2009年03月07日

カナダ留学予定者さんに朗報!80名に留学奨励金1人につき8万円給付!!

日本とカナダの外交関係は1928年に結ばれ、翌年1929年に、カナダ公使館が東京に開設されました。在日カナダ大使館では、設置80年を記念して、
様々なプロジェクトやイベントを開催いたします。

その一環として、80名にカナダ留学奨励金として、おひとり、80,000円を給付いたします!!(奨励金は学費の一部として、学校に直接支払われる予定です。すでに学校に学費を納入済みの方は、学校から返金があるらしいです。)

・応募資格
1. 日本に住んでいる日本国籍の人 (年齢制限なし)
2. 2週間以上のカナダ留学を希望している人で2010年3月までに出発できる人(ワーキングホリデーで学校に通う方を含む)

・選考基準
 斬新な発想で、両国の経済交流や人的交流、共同研究等に貢献する自分の未来を想像し、エッセイを書いて下さい。そのエッセイをもとに先行して、奨励金を給付します。

・応募締め切り:2009年4月30日(木)必着
・発表:5月中旬

以上、カナダ大使館のウェブサイトからの抜粋です。
詳しくはこちらのURLからご確認ください↓↓
http://www.canadanet.or.jp/80/scholarship.shtml


少しでも節約したい留学生にとって8万円はけっこうな額ですよね!これは、今すぐエッセイを書き始めるしかない!

こういうタイミングにぶつかる留学ってすごくラッキーで幸先がいいですよね。これは神様もあなたの留学を後押ししてくれてるってことですね☆

2週間の研修から、ワーホリの方も応募可能のようです。これはますます、みんなでエッセイを書くしかないですよ!

幸運にも給付金をGETしたけど、具体的には決まっていないよ〜。っていうことになった場合には、ぜひGETTカナダ留学デスクをご利用くださいませ。
http://www.gett.co.jp/

GETTさんは、カナダ情報のメルマガを配信していて、この情報をいち早く手に入れることができたのもGETTさんのおかげなのです。

私がカナダに行ったときのこと。私はGETTに斡旋をお願いしていなかったから、もちろんお金も何も払っていなかったのだけど、メルマガ一読者として質問をしたら迅速かつとても丁寧な返事が来たのです☆それも口先ばかりではなく本当のことを話してくれるから、信頼してこうしてウェブ上でもお勧めできるんです。手を広げずに、カナダに特化しているから知識も豊富ですよ♪

メルマガの冒頭に書かれているカナダとは何も関係ない、日常日記もまた人間味があってますます親しみを持てる素敵な要因です。
奨励金のついでに、GETTさんのメルマガの詳細についてはこちら↓
http://www.mag2.com/m/0000136008.html


すごいお得情報だったので、ついつい興奮して書き込んでしまいました。これで皆さんの目標が少しでも達成できたらいいですね☆
TOEIC 140点UP!900点代取得したお話については、次回から再開します!
posted by エリ at 02:45| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | カナダへの道(準備) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月02日

2009年カナダ/日本ワーキングホリデープログラム募集開始!

今年もこの季節がやってきました。
カナダ/日本ワーキングホリデープログラムの2009年の募集が開始されました。

2009年の募集定員は10000人です!昨年は定員5000人からスタートしあっという間に締切となり、その後増員したという経緯がありましたね。それで、ついに募集定員が倍の10000人になったようですね。

カナダ人気の高まりを感じてとてもうれしく思います。そして、今まで定員で行けずに居た方たちにもチャンスが大いに増えることになりますね。自分自身がワーホリで渡航し良い経験をさせてもらったので、同じようにワーホリで渡航を希望している方のことはとても応援したくなります。

直前に大手留学エージェントの倒産というショッキングな出来事がありました。これで、業界全体に悪影響が出てしまうのはとても悲しく怖いことです。このために希望している方の夢が壊されることないように願うばかりです。

