2007年02月20日

プリンスエドワード島

PEIはとっても綺麗な場所です。昨日も書きましたがとっても田舎です。ちなみにPEIはカナダで一番小さな州です。その州都ももしかしてカナダで一番ちいさい州都なのかもしれません。

その代わり、自然が本当にとても美しいです。PEIの写真を見せると「写真撮るの上手だねぇ」と言われます。でも、謙遜でもなんでもなく私の腕は関係ありません。PEIがとても綺麗なところだから、誰が撮ってもきれいな写真ができるのです。

自然の色が濃いのです。木々や葉の緑。海・川・湖・空の青が本当に青い。花々の色がどれも鮮やか。赤・ピンク・黄色・水色・紫・オレンジ・・・。そして、PEIを特徴づける赤土。文字通り赤い土です。雨に濡れるとびちゃびちゃして通りにくいらしく、公道はだいたいアスファルトで舗装されていますが、そこをすこし離れると舗装されていない赤い道に出ます。

空からみるとこうした色のコントラストがとてもきれいでしょうね。私の故郷北海道は美瑛に「パッチワークの丘」と呼ばれる場所がありますが、PEIも同じように「パッチワークの丘」と呼ばれているようです。島のパッチワークキルトも有名ですしね。本当に毎日、それは綺麗な夕焼けを見ていました。日本に帰ってきてから、時々あの夕日を懐かしく思います。

PEIにはたくさん日本人がいますか?
→夏になると日本から観光客が多く来ます。町で見かけるアジア人はほとんど日本人と思って間違いないでしょう。なので、島の人も日本人慣れをしています。日本人に人気の理由は「赤毛のアン」です。

夏は観光客向けの仕事をしながら住んでいる日本人がそこそこいます。ダウンタウンの図書館に行くと必ず日本人が何人かはうろうろしています。

ダウンタウンには島に数少ない語学学校があるため、学生もそこそこいます。

冬になると、留学生・ワーホリメイカーはほとんど居なくなります。冬は島の地元民にとっても仕事が少ないし、観光する場所もめっきり減ってしまうためです。

PEIの人口は12〜13万人。州都シャーロットタウンの人口は3万人ととても少ないです。日本人はグループ行動が好きな人種なので、PEIでも日本人グループが存在していました。主に観光ガイドさんたちのグループでしょうか。

私はもともと女の子が好むグループ行動が好きではないので、わざわざカナダに来てまで日本人同士で行動したいとは思っていませんでした。ルームメイトとか、同僚とか、ある程度おつきあいはしていましたが、上に書いたグループの人たちと仲良くはしていませんでしたね。

島で会った日本人のお姉さんは、過去にダウンタウンの語学学校に通っていたそうです。学校でも日本人は集団行動が好きだったようですが、このお姉さんもそういう集団行動が苦手であまり一緒に居なかったと言っていました。

誤解されると嫌なのですが、グループ行動を否定しているわけではありません。ただ私が苦手なだけです。

PEIで日本人の友達を作って一緒に遊びたいと思う人は、困らないと思います。

せっかくだから、地元の人と仲良くなりたいと思う人には、ちょっと大変かもしれません。田舎なので、あまり交流できる場がないのです。でも、できないことはありません。どこでもそうですが、積極的に地元のサークルに参加したり、習い事を始めたりするといいと思います。

私は一度だけInternational Partyに行きました。そこで中国人の女の子とお話したりしていました。定期的に開かれているようなので、そのたびに顔を出すようにするといろんな国のお友達が出来ると思います。私ももう少し積極的に動けば良かったとちょっと残念です。

島の人はみんな親切です。道でちょっときょろきょろしていると、すぐに「どうしたの?」「どこに行きたいの?」と声をかけてくれます。よく聞く、道案内の代わりにお金を取られたり、なんてまずありません。みんな親切心から声をかけてくれるのです。

本当に素敵な島でした。夜遅くに出歩かない。夜に公園に行かない。とか、最低限のことに気をつければ、とても安全で平和な町です。私の故郷札幌よりは間違いなく安全なところでした。なので、心配するであろう家族も安心だと思います。基本的にカナダはどこも安全ですけどね☆

都会好きな方に長期滞在はお薦めしません。きっとショッピングが恋しくなってしまうでしょう。けれど、ある程度の期間、デパートなんてなくても生きていけるわ、という人にはPEIはとってもお薦めの島です。

どんな人も短期の旅行なら楽しめるでしょう。人生に一度は訪れてほしい。そういうところです。

PEI from the Sky.JPG

↑ここをクリックすると大きい写真が見られます。
posted by エリ at 21:44| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | PEI での仕事。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月19日

B&Bの仕事、PEIでの仕事

以前に「PEIでの暮らし」と題して、PEIのB&Bでの仕事・生活について少し書いたことがあります。
http://kouhukuron.seesaa.net/article/16743789.html#comment

このB&Bでの仕事についてもう少し詳しく聞きたいというコメントをいただいたので、それに出来る限りお答えしたいと思います。長くなりますが、質問されている方が急いでいるようなので一気に書いてしまいます。どうぞおつきあいください。

質問その1
従業員は何人くらいですか?
→日本人4〜5人。地元のカナダ人1人。+オーナー夫婦。息子がたまにお手伝いします。

質問その2
仕事のメインは清掃、食事準備ですか?
→全員がする仕事は清掃です。ベッドメイキング。客室のお風呂トイレ掃除。客室部分の掃除機かけ。家具のふき掃除。
家の廊下の掃除機。家具、階段とその手すりのふき掃除。

ほぼ決まった1〜2人が+シーツ・ぞうきんの洗濯。シーツのアイロンがけ。

それからカナダ人従業員と+1〜2人(ほぼ決まった人)が朝の朝食提供のお手伝い。

質問その3
B&Bの仕事内容はお客様とたくさん接する事が出来るのですか?
→残念ながら、朝食提供お手伝いに任命されないとお客様と接する機会はあまりありません。任命されれば、ほとんど毎日お客様と少なからず交流する機会ができます。その代わり朝はみんなより早起きになります。

任命されるポイントは、まず日本従業員の中で一番英語ができること。そのことと朝食サーヴしたいことを、オーナーの奥さんにアピールしておくこと。これ大事です。オーナー夫婦はやはり外国人。アピールしたり積極性のある人が好きです。そういう人の方がお客さんと話すのも積極的にしてくれそうですしね。これに任命されれば、朝は早くてもお客様との楽しいひとときを過ごせるでしょう♪

質問その4
仕事の掛け持ちはできますか?
→仕事は基本的に8時or9時〜2時までです。忙しい7月・8月は3時終わりになることが多いです。午後は空くので、時間のことだけ言うと掛け持ちは可能だと思います。

質問その5
他の仕事を見つけるのは難しいですか?
→英語力にもよりますが、夏に仕事を探すのは正直なところ難しいと思います。

ネイティブの英語をほとんど聞き返すことなく理解できる英語力があれば、ファストフードやスーパーのレジの仕事が見つかるかもしれません。
でも、時期がちょうど学生の夏休みとぶつかります。学生たちは夏休みにここぞとばかりにバイトをしてお金を貯めます。雇う方からすると、英語力がそこそこの日本人よりも、流暢に話せるカナダ人を好んで雇うと思います。

日常会話をなんとなくできる程度の英語力だとこういうバイトはできませんから、日本人相手の仕事がいいですね。PEIは夏になると日本人の観光客が多く来ます。だから、日本語ガイドツアー会社が何件かあります。だから、B&Bや大手ホテルでも日本人を雇ったりします。これなら仕事を見つけやすいです。
でも、掛け持ちとなると話は別です。ツアーは突然入ります。しかも終日朝から夕方までということがほとんどです。それに対応できるスケジュールで居なければいけませんが、B&Bの仕事をしながらだとそういうわけにいきません。

それから、体力的に難しいと思います。私は特に体力がない方だからということもありますが、B&Bでの仕事はとても大変でした。繁忙期には毎日5時間ちょっとの仕事でもうヘトヘトでした。着ているTシャツはびしょびしょになります。オーナー夫妻はとてもきっちり屋さんです。でもチャックインの時間という時間制限があるので、丁寧かつ素早く掃除をする必要があります。これが、とても疲れました。

質問その6
お金は貯まりますか?
→もちろん生活の仕方によりますが、そこそこ貯まると思います。
B&Bではオーナーが部屋を従業員用に借りてくれます。従業員同士でルームシェアし、家賃をオーナーに払います。なので、家賃がすごく浮きます。私のときは1人200〜300ドルでした。この差は1人部屋か2人部屋かの違いでした。

仕事のある日はオーナーの奥さんが何かしら休憩用に食べ物を用意してくれます。時々いらなくなった食材やら、余った食べ物やらをくれます。これで食費は多少浮きますv

PEIは田舎だから遊ぶ場所があんまりありません。飲み歩くという遊び方はあまりしないと思います。自炊して、そこそこの生活をしていればここだけでそれなりに貯まると思います。

さすがに長くなったので、ここまでにしておきます。厳しいことを書いたかもしれませんが、嘘を書いても仕方がないですし。
PEIはとても綺麗で誰もが親切で優しい大好きな町なのでぜひ生活してみて欲しいとは思って居るんですよ。PEIの質問を受けているので、次はそこについて少し詳しく書きたいと思います。出来れば明日に書きたいですが、忙しいので日が空いてしまったらごめんなさい。

