2007年03月29日

"Harry Potter"を今更ですが読み始めてみた

今年の7月21日にハリポタの完結編が出ますね。

だからって言う訳じゃないのだけど、今更ながらハリポタ1巻"ハリー・ポッターと賢者の石"から読み始めています。読んでいるのは洋書のUS版で、最近やっと1巻を読み終わりました。いやぁ、面白いっすね!実は、あんまりハリーポッターに興味がなかったんですけどね。

ハリポタ1の映画の公開初日に見に行ったことがあるんですが、バイトで疲れていた後に見に行ったのと、時間が遅かったのとで半分以上は寝ちゃったんです(--;; 私が映画で寝るなんて珍しいのですよ。
起きてたときに見たシーンもなんだか子供っぽく感じて、それっきりあらためて見直そうとは思わなかったのです。それからもう6年以上たちますかね。

ハリポタの洋書は子供向けの本だから英語の勉強にいいよと誰かにすすめられて、Amazonで4巻セット(当時は4巻まで出ていました)で安く売っていたから買って持っていました。それが1ページで挫折。
「どこが子供向けで簡単なんだ!」
まぁ、私の英語力がネイティブの子供レベルもなかったということなんだけど。Amazonによる対象年齢は「9-12歳」・・。読んでもいないのに5巻が出たら買い足して、そのまま私の棚の飾り物と化していたのです。

それからまた何年もたち、カナダに渡航なんかもして、だいぶ自分の読解力もついたんじゃないかなぁ、と久しぶりに取り出して読み始めることにしたのでした。そうしたら、面白いじゃないですか!!まだまだ辞書なしで100%理解とはいかないけど、楽しく読み進められるくらいはできるようになっていたし。とっても今更だけど、2巻、3巻・・とはまって読んでしまいそうです。

ところで、今日知りましたが、UK版とUS版と1巻のタイトルが違うのね。
UK版(原書) "Harry Potter and the Philosopher's Stone (UK) (Paper) (1) "
US版  "Harry Potter and the Sorcerer's Stone (US) (Paper) (1)"

このタイトルは本文にも登場します。ってことは、イギリス英語から、アメリカ英語にちょっと書き換えられてるってこと!?普通、小説ってそういうことするの??イギリス英語から、アメリカ英語への翻訳???
同じ英語でも国によって話言葉が違ったりします。けど、お互いに誇りを持っているはずだから、英語を英語が話せる国へ輸出するときに書き換えるとは思ってもいませんでした。実際、どうなんだろう。

本当は原書であるUK版が欲しかったのだけど、安いからという理由でUS版のペーパーバックを買いました。せっかくなら同じ書版でそろえたいから、6・7巻もUS版を買うと思います。が、UK版も興味が出てきたな。お金と時間に余裕があれば読み比べて見たいなぁ。
posted by エリ at 14:29| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 英語学習法。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
えり、かっこよすぎ・・・
北斗には、ばりっばり話せるようになってほしいんだあ。
だからね、もう始めてるんだよ☆英語
まあ、今はまだ聞き流してるだけだけどね。
3ヶ月くらいからずうっと聞き流し。
だからかな、りんごはアッポー,風船はバルーンて言うよ。
look upって言うと、見るよ☆
Posted by ともこ at 2007年03月30日 01:48
>ともこさん
北斗くん、すごいですよ!!
今のうちにたっぷり英語を聞かせてあげたらいいですよ!聞き流しで十分。
そのうちに突然、英語の文章で話し始めるかもしれませんよ(^^)v 
その頃までには、私もばりっばり話せるようになって、教えてあげられたらいいですね☆
Posted by Eri at 2007年03月30日 13:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。