2009年カナダ/日本ワーキングホリデープログラム募集要項は下記URLからご参照ください。参加費用がかかります。書類送付先も今までと異なるようなので、しっかりと目を通してくださいね。
カナダ大使館→http://www.canadanet.or.jp/p_c/wh_geninfo.shtml

私のおすすめのカナダ専門・留学エージェントです。ワーホリサポートもしてくれますし、有給インターン付語学学校の紹介もあります。私はこちらのエージェントにはお金を払って何かをお願いすることはなく手数料等も一切払っていないにもかかわらず、メルマガ読者としてメールで質問するととても思いやりのある返答をいただきました。思いやりのあるというは、良いことも悪いことも厳しいことも包み隠さず答えてくれたのです。

まずは一つの参考として、ウェブサイトをご覧ください。
GETT→http://www.gett.co.jp/
GETTのワーホリパッケージ→http://www.gett.co.jp/SEC_WHPackage09.pdf
「大手留学エージェントの倒産について」(GETTウェブサイトより)
http://www.gett.co.jp/contents/acm.php?d=234
posted by エリ at 22:09| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | カナダへの道(準備) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月17日

2008カナダワーキングホリデー、定員間近!?

2008年のワーキングホリデープログラムが、2007年10月1日に申し込みを開始したばかりですが、
http://www.canadanet.or.jp/p_c/whp_info2008.shtml

なんと10月15日現在で定員の半分にあたる2500人の申請があったという情報があります。

残念ながら確かな情報ではないけれど、年々5000人の定員に達するのが早くなっています。

ずっと計画をたててきて、いろんなものを我慢してお金も貯めてきて、申請が間に合わずにさらに1年待つことになるなんて!! 残念すぎます。

来年2008年に渡航を計画されている方は、申請は急いだ方がよさそうです。

ちなみに、2008年は私がいたPEI(プリンスエドワード島)が生み出した”赤毛のアン”の出版100周年という記念の年です。PEIも州をあげて様々なイベントを考えているようです。

"赤毛のアン"が好きな方。作者ルーシー・モード・モンゴメリが好きな方。それとは関係なく自然が綺麗なPEIに行きたいと思っている方は絶対2008年がお勧めです。

2008年ワーホリ申請は早めが吉です!!

私もお金さえあれば来年PEIにいきたいよー(>_<)

posted by エリ at 20:11| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | カナダへの道(準備) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月02日

2008年カナダ/日本ワーキングホリデープログラム要項発表!

2008年のワーキングホリデープログラムが、2007年10月1日、昨日から始まりました!!

今回も定員は変更なく5000人。年々、定員に達するのが早まっているので、狙っている方はお早めに!!

それから、今回は若干制度が変更されています。とっても大切なので下記のURLから、確認してくださいね。

カナダ大使館
http://www.canadanet.or.jp/p_c/wh_geninfo.shtml

ワーホリにこれから行きます!
っていう話になると、3年前〜のことを思い出します。2年前の春、出国直前にはワーホリブルーとか言って、ナーバスになってました。

9月末で、カナダから日本へ帰ってきてから1年が経ちました。驚くほどあっという間でした。こうやって、少しずつ時がたって、気づいた時には昔の話で懐かしく振り返ったりするのでしょう。

振り返ったときに、
「最高だった!」
「行ってよかった!」
「あれがあるから、今の自分があるんだ!」

そう思えるような充実した時間を過ごす人が増えてくれることを願って。
posted by エリ at 20:08| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | カナダへの道(準備) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月09日

カナダワーホリ、定員まで

カナダにワーキングホリデーで滞在したい!!!
と思っている方へ。つい先月に2007年度の募集要項が出ました。そして、5000人という定員のうちすでに59%!が申し込みをしているという情報が入りました!

たったの1ヶ月で定員の半分以上の申し込みが有ったなんて、驚異の早さだと思います。これを逃したら次のチャンスは再来年です。行こうと思っている方は、1年に一度のチャンスを大切につかんでくださいね。

募集要項については先月の日記に書いています。
"2007年カナダWH募集要項発表"
http://kouhukuron.seesaa.net/article/27273847.html

それにしても、確か私は去年の3月に申し込み書を送ったような気がします。そのときもまだ定員に余裕があったと思います。年々、定員締め切りが早くなっていますね。去年は4月でしたけど、2007年の分は年が明けたら、締め切られてしまいそうな勢いですね。高まるカナダ人気に、ワーホリの枠がもっと広がって、もっと多くの人たちがカナダに行けたらいいなと思います。
posted by エリ at 20:43| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | カナダへの道(準備) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月21日

地球の裏側

カナダに来て、PEIに来て思うこと。

私は今、日本から見てほぼ地球の反対側に居ます。時差(サマーセイビングタイム)は12時間です。昼と夜は真逆です。私の故郷札幌からここまで来るには、最低でも飛行機に4回乗らなくてはいけません。へたすれば5回。飛行機を乗り換える場所ごとに時差があって時刻が変わるため、正確に何時間かかると測ったことはありませんが、PEIのシャーロットタウンから札幌までは飛行機の乗り継ぎの待ち時間などもあり、最低でも1日以上かかります。30時間くらいかかることもあります。

何がいいたいのかと言うと、私はそれほど遠いところに来てるんだなということです。
昨年も感じていましたが、何かつらいことや、失敗、災難があると、異常に落ち込んでしまうのです。きっと日本で同じことに遭ってもここまで落ち込んだり、悩んだりしないんだろうと思います。
家族が近くに居て、昔からの友達が近くにいるのと、それがないのとでは意識にはなくても精神面で大きく違うのだと実感しています。

プリンスエドワード島の人々はそれはそれは親切です。みんなフレンドリーです。カナダのほかの地域から来た人、他のアメリカ大陸から来た人も、私が出会った人はみんな島の人はフレンドリーだといいます(もちろん時には感じの悪い人もいますが)。
ここでは一度もアジア人だからといった人種差別を受けたことがありません。それ以外にも差別という話を聞いたことがありません。人によってステレオタイプを持っていますがそれは仕方がないことでしょう。

どこに居てもそこに住む人が一番大事だと思います。PEIにいる私はまったく悪い環境には居ないと思います。

それでも、日本に居る時と比べるとなんて自分は弱いんだろうと感じることが多いのです。
ただの旅行とは違う留学やワーキングホリデー等の長期滞在では、常に自分のモチベーションを保つ強い意志・気持ちが必要だなと思うのです。

特にこれから渡航しようとする方へ。本気で渡航を実りあるものにしたい方へ。強い意志と目標を持ち、それを忘れないようにしてください。この目標を掲げた時の自分の気持ちを大切にしてください。

Silver Bush
posted by エリ at 00:05| ☁| Comment(7) | TrackBack(0) | カナダへの道(準備) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月13日

航空券が安い時期の出発がおすすめだけど。

では航空券が高い夏が終わってから渡航するのは?
それも良いと思います。私が通っていた短大の留学プログラムは9月から始まっていました。参加した友達は就学中に現地の学生の友達をたくさん作り楽しんで帰ってきました。
ただ、カナダのワーホリビザは年々締め切られるのが早くなっています。そして、申請は3ヶ月前という決まりがあります。(2006年)秋〜初冬出発は申請が間に合わないというリスクがあります。

申請しておいて予定日を遅らせて出発するのは?
イミグレーションの係員しだいなのですが、ワーホリの期間が短くなる恐れがあります。係員のあたりがよければ入国日から1年間のワーホリ期間をくれます。あたりが悪ければ、申請した出発予定日から1年間の有効期限にされてしまいます。友人もこうしてワーホリ期間が短くなってしまった人がいます。せっかくビザがもったいないです。1年間いっぱいワーホリで滞在しようとしている方には、この賭けは私はあまりお勧めしたくありません。

夏ではなく冬にスキーリゾートで遊びたい&働きたい方。
こういう方は航空券が高くなり始めるぎりぎり5月頃の渡航をお勧めします。夏にカナダと英語に親しみ、友人を作り、冬に思いっきり遊ぶ。
夏に英語をしっかり勉強しておいて、秋に就職活動して、冬に働く。
これが無難な計画ではないかと思います。

いろいろお勧め時期の例を挙げてきましたが、あくまでも私のお勧めの時期です。ワーホリの目的は人それぞれです。私が例を挙げながら説明したことが、時期を設定するうえで参考になればうれしいです。

航空券は安い方がいいと書いてきましたが、夏の観光シーズンはバス代が高かったり、宿泊費が高かったり、航空券以外のものも料金はあがります。ワーホリを楽しむための大切な資金、それを節約できる部分は抑えるに越したことはないと思うのです。

最後に航空券選びのお勧めサイトです。いつもここで航空券を探しています。
総合旅行情報サイト トラベルコちゃん
http://www.tour.ne.jp/
posted by エリ at 12:00| ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | カナダへの道(準備) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月12日

PEIは夏を楽しみたい

前回、ワーホリに行くなら夏はやめてその数ヶ月前に出発しましょう。と書きました。

PEIで一番過ごしやすく、お土産屋さんがオープンし、イベントもそれなりにあり、景色もきれい、なのはなんと言っても夏です。(秋も紅葉がきれいですが。)現地の人はみんなビーチへ遊びに行きます。春がくるのが遅い分きれいな花が夏にいっぱい咲いています。PEIにはぜひ夏に来て楽しんでいただきたいと思います。

そのPEIの夏に観光業の仕事がしたい人は、夏に来ても遅すぎて仕事が見つかりません。遅くても4月頃には現地入りして職探しを始めるのがよいです。英語が話せないのも仕事を探す上で障害になります。仕事によっては英語があまり話せなくても雇ってもらえることがありますが、カナダに住んでいる以上カナダ人と英語でコミュニケイトをとる場面はでてきます。従業員は日本人ばかりでも、オーナーは英語を話す人かもしれません。そのオーナーとコミュニケイトをうまくとれないと仕事上困ることもがでてくるかもしれません。

なので冬のうちにカナダに渡航し語学学校へ行き英語力をつけておいてほしいのです。みんな雪が少ない&温かい時期に渡航したいものですから、あえてその逆の時期に行けば語学学校の日本人率が少なくなり効率の良い勉強が出来る可能性も多いのでは?(※学校へは行っていないので周りの話からの推測も入っていますが。)
夏に語学学校へ通うと、日本の夏休みとぶつかり学生の短期留学組みと一緒に通うことになります。クラスの人数も日本人の人数も多くなるでしょう。また現地の大学生もまた長い夏休み中です。現地の学生と交流できるチャンスを期待して大学併設の語学学校へ行ったのに留学生だけしかいなかった、ということもあるでしょう。

仕事探しの点でも、学校では仕事の探し方・レジュメの書き方等指導してくれます。これもカナダで初めての仕事探しの力になることでしょう。

働かない予定の人もせっかくカナダに来たのならば、現地のカナダ人と交流してほしいと思います。これにもやはり最低限の英語力と度胸が必要になります。あらかじめ学校へ通い基礎英語力を身につけておけば、現地の人と話すにも臆病にならずに話すことが出来るものです。PEIは交通機関がほとんどない街です。が、うまく現地の人とお友達になれたら車で遊びに連れて行ってもらえるかもしれません。
夏に仕事と遊びを楽しむ準備をする意味でもやはり冬から初春の渡航をお勧めします。

英語力はすでにあるしいきなり夏に行って楽しみたい!と言う方もいるかもしれませんが、航空券の高さからお勧めしません。航空券の高い時期に出発しビザ期限の1年いっぱいいたとしたら帰りの時期も航空券が高くなります。航空券をチェックしていると今年2006年の場合は6月2日から航空券が高くなりまじめます。やはりおそくても5月までの渡航をお勧めします。
posted by エリ at 16:20| ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | カナダへの道(準備) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月10日

お得な出発時期

前回ワーホリビザ締め切りのお知らせを書きました。
今ビザを手にし、出発前にどきどきしている方が多くいることでしょう。来年の渡航目指して準備されている方もいることでしょう。今日は有効に1年を過ごすうえでのお勧めの出発時期について書きます。

それは滞在方法によって大まかに2つ、PEIで働くことを念頭に話してみますね。
まず語学学校へ行って英語力を身につけたい方は、冬の渡航をお勧めします。
1月か2月に渡航→2〜4ヶ月勉強(学校はどこの地域でも)→春に学校にお手伝いしてもらいながら仕事探し→夏、憧れのお仕事。あとは秋に紅葉を楽しみながら旅行もよし、カナダのクリスマスを満喫するもよし。

私はすでに多少の英語は話せます→最初から働いたりしたいことを思いっきりするわという方は、春先に行くことをお勧めします。3月、4月が仕事を探す時期になります。それ以降は運がよくないと難しいです。

一番お勧めしないのは夏です。まず簡単な理由は交通費が高いからです。6月に入ると飛行機代はあがり始めます。飛行機代を上手くうかせば往復10万近くも節約ができるかもしれませんよ。

この時期設定はどうしてか?
は長くなりそうなのでまた次回から書きます。
posted by エリ at 01:14| ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | カナダへの道(準備) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月07日

カナダワーホリビザが締め切られました

残念ながら早くも3月末にカナダのワーキングホリデービザが締め切られたようです。私がお世話になったウェブサイト"ワーキングホリデー同窓会"(http://www.wh.assoc.jp/)では3月24日に発表していました。
カナダのワーホリを扱っているのは在日カナダ商工会議所(http://www.cccj.or.jp/jwhp.htm)で、ここでもしっかりと「定員に達した為、締め切りました」と書いてあります。

カナダにワーホリで行けるのは1年に5000人。私の記憶が確かならば昨年は5月末に定員になったと思います。それが今年はたった3ヶ月あまりで5000人という人数に達したのです。すごく早いです。間に合わなかった人たちが翌年に応募していき、年々早まっているんだと思います。。人数の枠をもう少し広げてくれたらいいのになって思います。

こんなに人気があるカナダワーホリ。今ビザを手にしている方は選ばれた5000人。今年行きたかったのに、申請が間に合わなかった人は多く居ると思います。昨年に間に合わなくて1年待った方もいるんじゃないでしょうか?このせっかくのビザを有効に使い、有意義に時間を過ごしていただきたいと思います。
posted by エリ at 22:30| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | カナダへの道(準備) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月01日

カナダに行くならば、お勧めエージェント

私はワーキングホリデーに行く際に、エージェントを利用せずに自分で手続きを行いました。インターネット様様でした。周りに経験者がいて実際に話を聞くことができたことも心強かったりしました。その節はありがとう☆→友人へ。
カナダで知り合った友人も利用していたのは、半分かそれ以下でしたね。ホームスティをし、学校へ通っていた子も自分で手配したと言っていました。
やろうと思えば、けっこう自分でできるものです。お金もその分滞在費にまわせますしね(^^)v

ただ、安心感を求める方や仕事が忙しくて準備する暇がない方などエージェントにお願いしたいという方はいますよね。どうせ、お願いするならば高いお金がかからず、誠実な会社にお願いしたいと皆さん思いますよね。

そこでお勧めエージェントがこちらです。
GETT カナダ留学デスク →http://www.gett.co.jp/
このコンサルタントの方が発行しているブログがあります 
http://plaza.rakuten.co.jp/gettcanada/
さらにこのブログの内容をメールマガジンとしても発行しています。
登録はこちらから→http://www.mag2.com/m/0000136008.html