June Sunset at Victoria Park.JPG

↑クリックすると大きな写真が見られます。PEIでは毎日のように見ていた景色です。
posted by エリ at 23:44| ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | PEI での仕事。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月18日

ニセコとクレジットカード

私はワーキングホリデーに行く前に、札幌の国際プラザの外国語ボランティアに登録していました。
2年ほど前でしょうか。その勉強会の一環で、スキーリゾートで有名な北海道ニセコのペンションのオーナーの講義を聞きに行ったことがあります。

"北海道ニセコ町公式ウェブサイト"
http://www.town.niseko.hokkaido.jp/
"株式会社ニセコリゾート観光協会"
http://www.niseko.org/

ニセコはパウダースノーの素晴らしい雪質でスキーファンにはたまらない場所なのだそうですね。最近では特にオーストラリアからスキーのしにくる観光客でにぎわっています。オージーたちは1ヶ月とか長期滞在をして、スキーを楽しんでいるそうです。シー人になるとニセコの人口の半分以上がオージーになるんだとか。

ニセコにとっては観光客がいっぱいでうれしい悲鳴ですね。でも、急激に外国人観光客が増えたために、足りない設備もいろいろとあるようです。このオーナーさん話で印象に残っているのは、クレジットカードとATMの話でした。

私はカナダのプリンスエドワード島というとっても田舎な州に滞在していました。島で一番の町シャーロットタウンのダウンタウンでも1日あれば十分見て回ることができます。ここを車で10分、15分走ればもう自然がいっぱいです。じゃが芋畑万歳!牛さんこんにちは。林というか、森というか、木々もたくさん並んでいます。

こういう田舎の州でしたが、ほとんどのお店でクレジットカードが使うことができました。個人経営のような小さな小さなお土産やさんでも、たいていクレジットカードが使えます。デビッドカードもそこそこのお店で使うことができました。小さなコンビニでも、多くのレストランでもATMの機械が置いてありました。

PEIはとっても田舎だったので安全な町だったのでスリなど盗難の心配はほとんどありませんでした。が、欧米では財布に現金を持ち歩くと危ないので、大金は持ち歩きません。多くの人がクレジットカードを使います。スーパーでもクレジットカード。ハンバーガーレストランでもクレジットカード。ちょっとしたお土産を買うにもクレジットカードです。しかもポイントやマイルが貯まるカードもあるから、ますますカードを使うのですね。

私もすっかりクレジットカーづいて帰国することになったのですが、日本に帰ってきてびっくりです。みんな現金で買い物をしている。洋服を何着も買っているのに現金だ。そんなにいつも持ち歩いているの?? ナントカ調べでは、世界で見ても日本人の財布の中身が一番多いらしいですよね。まだまだ平和だということなのかもしれませんが。

消費者がこうなので、ちいさいお店はなかなかクレジットカードに対応していませんよね。だってそれで困らないんです物。ここ数年で大きなコンビニはクレジットカードに対応するようになりましたけども、それもつい最近のことですよね。

ニセコの話に戻ります。ニセコははっきり言って田舎です。クレジットカードが使えるお店が少ないそうです。ついでにATMの数も少なく、土・日・祝に使えるATMはないに等しいと言っていました。2年前に聞いた話ですが、そうは変わっていないと思います。
現金をあまり持ち歩かずにクレジットカードやATMを頻繁に利用する生活を送っている外国人が、ニセコに行くと困るわけです。
「これ欲しいなぁ。でもお金がない。クレジットカードが使えない。あきらめよう」
「今日はここに食べに行きたいな。飲みに行きたい気分だぞ。でも手持ちのお金がなくなっちゃった。でも今日は日曜日、ATMが使えない。仕方ない。明日まで我慢しよう」

せっかくの旅行を楽しみたい観光客も困るし、ニセコの関係業者にとってもお金を使ってもらえるチャンスを失い、マイナスになるわけです。

私は北海道に住んでいるので、ニセコがオーストラリア人に大人気!という話を時々耳にします。そのたびにこのクレジットカードとATMの話を思い出します。

日本政府はここ最近、外国人旅行者の訪日を促進する「グローバル観光戦略」の一環として「YOKOSO!JAPAN」という大々的なキャンペーンを広げています。が、まずはクレジットカード対応のお店を増やし、ATMの設置を広げていって欲しいと思うのです。
posted by エリ at 16:51| ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記(2度目の渡航を終えて・・) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月09日

