2009年02月01日

ワーホリで役に立った英語学習教材 その2

七田式 英語教材 生活基本文カード

日常の動作を説明するのに役に立った教材です。名前の通りCDには生活の基本動作を表す英文が吹き込まれています。

「起きる」「朝食を食べる」と言った簡単な言葉から始まります。そして、子供の頃の動作から始まります。

「ボタンをしめる」「ズボンをおろす」「顔を洗う」「歯を磨く」「遊ぶ」「庭に水をあげる」「ママを手伝う」「味噌汁を注ぐ」「ケーキを作る」「材料を混ぜる」などと続いていきます。結構細かい動きの文章が登場するので、これもまた「簡単だけど、どう説明していいのかわからない!」という場合の表現に役立ちます。

私が持っているのは音源だけなので、実を言うとカードがどういうものなのかわからないのですが、絵と文章がついているようです。こういう音源教材がある場合にはシャドーイング がお勧めです。シャドーイングをしたとすれば、目と耳と口といろんな感覚を使って覚えることができるので非常に良い教材になります。新しいものを覚えるときには、視覚を使ってイメージで意味を覚えることは効果的です。

大人にも良い教材ですが、かわいらしい絵が描かれているので子供の英語教育にも良いと思います。「こどもに英語を学ばせたいけど、何を使えばわからない」という人は、こちらを見てみてください。親子で一緒に英語の勉強ができるなんて考えるだけで楽しいですね^^

posted by エリ at 23:13| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語学習法。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック