2010年01月10日

どうして"a"ではなくて"an"なのですか?

昨年末にちょっとした事情で3〜4か月だけ人に英語を教えていました。

私は正式に英会話教授法を学んでいないから、自分が英会話教室でどうやって教わったかを思い出しながらのレッスンでした。

生徒さんは2組いてどちらも初心者さんたち。
とはいえ思わぬ質問が飛んできたりで、よく耳にする「教える方も勉強になる」を実感しました。

一つ面白かった質問です。
「どうして"MP3 Player"の頭につくのは"a"ではなくて"an"なのですか?」

ずっと英語を学んできている私は、この感覚が染みついているから、改めて聞かれると面白かったのです。
ネイティブの先生に聞いたときには、当たり前の感覚すぎて質問の意図すらあまり理解されなかったそうです。

でも、あまり英語を勉強してこなかった方にとっては不思議に思えることだったんですね。

これを読んでる皆さんは理由がわかりますか?

せっかくなので解説します。
というほどのものではありませんが。


まず、不特定のもので数えられる名詞の頭には"a"か"an"がつきます。
ちなみに「不定冠詞」っていうんですけども、
ではどうやって使い分けるのか。

基本的には"a"をつけます。
ただし、名詞の最初の発音が母音のときには"an"をつけるのです。

例)
a dog(犬) a woman(女性) a book(本)
an apple(りんご) an orange(みかん)

ここでひっかりやすいのが、あくまで発音ベースということです。スペルでは母音で始っていても、発音が子音なら"a"がつくのです。

例)a European(ヨーロッパ人) a one-man show(ワンマンショー)

逆にスペルでは子音で書かれていてもサイレントで読まない場合は"an"がつきます。

例)an hour(1時間) an honor(光栄)

さらに、略語でも発音は母音で始って入れば、最初のルールに従って"an"がつきます。生徒さんが質問していたのはこれにあたります。

例)an MP3 player(MP3プレイヤー) an SOS(避難信号)


おわかりいただけましたでしょうか?
質問があればコメントくださいね。なんてw

とても勉強になった数か月でした。
posted by エリ at 02:10| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語学習法。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月02日

2010年は、もっと勉強!

大変ご無沙汰してしましました。

あけましておめでとうございます。

昨年後半は全く更新できないまま年が明けてしまいました。
時々チェックしてくれてる方もいたと思います。申し訳ないです。

2009年はとある理由により現在の本業に良くも悪くも尽くそうと決めていました。そうして、自分なりに精いっぱい頑張ったと思うので、ここらで自分自身に立ち返りたいと思います。

今年はもっと自分がしたいことに時間を使うぞ!

さて、ここで昨年の反省会。
2009年の具体的な目標は・・・
1.英検1級合格
2.TOEIC自己最高の930点以上取得
3.環境社会検定(eco検定)取得  でした。
2009年の目標

2.はうれしいことに達成しました★935点!
ほんの5点だけど、930点以上取得には違いありません。ヨカッタ♪

あとはできませんでした。。英検もeco検定もそもそも勉強をほとんどしなかったので、受験もしませんでした。

というわけで
2010年の具体的な目標です。
1.英検1級合格
2.環境社会検定(eco検定)取得 

その他・・
1.読書たくさん
2.翻訳の勉強する
3.規則正しい生活をする。

そして昨年に引き続き、前向きな言葉を心がけたいです。
昨年は前半戦は良かったけど、後半忙しさが増すにつれ心の余裕がスッカリ無くなっていました。これじゃぁいけません。

今年は、心の余裕がなくなったら休憩。
そうして良い気持ちで良い言葉を言っていられるようにしたいです。

さらに、ecoに関してちょっとした挑戦を考えています。友達からのアドバイスがきっかけなのですが、これについてはまもなくお伝えできると思うので報告を待っていてくださいね。

今年は英語を含めて文化的な年になりそう♪いろいろと書かせてくださいね。

そういえば、ごく最近ですがTwitterを始めました。映画感想記の姉妹ブログとも連動しています。こちらでは、気軽につぶやいていますので良ければチェックしてくださいませ。

では今年もよろしくお願いいたします!
posted by エリ at 02:06| 🌀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(ワーホリ後) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。