カナダのDVDが見たい2

さて、カナダで日本人の女の子とルームシェア生活を送っていました。みんなで話し合って「DVDプレイヤーを買っちゃおうおう♪」ということになりました。

1人がスーパーマーケットのチラシを見て安いDVDプレイヤーを見つけました。確かお値段45ドルくらいだったと思います。当時日本円で4320円くらい。

「安いっ!!」
私ともう1人で、とぼとぼ歩いて買いに行くことにしました。お目当てのスーパーマーケットまで歩いて30分。そこで買う予定のプレイヤーを確認しました。する、友達は言いました。
「もう少し歩いたところにある電気屋さんが、すごく安いらしいよ。」

せっかくなので、その電気屋さんで値段をチェックしてから買うことにしました。さらに25分歩いてそのお店に到着。DVDプレイヤーコーナーを見ていると、スーパーマーケットのよりもさらにお安いものを発見。そのお値段39.93ドル!
PEIの当時17%の消費税を合わせると、48ドルくらいになりました。日本円で4600円くらい。ルームメイトと3人で割ったので1人負担は16ドル。とってもお安いお買い物でした。

買って帰ってきてから気づいたら、このDVDプレイヤーはリージョンコードフリーだったのです。つまりどのリージョンコードにも対応する、どこの国のDVDも見られるプレイヤーだったのです。それがったのこのお値段。

ルームメイトがPEIを離れるときに「荷物になるから」と島に残った私にプレイヤーを託して行きました。私も島を離れるときに島の友達に置いていくつもりでしたが、すでにみんな持っていました。売ることも考えましたが、元値がこれなのでたいした値段では売れません。考えた結果、日本に持って帰ってきちゃいました。重かったな(笑)

現在、とても重宝しています。カナダで買っちゃったDVDが見られます。プレイヤーを買えることなく日本のDVDも見られます。友人がリージョンコードを知らずにアジアで買ってきちゃったDVDも見られます。

私が帰国してからの話を聞いたのが理由かはわかりませんが、その後旅行でカナダへ行った友人も40ドルのリージョンコードフリーのDVDプレイヤーを買って帰ってきました。

私のは安いだけあって最低限の機能しかついていません。再生・停止・一時停止・送る・戻る、それだけです。メニューに戻らずにリモコンで言語を切り替えることができるのは便利です。でも時間表示ができません。本体にディスプレイもない、小さなプレイヤーです。

映画やDVDをたくさん見る人で外国に旅行に行く機会がある人は、そこでリージョンコードフリーのDVDプレイヤーを買うことをお薦めします。
北米ならば、FUTURE SHOPがお薦めです。
http://www.futureshop.ca/home.asp?newlang=EN&logon=&langid=EN
posted by エリ at 21:05| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(2度目の渡航を終えて・・) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月05日

カナダのDVDが見たい1

突然ですが、私は映画が大好きです。

今日も会社の友達が「映画見に行こうかな♪」と話すのを聞いて、急遽くっついて行くことに。映画館で"Departed"を見てきました。Leonardo DiCaprioやMatt Damonが出ているあれです。香港映画"Infernal Affairs"をリメイクした映画です。思えば、昨年の秋カナダから帰ってくる頃にTVCMでこの宣伝が流れていました。カナダではそのころ封切りだったのです。そうして今ではすでにDVDが発売されているそうです。そんなに時期に違いがあるのですね。日本ではやっと公開されたばっかりなのに。

最近は邦画やアジア映画流行りの日本では、ますます洋画の日本公開が遅くなっているような気がします。その間に北米やイギリスではとっくにDVDが発売されちゃうのね。そのDVDを見られたらいいのにって思います。でもたとえ入手できたとしても日本とはリージョンコードが違うから見られないのよね。北米は"1"で日本は"2"。イギリスも"2"だけどテレビのナントカ方式が違うからやっぱり見られない。

私はカナダに行ったときに日本で買ったDVDをいくつか持参していました。英語の勉強にいいだろうと思ったのです。カナダのDVDプレイヤーでは見られないけど自分の日本製のパソコンで見られますからね。

カナダに居ると先に書いたように日本で未公開映画のDVDが出ているのでレンタルして見られます。自分でDVDを持っていても、やっぱりカナダのDVDが見たくなりました。でも、リージョンコードが違うため私のパソコンでは見られません。回数制限があるから、パソコンのリージョンコード設定を変えたくはありませんでした。そうしたら今度は持ってきたのが見られなくなっちゃうし。

その当時、仕事の同僚の日本人の女の子同士でルームシェアをしていました。4人中3人は映画好き。3人で話しました。「映画が見たい」→「なら、DVDプレイヤーを買っちゃおう♪」

1年半前のことです。そのころ私は、DVDプレイヤーを1万円台前半で買えたら安い方だと思っていました。そう思っている私にとって、カナダのDVDプレイヤーはびっくりするほど安かったのです。
posted by エリ at 02:51| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | カナダ滞在日記 in PEI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。