私はエージェント利用していないと書きました。ハイ、していません。その代わりと言ってはなんですが、こちらのメールマガジンを読んでいます。毎日、カナダ各地の語学学校の新情報を教えてくれます。読者さん等の質問を利用して、多くの人が疑問に思うことについても回答してくれます。こちらの情報がとても助けになりました。
読者として何度か質問をしたことがあります。私はこの会社を利用しているわけでもないし、語学学校の手配をお願いするわけでもなく、会社の利益がからみそうもありません。そんな私に対しても、迅速で的確で思いやりのあるメールを送ってくれました。実際にカナダへワーホリへ行った友人もこちらのエージェントを利用していました。

ウェブサイトを見ると、カナダの語学学校情報がびっしりです。地域別にと、学びたい分野別になったものとがあります。カナダ専門なのでより内容の濃い情報を集めることができるんですね。
メールマガジンの冒頭にこちらのコンサルタントさんの一言が書かれています。カナダには関係のない日常の生活についての日もありますが、そこからこの木村さんの人柄が表れているようです。生徒さんのことを考えてくれるあまりにときにはするどいことも言ってくれます。それがまた一人一人に有意義なカナダ生活を送ってもらいたい気持ちの表れだと思います。
会社は京都ですが、よく出張カウンセリングを行い全国各地へ来てくれています。どうせお金をかけてお願いするならば、誠実なところにお願いしたいものです。先ほども書きましたが、あまい気持ちに厳しいです。本気で何かをしたい方に、お勧めのエージェントさんです。

posted by エリ at 23:51| 🌁| Comment(2) | TrackBack(1) | カナダへの道(準備) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月01日

海外旅行保険

最近、海外旅行保険が切れたので、かけなおしました。
カナダに来るときに、どのくらい滞在するかわからなかったので短めに保険をかけておいたのです。それが切れてしまいました。

でもあせることはありません。カナダから保険がかけられて、インターネットから申し込みが出来る、かつプランによっては1日$1.60〜ととっても安い保険があるのです。

リンクもしている"カナダ留学バンクーバー留学の費用を半分にする方法"のサイトで紹介されていました。http://www.hpcanada.net/

それは"ブリッジス・インターナショナル保険事務所"という会社の保険。
最短10日間から保険がかけられます。金額は1日単位。先ほど書いたとおり、プランと年齢により$1.60〜$6.00(カナダドル)という金額設定。ファックスが使えれば、すぐにでも申し込みができます。時間がある人はインターネットから申し込みができます。
条件(とっても簡単)を満たしていれば、出身地以外の国への旅行期間も保障してくれます。

詳しいことはこちらのサイトを見てみてください。
ブリッジス・インターナショナル保険事務所→http://www.iiacanada.com/j/visit.html

予定外に長く滞在してしまったり、早く帰国することになったり、ワーホリや留学は何が起きるかわかりません。カナダからかけられる保険、うまく利用すればお金の節約になりますね。

posted by エリ at 20:43| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | カナダへの道(準備) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月31日

マイレージカード 2

エア・カナダはスター・アライアンスというグループに加入しています。せっかく同じくこのグループに加入しているANAのマイレージカードを作ったけれども、エア・カナダのマイレージが貯まらなかった話をしました。どうしてでしょう?

続きを読む
posted by エリ at 17:10| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | カナダへの道(準備) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月30日

マイレージカード

前の話になりますが、カナダに来る直前に急いでマイレージカードを作りました。
カナダの主要航空会社はエア・カナダ(Air Canada)。エア・カナダはスター・アライアンス(Star Aliance)という世界規模の航空会社同士のグループのひとつ。スター・アライアンス加入している航空会社のマイレージカードを持っていれば、他の航空会社を利用してもマイレージが貯まるのです。このワーホリの旅で、地球半周した私。マイレージを貯めるには絶好のチャンス、むしろ貯めないと損です。

