2008年02月11日

香港日記2日目後編 A Million Dollar Night View

日本を発つ数日前にネットで香港のことを調べていましたら、こんな書き込み発見しました。

"夜景は真っ暗になってからもいいけれど、夕方、山頂から日が暮れていく様子を見るのが一番きれいだ"

なるほどと、香港に到着した1日目にホテルに向かうバスの中でバスガイドさんに日没の時間を確認してました。教えてくれた時間6:40〜7:00p.m.に夜景を見ようと思い、それまでの時間と思って蝋人形館でのんびり写真を撮っていたのでした。

ところが、外へ出ると日はとっくに落ちて暗くなり始めていました。まだ6時前だったのに…。早くもサンセットを見る野望は崩れました。ガイドさん頼むよ・・・。

それでも、夜景は見れるからヨシとします。友人に勧められた夜景が見えるレストラン"カフェ・デコ"が入っているピーク・ギャレリアというショッピングモールへ移動しました。

まず、Hollywood Cafeのショップでお遣い。あまりHRCグッズに詳しくない私は若い北米人の女性店員さんに尋ねたりと、英語でちょっとしたコミュニケーションをとりました。腰が変に低いことなく、自然な雰囲気で話せる北米の店員さん、好きです☆ 

それからすぐにカフェ・デコを見つけました。入口のウェイトレスさんに時間制限つきで1つだけ空いていた夜景が見える席へと案内してもらいました。夜景タイムは予約でいっぱいみたいだったみたいです。

外が真っ暗になると、照明は最小限におとされ各テーブルのキャンドルに灯がともりました。あぁ、一人でいる私にはムード満点すぎです!けれど、旅の恥はかき捨てと開き直って、テーブルから見える外の景色を撮っていたら、ウェイターさんに声をかけられました。そして、一人で微笑む私を撮ってもらってしまいました…(^^;)

店のメニューは北米風(ハンバーガー、サンドウィッチ類)、英国風(フィッシュ&チップス)、パスタ、ピザ等と様々です。その中から中国っぽいものをと選んだのは"Stir- Fried Hookien Noodle(福建炒麵)"=中国焼きそばでした。それから勝手にソフトドリンクと決めつけられて勧められたマンゴーベリー・マニアックというジュースを頼みました。

炒麵には北京ダックが添えられていて美味しかったです!ドリンクは、ベリー系果物とマンゴーのスムージーで、これまたおいしかったです☆

すべてやっつけたところで、ウェイターさんが次のドリンクはいかがかと聞きにきました。一人だし、いっぱいでやめておこうかとも思ったけれど、迷った末に "Salut Beaut(??)"というカクテルをオーダー。ラムベースの、木イチゴクリーム、レモンジュース、イチゴなどが入ったカクテルでこれも美味でした(*^^*)

窓の外にテラスがあり夏はオープンカフェもやっています。このテラスに出ることができました。夜風は寒かったけれど、素敵な夜景をのんびりと楽しむことができました。

a million dollar night view 1.jpg

ここで南米人(かな?)のカップルが仲良く写真を撮っていました。親切な私は(笑)自分から声をかけて、夜景をバックに2ショット写真を撮ってあげました。立ち去り際にデジカメの画面を除きながら「これはいい写真ね」と言っているのが聞こえてきて嬉しくなりました(^^)

一人でいることを除けば、料理もドリンクもおいしく、雰囲気もよく、夜景も見れて良い時間が過ごせた素敵なレストランでした☆友人には教えていただいて大感謝です。

ただ、ちょっと高かったです。料理一品(量は多くないです)、ドリンク2杯で304HKドル=約5000円!! カードで精算し、チップにと20HKドル紙幣をテーブルに置いてきました(これはカナダで覚えた簡単なチップの残し方です)。

さらにおまけの話。テーブルに案内されたときに、手荷物を向かいのイスに置き、ウェイトレスさんに「忘れないでね」と言われていました。それをすっかり忘れていて、テーブル会計した後にテラスへ夜景を見に行きそのまま帰ろうとしていました。店を出る時に同じ店員さんに声をかけられて恥ずかしかったです(苦笑)。それは買ったばかりのチャイナドレスだったから、ちゃんと預かってもらえてありがたかったのですが。

このショッピングモールの裏側からも綺麗な夜景を見ることができました。お金を払って登れる展望台もあるけれど、ここからでも十分だと思いました。
一人で来ているよいところですが、飽きるまで、寒くなるまで、満足のいくまで眺めていました。ちょっともやがかかっていたので、100万ドルとは言えない気がしましたが (笑)綺麗な夜景を堪能しました。

登ってきた同じ路面電車で下ります。中国の適当差というかなんというか。登ってきた電車は当然山の上の方を向いていますが、下りでも車両は方向転換しません。つまり、後ろ向きに降りて行きました。ちょっとウケタ(^^;) やっぱり首こりさんにはこたえる急な斜面でした。

香港島からホテルがある九龍半島へ戻るのに、またフェリーに乗りました。フェリーからは両サイドの岸にならぶビルのネオンがとてもきれいに見えました。フェリー代はほんの50円くらい。これで湾からきれいな夜景が見れるんだからお得だと思います。香港に来たら、この50円夜景もお勧めします。

最後まで夜景を堪能して、忘れかけた(笑)チャイナドレス片手に、クリスマスのイルミネーションが綺麗な道路を通り良い気分でホテルへ戻りました。

浴槽にラベンダーの香りがするバスジェルを入れ、泡ぶくぶくのお風呂で2日目の疲れを癒しました。

ホテルには、ベッドのサイドテーブルに一かけのチョコレートが置いてあります。これをいただき、ラベンダーのいいにおいに包まれて眠りに就いたのでした。

a million dollar night view 2.jpg
posted by エリ at 22:12| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 香港日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。