環境で英語の勉強をするのは難しかったのでした。

しばらくしてから思ったことですが、大きなホテルで働けばもっと現地の人と知り合うことができて、英語を話す機会も多かったのではないかと。PEIにだって、大きなホテルの一つや二つはあります。朝食時間からの仕事は朝早くて地元に人には人気がありません。その分、英語が苦手な外国人である私たちも、雇ってもらえるチャンスが高いわけです。
現地の人と交流して英語をもっと身につけたい!方で、宿泊施設で働きたい方はすごく大きいところか、逆に英語を話すオーナーしかいない小さなところがいいと思います。

PEIの夏は日本人観光客がとても多いです。そのため日本人向けののツアーガイドの仕事やB&Bのハウスキーピングでの仕事が多いです。こういうところは当然お客様だけではなく従業員も日本人ばかりです。
日本人がPEIで見つけられる仕事はほとんどがこういうところです。それ以外は英語ネイティブの地元の人が雇われます。

PEIで勉強したいならば語学学校へ行くのが一番かもしれません。地元の人と一緒に働きたいならば、すでに勉強が必要ないくらいの英語力が必要です。
当初の私の考えは甘く、私の英語力ではまだまだ地元の人と対等に就職活動をして雇ってもらうなんてことはできなかったのでした。
PEIに、現地の人と結婚してくらしている友達がいます。もちろん毎日英語を話し、英語の新聞やラジオから情報を集めてくらしています。そんな友達でも、スーパーのレジの仕事もまだ難しいと言っていました。

私はそれでも英語の勉強をあきらめはしなかったんですよ。
posted by エリ at 23:37| ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | PEIでの勉強。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。