と言うわけで加入しました。日本にもスター・アライアンスグループの航空会社があるのです。

続きを読む
posted by エリ at 21:17| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | カナダへの道(準備) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月26日

国際免許を取ってきた。

おっくうがってた作業のひとつ。国際免許証を申請してきた。
行ってみたら簡単だった。そしてすぐにできた。

準備しているなかで、やる前は面倒だけどやってみたらなんてことはなく簡単だった、というものがいっぱいある。

怠けないでやれ!私。
それだけなのね。しみじみと思いました。はぁ。続きを読む
posted by エリ at 23:52| ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | カナダへの道(準備) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月30日

WWOOFの登録

WWOOFとは
金銭のやりとりなしで「食事・宿泊場所」と「労働力」を交換するしくみです。(WWOOF Japanより→http://www.wwoofjapan.com/japanese/index-j.shtml)

有機農場や牧場、B&Bなどでの仕事、自宅の掃除やベビーシッターなどなどしながら言わば住み込みで働かせてもらうようなものです。WWOOFに働き手として登録すると同じようにホストとして登録しているところで働かせてもらえるようになります。
お金のない貧乏さんなアタシはWWOOFを利用しない手はありません。しかも、とりあえずは雇い主の方とは知り合いになるわけだし、1件にWWOOFer(WWOOFする人)も一人とは限らないようで、自分と同じような仲間とも知り合えそうじゃないですか☆ 
もちろん、食事・宿泊場所を提供してもらえるだけ働くわけだから楽ではないようで、なめていくと大変なことになるとか。。ま、学生の頃から働きまくっていた私だからなんとかなるだろうと、ん?これってなめてるのかな?

WWOOFに登録するとホストのリストがもらえます。気に入ったホストが見つかったらWWOOFに頼んで連絡してもらうか、自分で直接お願いするかどちらかの方法があります。

日本のWWOOFなら自分で電話してお願いするのはなんとかなりそうだけど、カナダのWWOOFに自分でお願いするのは・・・もちろん英語、きつそうですよね。
でもこの違いで登録費が変わってくるのです。自分でお願いするなら(DIYと言う)○千円ですむところが、WWOOFに手配までお願いすると○万円になります。料金はそれぞれの国や登録方法で微妙に変わるので自分で確認してください。http://www.wwoofjapan.com/japanese/register-j.shtml

私が選ぶ道はひとつ、WWOOF登録だけしてリストをもらって後は自分でGO!(こんな表現しない?) 
ってわけでDIYで登録したのでした。WWOOFは様々な国にあるけれど、それぞれ独自の組織になっているので登録先も各国へとなります。WWOOF Canadaに直接もいいけど、登録は日本語のサイトからでもできます。
登録だけは日本語でしました。登録費の支払い方法もいろいろあるけど面倒なのでクレジットカード払いにしました。全部PCの画面上でできてしまう。ん〜、便利な世の中になったなぁ。
けれど、このためかなんだかよくわからないけど登録に少しだけ時間がかかることになった。

続く。
posted by エリ at 01:29| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | カナダへの道(準備) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月23日

航空券の予約

やっと2週間くらい前に格安航空券を探し出し、予約しました。
私が予約したのは、330日OPENチケット。成田→トロント(シカゴで乗り換え)・帰りはこの逆で、料金は11万5千円でした。これに空港使用料とか出入国税、灯油付加特別料金ていうのが加算されます。
乗り換えは嫌だったけど値段に負けました。なんとかなるでしょうっと楽観視してます。

ネットで予約したらすばらしく迅速に回答が来て、郵送で予約確認書や請求書なんかが届きました。「素早くて素晴らしいわ♪」と感激していたところ大変なものを発見!?
なんと私の名前が間違っているじゃないですか!!!
これじゃぁVISAの申請に使えないじゃないですか(TOT)
すぐにメールでこのことを伝えて、出来れば速達で訂正して再送して下さいっと送りました。申込金もすぐに振り込みました。

ところがあんなに迅速だったのに今度はなんの便りもありません。そうして1週間もただただ待ってしまいました。イライラが限界に来そうだったからご立腹メールを送りました。
「再送をお願いしたのに何の返事もない。どういうことだ!!」っと。送信して少し気が落ち着いてからふと思いました。まさか私がお願いメールを送信していないってことはないよね??
おそるおそる送信メールのフォルダを見ると、このメールがない。
・・・・・・。
下書きのフォルダを見ると、あぁぁ残っているじゃないですか。完成されているのに送っていないメールが・・・・・。ごめんなさい。
すぐに謝りのメールを送り、お願いしなおしました。するとすぐに返信があり、その日のうちに速達で投函してくれたということでした。
そうですよね、やっぱりお願いすれば迅速に対応してくれますよね。とってもごめんなさいでした・・・。もっと落ち着いて行動せねば。だって、メールを送ってもいないのにひたすら1週間も再送を待っていたんだもの。なんて時間の無駄だったのでしょう。

まだ、届いていませんが今度はまもなく届くことでしょう。
これが到着したらついにVISAの申請です。許可が下りるのかとっても不安なのですけれども、こればっかりは申請してみないとはじまらないものね。
「地球の歩き方」なんて買って気分は盛り上がってるんだけどなぁ。。
posted by エリ at 21:14| 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | カナダへの道(準備) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月24日

やっと、パスポート申請

のん気過ぎの私がやっと1週間前、1月18日にパスポートを申請してきた。

用意していったのは、戸籍抄本・証明写真・官製はがき・免許証・印鑑。写真はスピード写真で撮りました。プリクラみたいに何枚か撮ったのを自分で好きなの選べるからいいですね。
私はちょっとだけ迷い10年用を申請しました。迷ったというのは5,000円ぽっちりケチろうと思ったからなのですが・・・(-_-;; それはケチりすぎなので、潔く10年分で。

以前にパスポートを発行したことがある人はその番号を記入する必要があったようです。10年前に発行し何年も前に期限が切れたパスポートがあったのに、忘れてしまい番号がわかりませんでした。ちょっとあせりましたが、発行したことは「ある」にチェックだけし番号は気にしないことにして申請書を持っていきました。通ったようです。ほっ。。
申請出来る日が平日の昼間ってもう少し考えて欲しいです。公務員だったら永遠に申請できないんじゃないの?? 私もやっと見つけた平日の休みにやっとこ申請したのでした。

明日が出来上がっているはずの日です。明日は1万5千円の印紙を買って取りに行きます。ちょっぴりドキドキ。このときに持っていく住所確認のはがきは申請した日の翌日に届いていてビックリしました。時間も前日の夕方ぎりぎりだったのに。

パスポートを取得したら、WWOOFに登録して現地での最初の滞在地探しの始まりです。
posted by エリ at 22:59| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | カナダへの道(準備) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月29日

貧乏さんの滞在方法

具体的にはカナダでどうやって生活しよう??しつこいけれど、残念ながらお金に余裕はない。学校には行かない。ホームスティなんてもっとも高くなる方法はとりたくない。 けど、知り合いもいない。仕事もない。何から始めたらいいのだろう?
そこで見つけたのがWWOOFだ。
http://www.wwoofjapan.com/続きを読む
posted by エリ at 22:58| ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | カナダへの道(準備) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月27日

ブログを始めたきっかけ。

お気づきの方もいらっしゃるとは思いますが、はっきり言ってアタシはブログ初心者です。インターネットはもっぱらサーフィンして他の方のを見るのが専門でした。
PCについても家庭で家族がセットしてくれているものを使うだけでした。わからないことがあれば家族を呼び教えてもらって(やってもらって?)解決。
だから、全然わからない人なわけです。
なぜそんなアタシが悪戦苦闘しながらブログを始めようと思ったのでしょうか?あるHPがきっかけでした。続きを読む
posted by エリ at 23:43| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | カナダへの道(準備) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。